2011年2月アーカイブ

2月も今日で終わり

カテゴリー:
年が明けてあっという間にもう2か月が過ぎ去ります。 今年になっても内外ともに落ち着かず、ニュージーランドでの大地震など、天災も続いています。 政治は最悪ですし、行く先の見えない、かつ閉塞感が漂っています。 企業収益は改善とはいうものの、地方経済は落ち込んだままですし、食料品などの価格上昇や、中国経済の見通しなどの不安要因を斟酌すると、右上がりに色々な面で回復していくとは一概には

伝統産業の日

カテゴリー:
3月になると京都もまた観光シーズンに入りますが、京都市では春分の日を 「伝統産業の日」として、その前後に多彩な催しが企画されています。 http://www.city.kyoto.jp/sankan/densan/densannohi/ 桜の花が咲く前の早春の京都も魅力的です。 12日からは花灯路も始まります。 http://www.hanatouro.jp/ 四季に富む京都、

本場結城紬展のご案内

カテゴリー:
この3月5日(土)6日(日)の両日にわたって、銀座フェニックスホール(王子製紙の裏、紙パルプ会館2階)で本場結城紬展が開催されます。 これは産地の組合が主催するもので、問屋小売屋を通じての販売会ですが、見るだけでも問題ありません。 ご興味ある方は覗かれてみてはいかがでしょうか。 受付けで銀座のギャラリー泰三の紹介だと言えば入れてくれます。 当店ではこの組合の中の龍田屋、縞屋の若
泰三のキモノは、多くの職人さんの手を経て出来上がります。 以前にもお書きしましたが、㈱染の聚楽という本社は、染呉服製造卸業を親の代から65年営んでいるのですが、当初から職人さんに直接仕事をしてもらって製造しておりました。 同業のところはほとんど悉皆屋さんに仕事を出すのです。実際はそのほうが仕事としては楽なのですが、父以来オリジナリティにこだわりすべて自らの手で作ることにこだわっ

風を読む

カテゴリー:
船の航行、特に帆船などは風任せですから、その風がどう吹くかを読むのは当然ですし、漁をする人も同じで、長年の勘で、風で天気を予想しています。 その人たちにとって風を読むということは当然の習いですし、できなければ死活問題です。 しかしこれはあらゆることに共通するのではないかと思います。 世の中の流れ、人の気持ちの揺らぎなどを読んで、モノを作り売るということは当然ですし、場合によって

呆れ返るほどの個性の無さ

カテゴリー:
銀座に店を出して10年が過ぎましたが、この間東京の景観も随分変わりました。 高層ビルが次々と林立し、30階、40階などが当たり前のようになっています。 特に東京駅を挟んで、今両側にライバルのディベロッパーが、止まることなく高層ビルを作り続けています。 今日もそういうビルに行って、中に入っている飲食店で夕食を済ませたのですが、この辺りにあるビルがあまりにも似ているので、間違いそう

捨てたものではない日本の若者

カテゴリー:
最近、スポーツや科学、芸術、芸能の分野で多くの日本の若者が優秀な活動をしているのが目立ちますし、本当に喜ばしいことです。 それもグローバルな活躍で、国境を越えてその優秀さは認められていますね。 一つには日本が豊かになって小さなころからの英才教育ができるという背景もありますが、個性的な若者がどんどん育っていくことは、とても未来に期待が持てるものです。 今日は出光美術館と、サントリ

来店御礼

カテゴリー:
開店満10年記念の特別展は20日で終了し、期間中多くの方においでいただき、またお買い上げいただき有難うございました。心より御礼申しげます。 今回特に新しいお客様がおいでになり、泰三のキモノのファンになっていただけることは 家内共々大変うれしく思っております。 今後ともご期待に沿えるよう精進し、微力ながらもよりご満足いただけるモノづくりを続けてまいります。 製作の現場は、生糸価格
昨日発売の美しいキモノの中で、皇室好みのきものという欄があってその中に泰三のキモノの訪問着が4点、梅垣織物の帯が2点掲載されています。 ただ残念ながら、印刷の関係とはいえ、本物とはあまりにも色が違うのです。 まあよくあることとはいえ、編集の人がもう少し気を付けてほしかったと思います。 店のほうに実物が置いてありますので、ご覧になりたい方はご来店ください。 印刷で本物に近く色を出

清元のお浚い会

カテゴリー:
この27日に京都の祇園の冨田屋というお茶屋さんで、私のお稽古している清元の社中のお浚い会をいたします。 今回は、タテでは「保名」 ワキで「夕霧」「権九郎」「玉兎」を語ります。 どなたでもおいでいただけますんどえ、ご興味ある方がおられましたらご連絡ください。 邦楽のお稽古をする人は本当に減るばかりです。 義太夫、常磐津、清元、長唄などの一曲が長いものを段物と言いますが、本当に若い
1  2  3

月別 アーカイブ