2010年3月アーカイブ

雪月花

カテゴリー:
一昨日の夕刻からの季節はずれの雪で、私の家の屋根にも少し積もりました。 昨日のニュースで、金閣寺の雪化粧が流れていましたね。 こういうときは本当にラッキーです。私もたまたま人を観光案内したときにこの風景に出会い、今でも覚えていますが、本当に美しいと思ったものです。 ところでこの雪は夜には上がっていましたから、月がよく見えていました。 まだ満開ではありませんが、桜が咲いているので

京都の春の踊り

カテゴリー:
京都には5つの歌舞会がありますが(昔は花柳界といいましたが)、そのうちの4つは春に踊りの会があります。 従来は祇園の都をどりが皮切りで、ついで宮川町の京おどり、上七軒の北野をどり、と続き、月が変わって、5月に先斗町の鴨川をどりが開催されます。 旧仮名遣いでをどりと表記していますが、宮川町だけが新仮名遣いです。 祇園は井上流で、地唄舞ですので本来「都舞」とでも言えばいいのでしょう

4月の展示会

カテゴリー:
この4月の展示会は、京都本社では、近年の年に一度の店外催事です。 4月1日、2日とハートンホテル京都 http://www.hearton.co.jp/kyoto/ で開催します。 泰三ならではの華麗な作品のオンパレードです。 入場自由ですので、ご興味ある方はお出かけください。 東京の店は、今月はお召しの展示をいたします。 4月16日から26日までです。 私は昔から男物でもお召

案の定

カテゴリー:
3日前に突然パソコンがクラッシュして、大慌てです。 おかげでブログも何日もあいてしまいました。 本当に油断大敵とはこのことだと、つくづく思っております。 昨日京都に帰ってきたのですが、キモノ業界には相変わらず明るい話題はありません。 仕入れを減らし、経費を減らし、萎縮した経営が続いていますが、デパートなども呉服売り場を縮小したり、高額品などは一切置かないので、いきおい店外催事に

勘違い

カテゴリー:
最近、勘違いもいい加減にして欲しいと思うようなことがよくあります。 どこかの電機会社の内紛で、自分の代で大赤字にしながら居座っていた、株主無視の大勘違いの、晩節を汚すみっともない男もそうですが、勝手な思い込みで廻りの人々を巻き込んで、大きな迷惑をかける輩がやたら多いように思います。 つまりは自分勝手な思い込み、私利私欲から周りが見えなくなっているのでしょう。 まあそんな人間は歴

証紙の真贋

カテゴリー:
私の業界の後輩でかつ大学の後輩でもある、萬代君は沖縄ものを主に扱う、大阪の問屋の社長ですが、私同様正義感が非常に強いまじめな男で、自らもブログを書いたり、メルマガを発行したりしています。 http://archive.mag2.com/0001102740/index.html 先日のその記事に芭蕉布の真贋の問題がとりあげてありましたが、由々しきこととはいえ、いまだにそれが続い

長谷川等伯展行ってきました

カテゴリー:
今日の午前に上野国立博物館で開催中の長谷川等伯展に行ってまいりました。 私はこういう展覧会は普通休日には行かないのですが、風邪を引いていたこともあって、延びてしまい、今日になってしまいました。会期は明日までですし、その後京都に行ってしまいます。 長谷川等伯の作と確認されているものは80数点しかないのだそうですが、今回は前期、後期あわせて78点展示されるので、ほぼすべてが集められ

本場結城紬の展示会

カテゴリー:
昨日今日と、銀座の紙パルプ会館で、結城の産地として、組合事業として初めて、銀座で作品展を催しています。 http://www.honba-yukitumugi.or.jp/ 県や市などから助成をしてもらっての開催です。 もちろん販売もかねていて、取引のある問屋が小売屋を誘い、その小売屋がお客様を勧誘するという、消費者セールです。 表敬訪問に行ったら、ちょうど木村孝さんの講演会の

京都の春の観光

カテゴリー:
3月半ばを過ぎ、今年はやはり暖かいのか、桜がすでにちらほらと咲いているところがあります。 どういうわけか早く咲く木というのは決まっていて、どこよりも早く咲く木があるのは不思議ですね。 来週のお彼岸あたりから京都の春の観光客がどっと押し寄せそうです。 桜はちょっと早いでしょうが、22日までは花灯籠の企画も開催中ですし、東山界隈はまた車で大渋滞することでしょう。 大阪との第二京阪と

キモノを着たいからお稽古を始める

カテゴリー:
青年会の卒業式の次の日に、表千家お家元を囲む懇親会の宴会があって、ちょっと飲みすぎがたたって、風邪をひいたようで、花粉症と風邪が同時に来て最悪です。 ところで、その席上でお聞きしたのですが、最近お茶の稽古を始めようという人が、ひところより増えてきたそうです。男の人も増えているのだそうです。 私もこのことは最近の店に来られるお客様の話を聞かせて頂いて、そういう感触を持っています。
1  2  3

月別 アーカイブ