モノづくりの精神

カテゴリー:

過日銀座のあるビルのイベントスペースで、輪島塗の若い作家の作品展をしてたので覗いたのですが、従来の輪島塗とは思えない、民芸的な、どちらかというと食器中心の作品でした。
輪島だと言わなければ、会津、山中、春慶、根来など、どこか民芸的な塗りの産地のものかと思うようなものばかりでした。

輪島塗も京蒔絵に匹敵する高度な技を有したものづくりで著名ですが、
ただ現実には美しい蒔絵の道具類が、茶道人口の減少などもあって、生産状況が厳しく、高度な仕事ほど需要が少ないということではキモノと同じです。

私は仕事柄昔から蒔絵のものをよく見ていますが、これほど精緻で緻密な漆芸は世界一であることは間違いがなく、現に欧米人はその価値を高く評価しているようです。

しかしながら骨董の世界でも蒔絵のものは相対的に非常に安いと言わざるを得ません。

つまり需要が少ないということなのですが、その多くの原因が茶道のたしなみのある富裕層が減っているということなのだろうと思います。

ですから美術工芸の範疇に入るような蒔絵のモノづくりではなくて、高価ではない民芸的なモノづくりに移行するのはある意味やむを得ないし、今の状況からして当然だとも言えます。

ところでその展示場に若い女性が販売の担当者として立っていたので、少し聞いてみると、その作品の作家ではなくて、その作家の属する工房に弟子入りして修行中の女性でした。

立ち話で色々聞いてみて驚いたのは、その蒔絵を知らなかったのです。ですから高台寺蒔絵も知りませんし、京蒔絵も見たことがないそうです。

実は結構こういう人が今モノづくりの現場にいるような気がします。

先人が残してきた最高の技を誇る作品を見たこともなく、なんとなくモノづくりの世界に入ってくるのです。

高度な蒔絵の技ではない、シンプルな技しか修得しないままに年数が経ると、高度なモノづくりは一生できません。

なんとなく奇を衒ったようなものを考えがちで、こうした人が増えていくと、ものづくりの技のレベルは下がる一方となることでしょう。

食うためにはということはよく理解できても、ものづくりの道を志すなら、いつかは先人が作ってきたような最高水準のものを作って見たいという願望が欲しいものです。

そしてそうした技を逆に民芸に落とし込むと面白いものができると思います。

伝統文化は革新なくして継承できないというのはよく言われますが、そのためにはその技をまずは修得すること、認めることから始めて、それを駆使して、現代の需要にあるものを考えていくのが道筋で、決して技のレベルを下げてはいけません。

それなのに近年それらしいというような張りぼてのモノづくりが蔓延しているのは由々しき事態です。

高級なものを作らないまでも、その存在や技を学ぶことは私は当然だろうと思っています。

若いうちは先人の作品などをよく見るなど当たり前のことですし、その女性にも現存する蒔絵、漆器の名品を見ることを薦めておきました。

自分自身を高めて行こうという気概無くして本物づくりは出来ないのです。

工芸と民芸などという垣根を作ったのは柳宗悦かもしれませんが、これからのテーマはそんな垣根を取って融合したようなモノづくりではないかと思います。

伝統の高度な技を引き継ぎ、かつ現代の用の美にかなうものというモノづくりはたとえ高価であっても必ず受け入れられるでしょう。

名刀鍛冶が作った包丁というのをテレビで見ましたが、その最高の切れ味はかなり認知されているようです。

飾るだけの刀剣の需要は少なくとも、包丁なら世界に通じます。
こうしたモノづくりが技の継承を支えます。

用の美のないモノづくりは出来なくなっても、脈々と流れているモノづくりの精神、最高を目指す気概というものは絶えることなく新しいモノづくりに注ぎ込んでほしいものです。

ただ京友禅や西陣織のような高度な分業制のものづくりの継承は手遅れ感が強く、いずれかなり近い将来最高のものは作りたくてもできなくなるだろうということは間違いありません。残念ですが。

日本のモノづくりの歴史を引き継ぐ若者には、先人を超えて行きたいという強い思いを持っていただきたいと心から願望しています。

またまた紋について

カテゴリー:

火事の後の処理で毎日力仕事においまくられていると、あっという間に1日が終わってしまいます。前回投稿してからもう1週間経ったのかという感じです。

今月は日本橋でまたカジュアルなキモノのフェスティバルのようなものがあるようですが、普段着はいわば何でもありで、柄衿しようが、柄足袋履こうが、人様から目を潜められるようなとんでもない格好をしようが、本人はそれでお洒落だと大まじめに思っているかぎり、誰も何も言うものではありません。

ただ一つだけ、そんな姿で人の家に上がるなと言うことだけはわきまえておいて欲しいと言うことです。

私が次の世代に是非伝えていかねばならないと思うのは、祝いの席などでの着姿、常識です。
それは日本の伝統文化で有り、それが崩れると、本当にもう何が何だか分からないと言うことになって、文化的にも水準は落ちる一方で、紋も付いていないインクジェットの安物の奇妙奇天烈な姿で婚礼に行くようなことになると言うことも考えられます。

ですから人生残すところ20年あるかないかというところまで来た者としては遺言として晴れの席に着るキモノの話だけはしておきたいとつくづく思うのです。

さて前回色留袖の事を書きましたが、色留は招待された側として一番格の高いキモノという位置づけです。
しかし近しい親戚などでは黒留を着るのが常識です。どの辺までかと言われると本来は親族紹介をされる、つまり姉妹、叔母などは既婚なら黒留ですが、問題は未婚の時で、若いうちなら振袖でも良いですが、ちょっと年齢的に気恥ずかしいという場合です。

その場合に色留を着れば良いということを言う呉服屋がいるそうですが、袖を詰めるというのはあくまで既婚であると言うことですので、全く分かっていません。本当にその無知でそう言うことを平気で書く無恥に怒りさえ覚えます。

そういうときはフォーマル系の付下げか訪問着をお召しになると良いと思いますね。

前置きが長くなりましたが、晴れの席にお召しになるキモノには、これはまさしく伝統文化ですが、紋のあるキモノが相応しいのです。

威を正し、紋を付けたキモノを着ていくことが主催者への気遣いとなります。

いわば常識でもありますが、最近紋の付いていない色無地という奇妙なキモノを着て行く人がいたり、そうした晴れの席でのキモノのプロトコールを何も知らない人も増えています。
一つには親が知らないと言うことがあるでしょうし、デパートや呉服屋も無知と言うことも情けないことに関係しています。

紋には数で言うと、一つ、三つ、五つがあります。数が増えるほど正式度が増します。

加工方法で言うと、染め抜き紋、刺繍紋、そのほか貼り付け紋などもあります。

また紋の格で言うと、日向(ひなた)、中陰、陰となり、紋に輪を付けるかどうかと言う選択もあります。それにも太輪、糸輪、雪輪などがあります。

かつては定紋(じょうもん)と言って、お誂えの時にその紋の形を糊で置いておいて、染めていきます。
戦前などはほとんどがお誂えだったので、紋の入るキモノはそのように作られましたが、世の中の景気が良くなって、絵羽モノ(留袖、訪問着、振袖)も出来上がったモノが購買できるようになり、紋は仕立ての時に入れることとなり、キモノの格や着ていく場所などを考えて、染め抜きや刺繍など加工方法や、どのような格で、いくつ入れるとか、販売した者が、そのキモノの格や、お客様の用途などをお聞きして、的確なアドバイスを差し上げることが必要です。

ところがこの紋の知識を正しく有している人が非常に少ないというのが現実で、特に家紋と女紋の違いなどを分かりやすく説明できる人はもっと少ないでしょう。

日本中に紋の数が2万から3万もあると言われていますが、我々業者が使う紋帳では大体4000程の紋が掲載されています。
ほぼそのなかで足りる家が多いのですが、中には歴史のあるお家で特殊な紋もありますし、良く確認してからでないと間違えては大事です。

一般的には家紋を付けるのですが、愛知県位を境に、西の方では女紋と言って、女性だけの家紋ではない紋を付けるのが普通です。

家紋はあくまで家を代表する男が付けるもので、女性は母系の紋を継承していくというのが習わしです。

嫁ぐときには実家の母が付けていた女紋を持って生き、娘が生まれたらその紋を付けさせるのです。

娘が何人かいて、みんな嫁ぐときにその紋を持って行くわけですから、実家で法事などがあって喪服を着ると女性の紋がそろっていると言うことになります。
嫁ぎ先の紋を付けると、何かの事情で離縁となったときに紋の入れ替えに困りますが、女紋で嫁ぐとそういう心配はありません。

東日本は女紋という風習がありませんし、総じて武家文化の影響が強く、武家の紋を拝領したり、真似をしたりしているので、女性でも相当に勇ましい強い紋を付けている人が多く、京都人の私には相当違和感があります。

それで東京に店を出してから、女紋のことをお客様に説明して、優しい女性らしい紋に替えることを提案すると、9割方そうされます。

お嬢さんと2人で決められる方も多く、その紋を持ってお嫁に行くことの意味を理解され、そのお家の新たな女紋をお作りになるのです。

もちろん家紋をそのまま付けるという方もおられますし、何も強制する物ではありませんが、総じて喜ばれます。

また丸の付いた紋の場合、女性なら細輪や、雪輪などに替えられた方が良いとアドバイスしております。

今の時代は東と西の移動や、交流も以前より遙かに活発ですし、こうした西の文化を東の方の文化を、販売するものも知っていなければ恥をかきます。

正式な場所でお召しになるキモノに付ける紋というのは大変重要なファクターですし、これからも勉強をしておいていただきたいと思います。

どの家にも紋章があるというのは世界で日本だけであり、重要な伝統文化ですし、次世代にはその紋名や由来なども伝えていかねばならないと思っています。

特に呉服の販売に携わるものはそうした知識をお客様に伝えていってほしいものです。

晴れの席でお召しになるキモノに関する種々の知識は絶対必要です。
もちろんカジュアルなものへのアドバイスも大事ですが、まずは自ら実践することが一番だろうと思います。

お客を欺くことなく信を得るには自分にお金を掛けて知識と経験をうることです。

いわば当たり前のことですし、キモノを生業として行く人達は心していただきたいと思います。

おわかりにならないことがあればこれからも何でもお尋ねください。

色留袖の話

カテゴリー:

先日黒留袖の話をFBで投稿したら色々とコメントを頂きました。

黒留袖のことはある程度ご存じの方も多いのですが、色留袖のことは曖昧にしか知らない人が多いように思います。

以前あるサイトに、色留袖は黒留よりも格が高い、その証拠に宮中では黒留を着ないと書き込んであって、文面から見てキモノ業界人だったように思いましたが、ひっくり返るような思いをしました。知ったかぶりにも程があります。

宮中で黒留袖を着用しないのは、宮中では古来より黒という色は喪の色という扱いなのです。

日本の喪に服するときの衣装の色はずっと白でした。中国でもそうだったことが伝わったと思われます。明治になって何でも欧米のまねをしようという教養無き薩長の輩が、欧米の公式の色、黒を取り入れたので、変ってしまいました。

しかし今でも地方によっては白の喪服を着用するところがあります。

韓国のチョゴリは喪の時は白のようですね。

大和朝廷などは白だったのですが、藤原京の時に大宝律令が制定され、その補完で養老律令ができるのですが、その中に衣服に関する取り決めがあり、喪服のことも記してあり,
二親等以上の葬儀には錫紵(しゃくじょ)をという衣装を天皇が着ることとなっています。

これは中国の皇帝が、錫衰(しゃくさい)というものを着ていたことに由来するのです。

実は錫というのは本来中国では白い麻布のことなのですが、文献のみで学んだ当時の役人が錫を「すず」のことだと勘違いして、天皇が喪の時に着る衣装の色は鈍色(にびいろ)或いは墨色になってしまい、公家もそれに倣ったようです。
後に間違いであったことが判明したでしょうが、昔も今も役人というのは謝らない改めないということでしょうか、朝廷ではそれ以降黒は喪の色ですので、一般人が黒の色の衣装で参内することは禁じられていました。
漆黒の黒を当時の草木染で表現するのはなかなか難しく、黒に近づくほどに高貴な色とされたようです。

ただ二親等以外の時は朝廷でもやはり白のものを使っていたようで、明治までは喪の色は白が普通でした。

余談ですが、今上天皇の御長女の婚儀の際、皇后陛下は黒留袖をお召しになりたくて、泰三のキモノがその候補に挙がっていたのですが、宮内庁が強硬に反対したようで結局色物になさいました。

そんなわけで宮中では黒は喪の色ということで、叙勲で参内するときにはキモノなら本来なら既婚者なら第1礼装の黒留袖が正式ですが、着てはいけないということで、第2礼装として色留袖を着て行くようになったのです。

実は色留袖つまり色裾模様というキモノは歴史が浅く、昭和40年代の初め頃から普及し始めたと言われています。

昭和39年の秋から、叙勲制度が復活したことと無縁ではありません。

私も若い頃は圧倒的に黒留袖の需要が多く、色留袖の生産はまだまだ少なかったのですが、叙勲、褒章制度が一般化して、対象者の数がかなり増えたころから、色留袖の需要が高まり、春秋の叙勲の前あたりに、急に注文がたくさん舞い込みました。

昭和50年代の後半あたりから、泰三の豪華な色留をお召しになって参内する方が相当おられました。ある年にはある小売店の10人以上のお客様が泰三に色留を着て行かれたということで、同じものがなかったかと気にされていましたが、私はそういうことがあるのを知っているので同じものは2枚と作らないという生産をしていましたので、安心してお取引して頂ておりました。

ですから高級な色留袖はまさにこの叙勲制度のおかげで生まれ、作り続けてこられたということです。

そして普通に婚礼でも、招待される側の着て行くキモノとして最高のものとして色留袖が定着したのです。

正式には5つ紋ですが、5つ付けると着にくいということで現在ではほとんどが3つ紋です。中には1つでも良いと言われる方もおられます。

しかし近年、高級な色留袖の生産が激減しています。

これは何と叙勲で参内するのに貸し衣装で平気で行く人が増えてしまったからです。
従来なら一張羅として必ず買い求めになっとられたものが、一生に一度だからもったいないと言って借りられるのです。
それなりに地位も名誉もお金もある方の奥様がです。

今では借りるのが当たり前だと思っている人の方が多いようで、私は嘆息するばかりです。

一生に一度しかないこととはいえ、名誉なことですし、家の歴史を語る証拠としても是非お買い求めいただきたいと今も思っています。

貸し衣装で参内しても記念写真が残るだけです。生来孫にこのキモノはどうしたのかと聞かれ借りたというのは誠に情けなく、あればその着物をまた娘や孫が着継いでくれるでしょうし、大切な習慣が、文化が低質化している代表のような話です。

多分これからもそうなっていくでしょうから、生産はほとんどなく探されてもお気に召したものはほとんどないと思われます。

お母さまがいいものをお持ちでしたら、それをお召しになって行かれるということも増えていくでしょうし、新規生産は誂える以外は上物は無くなるでしょう。

泰三の手持ちのものもあとわずかとなってきましたが貴重品であることは確かだろうと思います。一度ご覧においでください。

仕立て替えなどの話

カテゴリー:

前回黒留袖のことを書きましたが、FBにも同じようなことを投稿したら色々とコメントもありましたし、やはり着たいと思っている人は少なくないようです。

嫁入りの時に持ってきたものが派手すぎて着られないといっても、中にはリメイクできる物もありますので、専門店などで相談されたらと思います。

貸し衣装にはろくでもないキモノしかないのは当然ですので、お手持ちのものが再生できればそれに越したことはありません。

ただ最近はそうした知識が爪の先もないものが平気で販売に従事しているので呆れかえるばかりです。

過日もある銀座の良く宣伝しているリサイクル店で自分の寸法に仕立て替えが出来るかと聞いて、出来ると言って購買された方が、私のところに持ち込まれましたので、なぜかというと、仕立て替えするに当たって採寸して欲しいと行ったら出来ないと言われたそうで、そんなところで仕立て替えしたらとんでもないと思って私に相談に来られましたが、その人の寸法には全く仕立て替えの出来ない小さな人が着ていたキモノでした。身丈も裄もまったく出ません。

そんなこと瞬時に分かるのですが、その店員は全く何もかもしらなかったようです。
返品は見立て換えをアドバイスしましたが、それにしても情けない業界に成り果てたものです。
リサイクル店の店員だから知らないでも良いのかと言うことではありません。逆に仕立て替えなども含め、リフォームやリメイクが出来るかというような知識を持ったものが仕事をするべきですが、現実はとんでもない嘘を平気で言うような輩ばかりです。

私も時々知らん顔して覗いてみて、ちょっと質問してみて噴飯物の答えが返ってきて呆れかえったものですが、そんな輩に説教したり指導しても徒労ですから、まあ何も言わず出てきましたが、経営者が何の指導もしていないなと思った次第です。名前は言いませんがチェーン展開しているところです。

何も知らない消費者が知らないでつんつるてんの、丈の足らないみっともない着姿をしているのを見ると、ああリサイクルで買ったなとすぐにばれます。

近年はかつての有名高級呉服店の畳紙(たとうし)に包まれた筋の良い逸品もリサイクル店に出回っているので(本当に後の代がキモノを着ないからもったいなくも捨てられてしまいます。教養の無い女性は損をします)、目利きなら本当に良い物もあるのですが、その際問題なのは、自分の寸法に合っているのか、そうでなければ仕立て替えが出来るのか、紋の入れ替えは可能かなど、自分のワードローブとして着用可能と出来るかと言うことです。
今の日本女性は手足が長くなって、昔のキモノではほとんど裄が足りません。

ですからまず自分の寸法で着られるキモノはほとんどないというのが現実ですので、店員によく確かめてお買いになることです。

そのことを答えられないような程度の低いところで買うと損をしますので、安いからということではなくて、綺麗に着てほしいという私から言わせると、販売員のあまりにもひどい知識不足がキモノ文化の低劣化を進めるというのが現実なのです。

売り手はもっともお客に対して責任を負うのですし、古着屋やレンタル屋でも一応に勉強を重ねていく努力をしなければ生き残っていけないというのは当然の話だろうと思います。

黒留袖

カテゴリー:

今回はキモノの中のミセスの第一礼装である黒留袖のことについて書いてみます。

留袖というのは詰袖とも言って、未婚の時には袖丈が長いのですが、結婚すると袖丈を
短くします。

黒留袖は一番格の高いきもので、五つ紋の裾模様です。

かつては生産の一番多い当社でも主力の商品でした。

それだけ需要があったのですがそれには大きな原因があります。

黒留袖は婚礼だけでなく祝い事全般にかつては着用されていて、建築の棟上げだとかの時にも黒留でした。

婚礼でもかつては仲人を立てるのが当たり前で、その夫人は黒留袖ですから、良く頼まれる人の奥様は、何枚も黒留を買われたものです。

また我々団塊の世代が婚礼を上げた昭和50年前後は、結婚式も披露宴もホテルでと言うのが定着していき、挙式数も多く、黒留はよく使われました。

最近は物知らずのとんでもない呉服屋のせいか、黒留袖は婚礼の時の母親が着るキモノという解釈をされている人が多いようです(ネットでそういうことを書いている呉服屋がいて呆れたものです)が、間違いです。

少なくとも親族は既婚なら黒留袖が基本なのです。

それがだんだん崩れてい行き、素人のような販売員のせいで業界自らが着用機会を狭めているというのが現実です。

私の若い頃は兄弟姉妹の多い家も多く、嫁いでもすぐに親族の婚礼があるので、嫁入りの時には黒留袖を必ず持たせたものですから、需要もとても多かったということです。

戦後高級な黒留袖を作り始めたのは私の父であったことは紛れもない事実で、縫箔の最高級の黒留袖が飛ぶように売れていました。

かつては一越縮緬という生地が主流だったのですが、この生地は伸び縮みの幅が大きいので、豪華な刺繍のものだと、長く刺繍台に張るうちにだんだん伸びてくるという弊害もあって、最近では変わり縮緬と称して、伸び縮みがあまりしないものを主力に使うようになっていますから、一越縮緬はかつて長浜、丹後では最も生産数が多かったものですが、今では最も少ないものとなってしまいました。

礼装の知識は服飾文化には最も大切なものですが、販売数、生産数の激減で、最も知らなければならないことをまったく知らない販売員が平気で店頭に立っています。

特に高級なものは呉服屋でも置いていないところが多く、取り寄せますなどと言われます。しかし問屋でももうあまり置いていませんから、良い物にお目に掛かる機会はほとんど無いに等しいと思います。

今のうちに良い物を買っておこうと思われる方は是非泰三のものも1度ご覧いただければと思います。

黒留袖は比翼と言って、長襦袢と表地の間にもう一枚白生地を重ねます。
かつては襦袢と同じような生地で単独に仕立てたのですが、やはり重くなるので最近は比翼仕立てと言って、表地に付けています。生地も出来るだけ軽い方が良いので、羽二重を付けるところもあるようですが、私どもでは重めの胴裏を使用しています。

小物は基本は全て白、あるいは白金です。袋帯に白金の帯締め、白の帯揚げ、白か白金の草履と言うことです。礼装用の扇子を手に持たないときは左側に要の方を下にして挿してください。

元々女子の懐剣の代わりの意味があるので、左に挿すのが常識です。

また礼装で大事な知識に、紋章のことがあります。

このことにつては過去にも何度も書いておりますが、日本伝統文化に一つとしても大切な事なので、次回に改めて書くことに致します。

嫁に持ってきたときの黒留袖が派手で着られないから、借りたと言う声も聞きますが、知恵を出せばリメークできる物も少なくありませんし、現にそういうお直しをかなりお引き受けいたしました。お迷いなら1度ご相談においでください。

月別 アーカイブ