東西名匠老舗の会

カテゴリー:

現在日本橋高島屋で開催中の東西名匠老舗の会に顔を出してきました。

16日が初日で22日までです。

京都と東京の老舗が京都側がくれない会、東京側がむらさき会という名で、今年で63回ですが、2月に東京、9月に大阪で毎年開催されています。

昨今の状況で退会したり倒産したりで、当初のメンバーとは大分変わっていますが、それなりの代表的な老舗42店舗が参加しています。

同じフロアですが、東京側と京都側は右と左に分かれているようなものです。

かつては初日には、花柳界の女性が多数見えたものですが、最近はそういう粋筋の人は本当に減りましたね。

東京と京都ではやはり好みも違いますが、総じて京都のほうが今は良いものがあります。
かつては、この会の売り上げ上位はすべて銀座の呉服屋で、ダントツの数字でした(それが当社のお得意先だったのですが)。

それが今やとんでもない状況で、特に東京側の呉服の凋落は目を覆いたくなります。
銀座を見ればわかりますが、特に和の関係の老舗は次々となくなっていますし、その点やはり京都のほうがそういう面で元気でしょう。

ここの所この会はずっと売り上げが落ち続けていたのですが、今年は初日からいい数字が出ているとのことでした。

京都と東京の好みの違いなどを見るには面白い会かもしれませんし、是非一度覗いてみてください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/804

コメントする

月別 アーカイブ