2012年9月アーカイブ

業界昨今

カテゴリー:
泰三のキモノは、京都の染呉服製造卸業の㈱染の聚楽が製作するキモノの総称ですが、 卸の部門では、一応10月は本当は春物の内見会なのです。 でも特に絵羽物の新製品などを仕入れようというような業者はわずかです。 そう言う注文が来れば貸してくれ、展示会の時に貸してくれという状況が長く続いていて、殆どの専門店やデパートでは、泰三の逸品は見ることはできません。 強いて名を挙げれば、京都のえ

日本文化の啓蒙

カテゴリー:
私が時々政治の話などを書くのはそれなりに理由があります。 私自身の正義感もありますが、単にキモノ産業のことだけでなく、京都の文化を支える伝統産業の未来、モノづくりの危機を以前から感じていて、特に技術者の育成に関しての問題提起をしてきました。 放っておいても仕事がたくさんあって職人さんになり手がたくさんあった良い時代とは明らかに変わってきた20年以上前から、行政にそうしたことで話
9月27日(木)~10月2日(火)にまた大阪の萬代さんのプロデュースによる琉球染織品の作品展を開催します。勿論ご本人が自ら来られます。 今回は琉球紅型を中心とした展示会です。 以前にもご紹介していますが、萬代さんは萬代屋宗晏(もずやそうあん)という千利休の娘婿で、茶人で大商人の一族の血を受け継ぐ、生粋の大阪人です。 郷里に歴史や文化に誇りをもって色々発信されていますのでご存知の

御礼

カテゴリー:
死んだ父から会社を任されて満25年が過ぎ、その御礼を込めての感謝の会は昨日で終了しました。 どうも不安定な天候の中をご来店頂き、多くの片から暖かいお言葉を頂戴しました。 改めて心より御礼申し上げます。 今の憲政史上まれにみる低劣な政治では、歴史的な事実を見ても、確実に伝統文化は衰退の一途であることは疑う余地がありません。 そういう中で高品質なモノづくりを続けていくことは年を追う

敬老の日

カテゴリー:
先日は敬老の日でした。65歳以上の人口が3000万人を初めて超えたと話題になっています。 ついでに言えば65歳から75歳までの10年間で1500万人です。 つまり前期高齢者と後期高齢者が半分ずつです。 そこへ今年から団塊の世代の昭和22年が65歳となり、この後昭和23年、24年生まれと次々に前期高齢者の仲間入りです。 戦後のベビーブームの中で確かにこの3年間は出生数が特異的に多

お客様のお声が最高の妙薬です

カテゴリー:
昨日から感謝の会を催しておりますが、おいでいただくお客様が、 お世辞でなく私のモノづくりを評価していただき、お褒めいただくのは、 本当に有難く、昨今のイライラ来る世相のなかで、ややもすると萎えそうになる 私の心を勇気づけていただく最高の妙薬となります。 色々な方が私のブログをご存知で、面映ゆいところもありますが、それなりに何かの参考になさっていただいていると聞きますと、拙文なが
昭和62年7月31日、その年の末に亡くなった父から、代表を交代して、早25年が過ぎ去りました。 本当に長いようで過ぎてみればあっという間のような気もします。ちょうどこのころが、戦後の良き時代の日本の頂点であり、バブル経済破たんと共に、徐々に徐々に、そうしたものが壊れ始めました。 特にこの10年ほどで精神文化も含めて、坂道を転がるように、いわゆる本物、良いものの消失が拡大していま

やっぱり何かおかしい

カテゴリー:
今日ある織物問屋のお店に行ったら、業界の後輩が、ずいぶんラフな格好していたので、どうしたのと尋ねたら、車に積んである商品とともにフェリーに乗って出張するというのです。 九州の方らしいですが、これから20日間ほどずっと色々回るというのですが、売りに行くと言っても小売店の展示会に商品を陳列して、自ら売ってくるというのです。 そういう会をいくつも回ってくるそうですが、その間の経費は全

京都の菓子屋の商売

カテゴリー:
この間書いた銀座の店は青山みともです。破産が決定しましたので実名を挙げますが、最近の銀座にこんな程度の低い店が存在していたことが情けない話です。 ただでさえ家賃の高い銀座に、次々と何店舗もの店を作るなど狂気の沙汰です。 しかも銀座とは思えないものを、殆どローンで販売すると、これもまた銀座の商いとは思えません。 色々な広告媒体で口のでかい広告を打つものですから、大した経歴もない新

もっと話しましょう

カテゴリー:
最近新聞読むのも嫌になるような内外のニュースが多く、オリンピック出場選手の活躍による、興奮、喧噪も一段落して、またも暗い世相に戻ってしまったような感があります。 今年の暑さは尋常ではありませんが、今は日本は亜熱帯地域になってしまったのかと思うほど、四季の移り変わりがあいまいになってきました。 偏西風の蛇行や海水温の関係らしいですが、地震も日本中、世界中で続き、また紛争も絶えませ
1  2

月別 アーカイブ