2010年4月アーカイブ

五月は付下げ、小紋展

カテゴリー:
今日の京都は本当に良い天気で、近所を散歩してきましたが、まさに暑からず寒からずで、気持ちの良い一日でした。 今、京都の国立博物館で、すでに東京では終わったのですが、長谷川等伯展を5月9日まで開催中です。 こちらでも大変話題になっており、9時半の開門時ですでに相当な行列で、入場まで1時間以上待つ状態が続いているようです。 まあ一見の価値があることは間違いありませんので、若し時間が

京都検定

カテゴリー:
昨日京都に帰ってきましたが、帰宅途上で乗ったタクシーの運転手さんが、京都検定3級を持っているということで、しばしその話をしていたのですが、 ただ色々聞いているとこの検定事業にもとても問題がありそうです。 この事業は京都商工会議所が主管しているのですが、その検定の問題も職員が監修しているらしいのです。 最初の頃は、京都の歴史、文化などでも比較的ポピュラーなところから出題されていま

民業圧迫(白イ烏の問題)

カテゴリー:
以前に京都市が主導で開店した白イ烏という訳の分からない最悪のアンテナショップの話を書きましたが、価格の問題などもあるので、物議をいずれ醸すことになるだろうと思っていたのですが、案の定です。 東京の呉服屋というのは、業界の種々の情報収集能力に欠ける所が多く、たとえば産地情報でも正しく把握している人はほとんど居ません。 このアンテナショップのことも、開店時がオリンピック開催中という

困ったベテランの引退

カテゴリー:
今月デパートや専門店の催事が色々とありましたが、総じて低調です。 小売組合の共同赤札催事も相当な落ち込みです。 デパート催事は高級品が中心ですし、小売組合の催事はバーゲンです。 形の上では、高くても売れない、といって安くしても売れないということになり、呉服市場の低迷を浮き彫りにしているということになりますし、その背景にある不景気ということで片付けられそうです。 しかし果たしてそ

歌舞伎座さよなら公演

カテゴリー:
昨日現在の歌舞伎座として最後の公演となる4月公園の第三部、実録先代萩と助六を見てきました。 さすがに超満員で補助席まで出ていましたね。 実録先代萩は、伽羅先代萩の実録化として、江戸時代のものを明治になって河竹黙阿弥の作で上演されたものです。 伽羅先代萩では政岡が、この実録版では浅岡となっています。 芝居自体はあまり動きもない、どちらかというと辛気臭いもので、いわば子別れの芝居で

和装小物

カテゴリー:
キモノを着るには、当然ですが長着、帯だけでなく、襟、帯締め、帯揚げ、足袋、草履、髪飾り、扇子、バッグなど、いわゆる小物があってこそ映えるのです。 キモノに合う帯だけでなく、トータルでの着姿を提案するのが呉服屋の仕事です。 泰三の作品には、梅垣織物の帯は質もセンスもとてもよく合っていますし、いい加減なものづくりが増えている中で、ある意味私同様愚直に良質なものづくりを続けているので

四谷怪談忠臣蔵という芝居

カテゴリー:
今日がもう千秋楽なのですが、昨日新橋演舞場で公演中の四谷怪談忠臣蔵というややこしい芝居を見てきました。 私は知らなかったのですが、鶴屋南北が書いた東海道四谷怪談というのは忠臣蔵の外伝という形だったそうで、つまり田宮伊右衛門は赤穂の藩士だったが、松の廊下の事件でお取り潰しになり失職したということなのです。 本当かどうか分かりませんが、そういう事情から、江戸時代では、二つの戯作を交

細川家の至宝

カテゴリー:
今日は定休日ですが、ちょっとメタボなので、散歩も兼ねて、上野の国立博物館で開催中の、「細川家の至宝」展に行って参りました。 先週にもそのことは書かせていただきましたが、これは目白台にある、永青文庫の館蔵品の展覧会です。 たぶん過去にこんな形で他の美術館や博物館で展示されたことはないと思います。 永青文庫はそんなに建物が大きくないので、いつもは総数8万点以上のホンの一部しか展示で

良い生地とは

カテゴリー:
最近当店でお買い上げいただいたお客様から良く、他所のものと生地がぜんぜん違うとお褒め頂いています。着付けに行っても着付ける人がまったく手触りが違い、着付けもしやすいといわれるそうです。 私どもは先代以来、上物の生産には生地も材料にも手をぬくことなく当然のごとく上質の生地を常に使い続けていますから、まったく昔も今も同じ姿勢でものづくりをしています。 実際泰三の作品には繊細な刺繍を

本当に寒い

カテゴリー:
今日朝起きたら雪が降っていました。 車にうっすらと積もっていました。 今日は4月17日、私の誕生日ですが、今まで誕生日に雪が降っていたなどという覚えはありません。 この3日間本当に冬でした。本当にいったいどうなっているのでしょう。 地球規模で見ても、大地震が連続発生し、大規模な火山の爆発などなど、天変地異があまりにも続発しています。 とても不安なこの先何があるのだろうなどと思う
1  2  3

月別 アーカイブ