2012年3月アーカイブ

4月2日、3日は創業満65年の新作展並びに感謝の会を開催します。 非常に消費が低迷している中で、1年以上もかかるモノの作り方は至難の業であり、ほとんどそう意味モノづくりは姿を消しつつあります。 誂ればできますが、メーカーにすべてのリスクを被せて何とも思わないような極めて非常識なこのキモノ業界では、今後もそうしたモノづくりがもっともっと減ることがあっても増えることはありません。

構造改革

カテゴリー:
増税に政治生命をかけるという、まるで財務省の走狗の様な総理の言動には呆れかえるばかりで、国民の多くも辟易していることだろうと思います。 あまりにも低レベルの政治状況に、まさに暗澹たる思いですし、若い人の不安は増すばかりでしょう。 2001年からの小泉政治の、特に竹中金融政治の弊害がどんどん増大して、この国の根幹の思想までもが傷ついているような気がします。 心のない、思いやりのな

第60回北野をどり

カテゴリー:
京都には現在5つの歌舞会(昔で言う花柳界)があります。本当は島原があるのですが、ほとんど活動していないので、今は5花街と呼んでいます。 そのうちの一つ上七軒恒例の北野をどりが開催中です。3月25日から4月7日までです。 ここを皮切りに、祇園の都をどり、宮川町の京おどり、そして先斗町の鴨川をどりと続きます。もう一つの歌舞会の祇園東は春にはなくて秋に祇園をどりがあります。 いよいよ

旦那イズム

カテゴリー:
私は過日国立で清元の演奏会に出演しましたが、40歳代に2回出ていますので今度は3 回目なのですが、今回10数年前と本当に違うなとつくづく思ったものです。 かつては銀座の老舗のおやじさんとか、上場企業の社長や重役もこうした邦楽のお稽古をしている人も多かったものですから、社員、取引先、花柳界、銀座のクラブのママなどが見に来ていて、楽屋も華やかなものでした。 その人の出番が終わるとさ

古き良きものを伝える努力

カテゴリー:
このたび新しい小売屋さんが今度の展示会に振袖が欲しいお客を連れて行きたいとおっしゃるので、一応どういうお店かということもあってご挨拶に行ってまいりました。 兵庫県のある街の駅前の総合ビルの中にあるのですが、35年前にできて老朽化していることもあるのでしょうが、すぐ近くにもっと新しくて大きな商業施設が出来てお客を取られ、まさに閑散としており、多くの店が閉めていました。 こうした現

ネット販売の功罪

カテゴリー:
キモノや帯のネット販売は近年非常に増えてきましたし、現実にその販売額も増えているようです。 当然ですがその質感や色などはネット上ではわかりにくく、特に先染めのキモノ(染のキモノ)は難しいですね。 最近は注文された方に一度送って、納得されてから販売するというところもあります。 地方の専門店の力が無くなってきたので、こうした販売でキモノ市場が活性化するなら有難いことなのです。 とこ

25年は一昔

カテゴリー:
一昨日京都に戻って参りましたが、京都本社も昨日は休みなので、南座に歌舞伎を観に行ってきました。 今月、南座では初の秀山祭公演で、また昨年秋に襲名された3代目中村又五郎さん、4代目中村歌昇さんの親子の京都お目見え興行でもあります。 秀山とは、初代吉右衛門さんの俳名で、平成18年9月に生誕120年にちなみ、その遺徳を偲ぶと共に、ゆかりの芸の研鑽と伝承を図ることを旨として始められたも

全国伝統的工芸品センター移転

カテゴリー:
ご存知の方も多いでしょうが、池袋の西口の東武デパートの端の方に、全国伝統的工芸品センターという施設がありました。 ここは以前は青山三丁目にあったのですが、平成13年に今のところへ移転していました。 青山の時もちょっとわかりにくい場所でしたが、この池袋も決してわかりやすいところではなく、気が付きにくいのです。 全国の伝統産業の紹介、その製品の展示、販売がされていて、2階には色々な

真面目な作り手が残ってほしい

カテゴリー:
本郷さんの作品展は終了しました。 ご親戚の知り合いの方などたくさんの方がお見えになり、狭い当店ではゆっくりとご覧いただけ無かったと思いますが、お許しください。 私の作品とは全く技法も趣も違う、本郷さんのモノづくりもそれなりの個性あるものですが、どちらかというと彼も職人肌であまりしゃべられる方ではありません。 従来なら京都で、彼のセンスを愛でる問屋の注文でものづくりに専念していれ

足し算か引き算か

カテゴリー:
我々モノづくりを業とするものは、どのような人を対象にどういう物をつくるかということを考えて作りますが(中にはそんなことお構いなしの人もいますが)、 かつては、専門店や問屋もそれなりの個性があり、自分たちがどんなものを求めているか、どんなものが好きかということがよくわかったので、その店の意向に合わせたモノづくりをすればよかったのです。 そういう意味では、私共も一生懸命その意向に沿
1  2  3

月別 アーカイブ