2012年1月アーカイブ

キモノを着るのが面倒臭いでしょうか

カテゴリー:
私はフェースブックなどにも投稿していますし、キモノの啓蒙に使える媒体はできるだけ活用しようと思っています。 キモノ業界は極めてその点で劣っており、私のような60過ぎてこうした発信を続けている者は相当に少ないのは事実です。 そんなことをして何の意味があるとか、分からないで済ませてしまっていて、もったいないことをされているなという思いです。 小売りの団体もHPがあっても誰も何もそこ

産地に在庫がない

カテゴリー:
今日ある業界の人と話ををしていたら、ある紬の産地などでは在庫が本当に少なく、特に手のかかるようなものはもうほとんどないというのです。 問屋に売れ残っているものがあれば引き取ってもいいというのだそうです。 まさに異常な事態ですが、問屋が発注を極端に控えているので、ロットのある織物産地などは、作ること自体を停めてしまい、急激に産地のそれもいいモノの在庫は減ってしまったそうです。 あ
京都は紛れもなく、今でも友禅や帯の一大生産地で、京でもモノづくりが止まるということは、先人が築き上げてきた文化の一つが消滅するということです。 加賀友禅、東京友禅、十日町友禅という産地があっても、それはすべて京都の亜流であり、京都が常に洗練された染のキモノの最先端にいたことは確かです。 ところが近年、量販店、NCなどの流通事情から、インクジェットなどの印刷キモノのシェアが高くな

小物もない

カテゴリー:
私は仕事柄当然ともいえますが、自分自身がキモノを着るのが好きなので、若い頃からこつこつと作ってきたキモノは今では50枚以上あると思います。 お稽古をしたりしていましたのでキモノを着る機会も多かったこと、また務めて多くの会合にキモノを着ていったので、それなりに数も必要だったのです。 まあそんなわけで、私の店でも男物をお世話することがあります。 私はお洒落に、かつ品よく着ていただき

とりあえず動くしかないでしょう。

カテゴリー:
1月からも少なくとも呉服市場は低調です。 キモノというビジネスを取り巻く環境は今後も非常に厳しいと思われます。 消費税増税は明らかにマイナス要因ですし、また首都圏の地震予想も、平和産業のキモノ業界には良いニュースではありません。 勿論当たらないことを祈るばかりです。 ただキモノそのものへの潜在的な願望は、徐々に増えていることも確かですし、実需へ結びつく努力はどんなことがあっても

普遍の美

カテゴリー:
キモノの上物、本物の生産がどんどんと減っていく原因に関しては、もちろん市況に関係していることは否めませんし、これほど長くデフレ経済場慢性化している現在では、何もキモノに限ったことではありませんね。 高額で、不要不急なものは、本当に必要な時にしか需要が出てきません。 かつて高級呉服は、いわゆる富裕層の消費アイテムの一つでしたが、それは着る機会が多くあったからでしょう。 結婚式では

14年連続マイナス

カテゴリー:
過日の新聞報道で、デパート業界の販売統計が14年連続マイナスだと出ていました。 非常に深刻な事態ともいえますが、トータルの数字だけに、その間に何があったかというと、デパート業界の統廃合、支店数の減少、地方デパートの倒産廃業などなど、大きく環境が変わったので、この数字だけをもって簡単にデパートの凋落という風には結論付けはできません。 またデパート会社によっても、あるいは地域的にも

組織はトップ次第

カテゴリー:
私は大学を出てもう40年になります。 大企業サラリーマンへの道を選ばず、父の後を継ぐことを決断したので、修行中に問屋に勤めた以外は、多くの友人たちとは違う道を歩いてきました。 私のゼミの恩師は、経済界にも人脈が広く、電話一本で大企業に入れたような時代で、私が親の跡を継ぐと言った時には、ちょっと驚かれましたが、後悔はするなと言われたくらいで、特に反対もされませんでした。 それから

東京砂漠

カテゴリー:
東京はずっとこのところ雨が降らなくて大変乾燥しているようです。 私もそのせいか油断して新年早々風邪をひいてしまいました。 カラカラ天気がずっと続きまさに東京砂漠です。 まあもっと言えば人心もカラカラで、砂漠状態はずっと続いていると言って良いでしょう。 最近やたら昭和を回顧するような報道や、映画があったりするのは気のせいかとも思いますが、実際今と比べると、もっと生活に潤いが在った

京都本社満65年感謝の会

カテゴリー:
先日お知らせしましたが、来る2月9日(木)~19日(日)に京都本社の創業満65年記念の感謝の会を催します。 銀座の店も満11年で12周年に入る節目でもあります。 来店ご希望の方からすでにお問い合わせがございましたが、この会は基本的に案内状をお持ちの方のみにさせていただきますので、ご希望の方は、HPからでも直接店にお電話いただいても結構ですがご請求下さいますようお願い申し上げます
1  2

月別 アーカイブ