2009年4月アーカイブ

ベトナムでの講演

カテゴリー:
肩に激痛が走った、石灰沈着性腱板炎は、鎮痛消炎剤を服用して肩を使わないようにしていたら、1週間で治ってしまいました。 原因はまったく不明、又その石灰が自然に消えていくのもまた不思議。 まあとりあえず良くなって一安心です。 連休明けにベトナムへ出張ですので、治っていないと困ったなと思っていましたが、無事いけそうです。 ただ又インフルエンザ騒ぎで、ただでさえベトナムのイミグレは時間

きもの業界もデフレ傾向?

カテゴリー:
先日友禅連合会(染の関係の組合の連合会)の昨年の統計が発表されていました。 数字だけで見ると一作年より増えているのでおかしいなと思って中身を見ると、案の定、今まで統計に入っていなかった、機械染めの大手業者の数字とインクジェットの生産数が加算されているのです。それを除くと、やはり5%ほど落ちています。 型友禅の中でも、もっとも加工賃の安い機械染めとインクジェットだけはかなりの増産

先人の知恵に学ぶ

カテゴリー:
先日今年度の経済成長率が、日本が欧米よりも酷いマイナス6%以上だろうと発表されていましたね。 日本はサブプライムローンの影響を欧米よりは受けないので大丈夫だとか政府首脳も言っていたように思いますが、実はまったく逆ですね。 私はきっと大変なことになると思っていたからその脳天気な発言に又も呆れておりました。 経済が分かっていないから、輸出がこれほど落ちるであろうということも予想がつ

江戸歌舞伎と上方歌舞伎

カテゴリー:
昨日歌舞伎座の夜の部を観て来ました。 玉三郎さんの依頼で製作した、鳳凰と牡丹の赤い打掛がやっと舞台で陽の目をみるので楽しみにしていたものです。 すでにご覧になった方からはすごかったとご報告を頂いていましたし、早く行きたかったのですが、昨日になってしまいました。家内とスタッフも一緒に行ったのですが、生憎雨模様で、私は肩の痛いせいもあって洋服でしたが、実際キモノ姿はかなり少なく、仕

ホームページを改定いたしました

カテゴリー:
今日遅れていましたホームページを改定いたしました。 スタイルの変更と、写真情報の増加など。より泰三のキモノを広くご理解いただけるための手直しです。 今までは毎月一点ずつの更新をしていましたが、少し点数の幅をもたして、行きたいと思います。 今計画中ですが、将来はネットでの販売もできるよう、或いは特定の情報を、ご登録頂いたお客様だけが特別に見ていただけるよなスタイルも考えております

五十肩ではなかった

カテゴリー:
あまりに痛いので、整形外科に行ったところ、五十肩ではなくて、石灰沈着性腱板炎という比較的よくある症状だそうです。 要するに肩関節の間に石灰質のものが溜まってきて、ある日突然それが関節に当たって痛い目をするのだそうです。あまり心配したものではないそうですが、当面は安静です。 つまり肩を使わない、酒は飲まない、というようなことですが、再発する場合は、そのものを取り去ることも有るよう

産地情報 消費地情報

カテゴリー:
最近富に感じることですが、私がこのブログで、産地の悲惨な情況とともに、消費地での専門店のことなどを書くと、アクセスが急に増えています。 これは明らかに両方の立場の業者が、大変興味を持っているということでしょう。 私は京都でもの作り、特に本格的なものを作っていますし、アンテナショップを銀座に持っているということで、両極端の情報を持ってるということになります。 京都の人で、私ほど東

五十肩

カテゴリー:
還暦を迎えたと思ったら、突然急激な肩の痛みに襲われ、どうやら通称五十肩ではないかと思われます。 60歳になってその日に出るのは皮肉ですが、この10年間の運動不足や、京都、東京の往復などの疲れなどもその原因かもしれません。 これから先まだまだ大変な状況が予想されるきもの業界ですし、健康と体力なくしては続きません。 色々な意味での警告かもしれませんので、もうすこし身体のことを考える

西陣お召の会 予告

カテゴリー:
昨年の10月に、私が好きで愛用している西陣のお召の会を初めて、開催させていただきましたが、そのときに行けなかったからとか、もっと見たいのでとか、色々なお声を頂き、再度この5月に店内で開催させていただくことに致しました。 期日は5月16日(土)から24日(日)まででございます。 西陣は昨年の秋以降も、その減産傾向には益々拍車がかかっており、このお召も例外ではなく、 ドンドン減る一

還暦を迎えて

カテゴリー:
小生は昭和24年4月17日に京都に生まれました。 いよいよ満60歳、つまり還暦となります。 若い頃60歳の人は相当な年長者というような思いでしたが、いよいよ自分がその年になるかと思うと、信じられない思いです。 そして、この年まで無事に生きられたことに関しては、有難く、私を支えて頂いている人たちに心より感謝申し上げます。 今から考えると怪我や病気で何度も入退院を繰り返し、もしかし
1  2  3

月別 アーカイブ