改めて桶染めについて

カテゴリー:

来月、泰三の振袖を買われたお客様を、その製作現場、つまり職人さんのところにお連れするのですが、泰三の振袖は、慶長小袖をベースにした華麗なキモノです。

桶染めという特殊な染め方をして、金彩、刺繍を駆使した作品は現在ではコピーするところがあっても同じような仕事はできません。

この桶染というのが非常に難しい技で、京都でも本当に上手くできる人はわずかです。

写真のように、色と色の際が綺麗に分かれているのは、桶づくりがよほど上手でないとできません。

ある老舗問屋で桶染め風の物がありますが、よく見れば色と色の間に白地が大きく見えています。これは桶染めで作ったものではありません。

下の写真のように、桶の中に染まってはいけないところ、染めるところをその桶の外に出して、桶の際に針を打ちつけ、上から蓋をして棒をかけて縄で縛ります。これを桶づくりと言います。

そしてこれを絞り染屋さんにもっていって、染料タンクの中でこの桶を転がしながら染めていくのです。

染め上れば、桶を割ると言って、その桶の心張棒を外して、中の生地を取り出します。

この作業を4色なら4回繰り返すのです。これは染めるためだけの作業で、疋田絞りなどがある場合はそれ以前に絞っておきます。

この仕事は本当に大変難しくて、一人前になるのに10年は楽にかかりますし、もうこの桶そのものを作ってくれるところもないそうで、今当社がやってもらっている名人の職人さんがなくなればもうそれで多分終りで、飛び柄の物しかできないだろうと言われています。

70歳を超えているだけに、後なん年だろうかと思いながら、日本最高の仕事を続けております。多分もう他社ではやっていないと思いますから、私が生産を停めればそれで、もしかしたらその歴史が閉ざされるのではないかと思います。

もうそういうところまで色々なものが出てきています。

職人さんに跡取りもなく、出来るだけ命を長らえて、ぎりぎり生産を続けようという毎日です。

ご興味あれば店においでになって手に取ってごらん下さい。


桶染め1.JPG


桶作り1.JPG

桶.JPG


桶染めタンク.JPG

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1050

コメント(6) | コメントする


お客の方に限らず、これから美術で
身を立てようとしている若い方々にも広く、
作業工程の見学の誘いをかけてみては如何ですか。

あえて、着物職人を目指す人だけには限らずに。

ある分野での超一流の技が、
他の分野で形を変えて生き続ける例は
歴史に多々見られますからね。

もちろん職人の方、発注された方の
ご了承が得られたならばですが。

集まってくるのは将来を期待できる
気骨のある人間たちでしょうから、
お客の方にとっても、有意義な機会と
なりそうに思えますが、いかがでしょう。


・・・本当なら、着物の営業に関わる人間も
興味を持ってほしいものですが、
それは望みすぎでしょうかね。

もし営業から来るような人間がいれば、
それは本当に、選ばれた人間なのでしょう。


勝手なおしゃべりが過ぎました、
失礼いたします。

ご意見ありがとうございます。私はほぼ同じようなことを考えておりますし、実際多くの方を職人さんにお連れしたりしていますが、行政にも図って、おっしゃるような趣旨で実行できるよう話し合ってみます。

ただ私が何度も言いますように、その技を駆使できる需要を如何に創造するかということが肝心なのです。

かつてのように、ほとんどすべての女性、あるいは男性が、これと言った時にキモノを着るという日本人としての伝統習慣が再来しないかということを夢見ますが、無理でしょうかね。日本人の心を何をもって取り戻すのか。まずは大和魂、武士道の復活を士分たる政治家や官僚に望みたいものです。それが文化を継承するためのパトロンを生み出すことにつながっていくでしょう。伝統産業をたんなる数字での経済規模でしか見ない役人というのが困ったことなのです。

これはすごい技術ですね。
私も色々考えるのですが、技法によって出される表現も見る人が価値を感じなければ、悲しいかな意味を成さない。具体的には、対価を払う人がいなければ維持していけないという事なんですね。紅型の世界でも粗悪品がたくさん流通していますが、良い物とそうでないものの見分けが付かなければ、市場では安い粗悪品に負けてしまいます。結局は市場での競争に勝った粗悪品が一時的には市場を席巻するものの、消費者はそのうちに価値の無さに気づいてしまい、その粗悪品自体も市場から排除され、最後は何も残らないということになるのだと想います。
桶染めの修行に10年ですか。厳しいですね。こういう分業体制での重要無形文化財指定は出来ない物でしょうか。個人指定というのがはなはだうさんくさく、本当に継承されるべき技術は分業化された職人技にあると私はおもうのですが。例えばこの桶染が重要無形文化財に指定されれば、後継者も付くでしょうし10年辛抱して一人前になろうという人も出てくるような気がします。文化庁は本当に伝統工芸の技術というものの本質が解っているのでしょうか。くだらない染織作家を保持者にするより、こんな職人さんを指定して欲しいと私は思います。

泰三様は、修めた教養の度合いに応じて
お客に売る品の色や修飾のレベルを限定する、
ということを考えられたことはありますでしょうか。

たとえば「この着物の購入資格は、弓道二段以上」
と言った風に、商品ごとに但し書きをつけるのです。

それだけで、和文化を復興させる
強力な一手になると思いますが。

もっと言えば、あなた自身が
和文化の基礎を学ぶ学校を開いて、

(インターネットを利用すれば
 校舎が無くとも質の高い
 学びの場が作れるでしょう)

「ここを卒業した人間にしか
 わたしの商品は売らない」

という姿勢をとるのがよいかと思います。

あなたは、それだけのことを言えるだけの
和文化の修練を積んできているし、
扱っている商品は「目標」として
十分機能するレベルのものだ。

着物をぜいたく品ではなく、
修めた素養、内なる美質の「証」として位置づけること。

これが着物をまっとうな手段で
世に残す、唯一の方法ではないかと思います。


・・・少し長くなりました。また機会があれば
発言させていただきます。

本当はそうですよね。まあ一応伝統工芸士んなどという名は貰っても、それで食えるわけもありませんね。
実はこの技の伝承のことはもう20年も前に私も気にしていたのですが、心配通りになってしまいました。絞りの業界も色々変遷がありますが、小物ではなくてキモノを作っているところも本当にわずかしかなくなりましたし、絞りそのものはほとんど中国です。

まあこの人が仕事が出来なくなれば、できる範囲の仕事でやるしかありません。残念ですがね。

面白いご提案ですが、まあ少し極端でしょう。キモノはそんなものではないし、逆にそのキモノを着ることで和文化に目覚めることもあるでしょう。現実にキモノがもっと着たいからお茶のお稽古を始めたと言う人も結構おられます。
私はじょじょに和文化への回帰というのは広がっていくような気がしています(時間がかかるでしょうが)。そういう潜在的な風潮をもっと大きな動きへ加速させるようなきっかけが作れればいいと思っております。色々ご提案いただいて感謝いたします。

コメントする

月別 アーカイブ