今日は小正月

カテゴリー:

今日は小正月と言って、京都なども今日で正月の行事などは終えます。

ウキペディアからの抜粋では次のように解説されています。

「小正月(こしょうがつ)とは、正月の望の日(満月の日、旧暦1月15日)のこと。現在は新暦1月15日に行われる場合もある。元日を大正月と呼ぶのに対してこのように呼ぶ。中国式の太陰太陽暦が導入される以前、望の日を月初としていたことの名残りと考えられている。なお、この小正月までが本来の松の内であり、近畿地方では現在でも1月15日の小正月までが「松の内」である。

この日の朝には小豆粥を食べる習慣があった。古くは『土佐日記』や『枕草子』などにも、小正月に小豆粥を食べたことが記されている。現在でも東北地方の農村などに、左義長の前に小豆粥を食べる習慣が残っている地域がある。これらの地域では、元日から小正月の期間中に小豆(あるいは、獣肉を含む赤い色をした食品全般)を食することが禁忌とされている場合が多い。

年神や祖霊を迎える行事の多い大正月に対し、小正月は豊作祈願などの農業に関連した行事や家庭的な行事が中心となる。本来は人日まで竈を休ませるはずの松の内に、忙しく働いた主婦をねぎらう意味で、女正月という地方もある。

かつて元服の儀を小正月に行っていたということから、1月15日は成人の日という国民の祝日となった。しかし、その名前から小正月との関連がわかりづらく、かつ、小正月自体がなじみが薄いものとなったこともあり、2000年から成人の日は1月第2月曜日に変更されている。」


成人の日がなぜ元来1月15日であったかというのがお分かり頂けると思うのですが、連休を増やしたいなどということから、そうした意義を全く無視した日取りになってしまっている現実はいかんともしがたいものがありますね。

なぜその日が国民の休日となっているかということも今の若い人はほとんど知りませんし、そうした伝統もますます年を追うごとに崩れ曖昧なものとなっています。

知らないからと言ってそのまま野放しにするのでは、まさに秩序なき混沌とした社会となっていくことでしょうし、誰かが色々な分野で導いて行かねばならないと思います。

今日の新聞に武者小路千家の宗屋(武者小路千家では次期家元をそう呼びます)氏が、
今後の茶道の啓蒙のために、現代美術の作家と交流したり、今の若者の心に沿った、基本は変えることなく、気軽に茶道に慣れ親しんでくれるような工夫を凝らした活動をしておられます。

35歳ですが、仏教意美術への造詣はことのほか深く、現お家元と同じ慶応義塾大学の出身ですし、私と同じ塾員への啓蒙も含めて、伝統文化の維持継承の担い手として活躍してほしいと願わずにはいられません。

日本の伝統文化は多くの諸外国の影響を受け、また四季に富む自然の影響を受け、咀嚼して、種々の決まりごとも多く、それがまた特徴ともいえますが、デジタル化していく社会の中で多くのことが忘れ去られようとしています。

千利休からの茶道も、年々嗜む人が減っており、30年で半減しているそうです。

そんな中である意味貴重な精神文化を継承していくのは生易しいことではないかもしれませんが、彼のような和洋の教養に富む若者が先頭を切って、その侘び寂の、おもてなしの心を啓蒙して行かれることには、同様に和文化の継承を旨とする私にとっても頼もしく思えます。

茶道は何度も申し上げる通り、総合芸術で、数多くの和文化の集積です。

茶道を嗜むと多くのことを知り、日本を知ることとなります。

日本を代表する伝統文化として、それなりの立場にある方は是非嗜んでいただきたいといつも申し上げております。
さすればもっと心のゆとりを持った政治や行政が実現することでしょうね。

心のゆとりを失った者同士が、やいのやいの言う様は、本当に見苦しく、文化国家として世界に恥をさらしているような気がします。

若い人が日本を再認識してくれることが、とりもなおさずこの国の未来の浮沈に関わっています。そのためのお手伝いはいつでもさせていただきます。

それにしても年明けから寒い日が続きますので、体調管理にはお気を付け下さい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/776

コメントする

月別 アーカイブ