2009年6月アーカイブ

銀座百点

カテゴリー:
銀座には色々なお店の団体や組合などがあります。 当店はまだまだ新参ものですが、その中の一つに銀座百店会という会があります。 これはもともとは銀座の老舗の集まりと言うことで、有名なお店が会員に名を連ねています。 この会が発行する、「銀座百点」という月刊の小雑誌があります。 加盟店に行くと無料で貰えますが、大変歴史もあり、その中でのコラムや対談も読み応えがあり、銀座を古くから知る人

伝統を守る

カテゴリー:
私はMIXIの会員でもあるのですが、そのマイミクさんの一人に、Oさんという女性がおられるのですが、京都の扇子屋さんの奥様で、滋賀県から嫁がれたのです。 そのお店は下京区の松原通にあるのですが、昭和の初期に建てられたいわゆる京町家で商っておられました。 さすがにその建物も老朽化して、色々と直さないといけないということになったのですが、この際今風に建て直そうとか色々な案があったよう

7月は文月

カテゴリー:
もう今年も半年が過ぎ去ろうとしています。 7月は文月といいますが、ちょっと調べてみると、 7月7日の七夕の日に、詩歌を献ずることから文(ふみ、ふ)月というのだそうです。 また、稲の穂が実る月「穂含月(ほふみづき)」からとの説もあるようです。 七夕に関してはhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%83%E5%A4%95が詳しいです。 七夕の行事は本

MIXIとのリンク

カテゴリー:
小生はMIXIでも時々日記を書いていたのですが、こちらのほうへのリンクの仕方が分らず、ほとんど最近は書いていませんでした。 ようやくこちらとリンクできましたので、マイミクの皆さんにこちらのブログをご案内できます。 こちらのほうに書き込みのほどお願いします。 今後ともよろしくお願いいたします。

キモノの値段

カテゴリー:
ここのところの景気の低迷を受けて、世の中色々な値段が乱れてきました。 どんどん下へ下へという動きが加速しています。銀座のデパートでも、限定ですが300円のお弁当が売り出されています。それでなくても500円あればほとんどの弁当が変えるような時代です。 スーパーでもそうですし、あまりにも過激な値段にはついていけないところが続出しています。 安くした分たくさん売れるのならまだしも、そ

邦楽界も前途多難

カテゴリー:
私は40歳になったときに、清元節(きょもとぶし)のお稽古を始めました。 私の師匠、2世清元寿美太夫さんは、京都に出稽古に来られますから、京都で始めたのです。 当時は清元をお稽古している人は、キモノ業界でもそこそこおられましたし、それ以外でも有名な方が長い間お稽古されていたものです。 京都のお稽古場にも、故山口伊太郎氏や故永楽即全氏など親分が居られて、私も色々と人生についてお教え

黒留袖が揃いました

カテゴリー:
今全般にいわゆる絵羽物(キモノの形になって販売されているもの)の需要はかなり落ち込んでいますが、その中でも、振袖は以前に比べると子供の数も減っているので当然その販売数は減ってはいても、確実に着るというための需要がありますから、極端に落ちるということは有りません。 今一番落ち込んでいるのはかつて一番売れていた訪問着でしょう。 訪問着にはフォーマルなものから、洒落物まで幅広く、価格

専門店の好み (例えば旧きしや好み)

カテゴリー:
京都の産地としての状況は、東京の呉服屋さんや問屋でもその実態はよく分っていません。 私がそれを訴えても、他人事のように受け取られるのは心外です。 このままでは作り手がますます疲弊し、潤沢に何でも取り揃えることが出来なくなります。 そういう状況ですから、どこにでもあるようなものばかりで商っていては、ますます消費者にとって魅力ある店作りは出来ません。 これから生産が一段と減っていく

前向きに生きることの大切さ

カテゴリー:
先日大学時代の別々の友人と2日続きで飯を食ったのですが、方やもう辞める話、年金の話ばかり、もう一人は、もともと改革派で、今いる場所でまたも色々仕事を作って若い連中に刺激を与え、とても生き生きとしているのです。 男60歳はいろいろな意味で節目なのだろうと思うのですが、特にサラリーマンにとっては大きな転機であるとともに、これから先の人生設計を真剣に考えざるを得ません。 私は零細起業

明日から梅垣織物の帯の展示会です

カテゴリー:
明日13日から21日まで、今年も梅垣織物の帯の会を開催します。 数ある西陣の織屋のなかでも、私が目指す上品で華麗な世界の作品のピッタリと合う帯作りをしているところはほとんどありませんが、この織屋さんだけはいつも言いますように同じ目線でものづくりをしていますし、頑なに上質なものを追い求めています。 写真で見ても分るように、本当にピッタリなのです。 西陣の織物は世界一だと以前にも申
1  2

月別 アーカイブ