キモノの値段

カテゴリー:

ここのところの景気の低迷を受けて、世の中色々な値段が乱れてきました。

どんどん下へ下へという動きが加速しています。銀座のデパートでも、限定ですが300円のお弁当が売り出されています。それでなくても500円あればほとんどの弁当が変えるような時代です。

スーパーでもそうですし、あまりにも過激な値段にはついていけないところが続出しています。
安くした分たくさん売れるのならまだしも、そうではないものは下取りセールをしたりして、いわばタンスの中身を整理しつつ新規需要を掘り起こそうとしています。

物が有り余っている中での需要の喚起は本当に知恵が要りますし、それが出来ないところは淘汰されていくのでしょうか。

ただ、今あるものを安くするだけでは続きません。やはり新しい魅力ある商品を投入していかないと、いずれネタ切れになるのは自明の理です。

さてキモノに関して言えば、やはり本当に値段が乱れています。
特に織物がひどいようですね。

なかでもネット販売が問題で、色々な業者が入り乱れています。
時々見てみると、実にひどいあきれ返る勝手な表現が多くて、相変わらずこういう業者の連中は勉強していないなと思うばかりです。

中にはまじめなところもありますから、一概にこういう売り方が駄目だとか言うものではありませんが、はっきり言ってキモノや帯のことをほとんど知らない連中が次々参入してきますから、とんでもないことになっています。

織物と作家物が狙い撃ちにされるので、西陣の帯や紬の値段は本当にバラバラです。


通常価格というのが曲者で、いったいどの段階のどういうところで売っているのが通常なのか、本当に分りませんし、自分の専門外のことなら私でもそのものの値段は良く分りません。

誰がそのものの価値や値段を決めるのでしょうか。

実はこれがこのキモノ業界の最も悩ましい大きな問題なのです。

かつてキモノや帯が良く売れていた時代は、メーカーがその原価に利益を乗せた額で卸すわけで、それを買った側が、それぞれの立場で値を決めていました。
いわば原価積み上げ方式で、その値段は流通業者がメーカーから買った値を基にして利益を乗せて、消費者のほうへ流していく訳です。


このころは、メーカーも流通業者も利益が有って、消費者の手元には、多少割高だったかも知れませんが良いものが販売されていました。

メーカー問屋から買い取ったものを、いくらで売るかは専門店の甲斐性の問題で、作り手がそれに対して口を出すことは有りませんでした。

ところが今では販売の形態が大きく変わり、一部の買取を主に商われるところ(私が親しくさせていただいている白木屋さんもその1軒)は別にして、ほとんどすべてが委託販売となっています。

問屋が小売店に貸すという商いが当たり前となっていますから、問屋は当然買取のときよりも高く値を設定します。小売店は買取のときよりも掛け率を下げれば良いのですが、今はまったく気にしませんから、同じあるいはそれ以上の掛け率で値札をつけるので、とても高いものになります。

NC(ナショナルチェーン)は掛け率がとんでもないので、そこから逆算して、大手問屋がメーカーの委託値を決めてきますので、はっきり言って良いものを流せません。

要するに今でもきものや帯の価格は流通側が勝手に決めているため、その流通によって大きく価格が変わるというのが現実です。

泰三のきものは古くから東京に流通し、大体、相場が形成されていましたので、それを乱すことの無い様、気をつけてきました。
問屋経由でデパートという流通も有るので、その問屋に在庫があまりたまらないよう(たまると安売りをされて流通が乱れる)にとか、価格があまりひどくばらつかないようにとか、色々と交通整理をしていましたので、ネット販売に出てくるということはまずありません。

こういう場合はメーカー側が或る程度価格を支配できるのですが、それには作り過ぎないということがまず第一なのです。

総じてキモノ業界のメーカーは先を見ていないので、つい作りすぎたり、逆にまったく止めてしまっていざというときに困るとか、つまりマーケットリサーチをしていないところが多いのです。

本当は製造業はメーカーがある程度の希望小売価格を決めるべきで、小物などは大体そうなっているのですが、キモノや帯はそれが出来ていません。

どこも家業的で小さくて販売をどうしても前の方に任せているので、どのように売られているか分らないというところが多く、値が乱れていても気がつかないのです。

良心的なメーカーはその値を維持することが大切ですので、売る先や流す先を良く考えるべきです。

それでは消費者はいったい何を信じて買えば良いのかということになります。

付いている値が、高いのか安いのか値打ちがあるのかないのか、ほとんどお分かりにならないと思いますし、実際織物などでは今申し上げたように店によって、大きな差があるものも有ります。

結局は色々なものを良く見て、目を肥やして行く、キモノのことを良く知る人がいればアドバイスしてもらうということなのでしょうが、一番の決め手はその店、販売員が信用できるかどうかということなのだろうと思います。

電気製品でも、本当に高いところ安いところまちまちです。
ただこういうものは車でもそうですが或る程度標準小売価格というものがあるので、それより如何に安いかどうかということなのだろうと思います。

キモノの場合、特に一品きりのものは、いくらの値をつけるかはその店の良識にかかわっていることですし、どこが安いかなどということも一概には言えません。

ただひとつだけいえることは、地元で長く商いをされている専門店はそんなひどい値をつけられるということはないと思います。
そうでないと長く今まで続けてこれなかったと思うからです。

入りにくいという方も居られますが、勇気を出してそういうところに入って色々と質問して教えてもらえば良いと思うのです。
まさか無視はしないと思いますが、買わない客だと見るとまったく相手をしないような所もありますし、まあその辺を良く見極めて、出来るだけどこかに決めてお付き合いをされることが一番良いのです。

少なくとも着物のことを良く知っている、キモノを着る場所のことも良く知っている、つまりTPOを理解している人を探してください。

贔屓の店を持たず、あちこちより安いものがないかなどと探し回るような買い方では、いつまでたってもいわゆる板に付いた着かたが出来ません。

専門店さんもこれからのお客に対応するためにも、当主たるものは出来るだけキモノを着て、相談に応じてほしいものです。

キモノの値段は安ければ良いというものでも有りませんし、是非これからお買いになろうという方は勉強をしていただきたいと思います。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/245

コメントする

月別 アーカイブ