きものナビゲーター

カテゴリー:

成人の日で関東近辺の振袖をお召しになった女性は本当に大変でしたね。

ほとんどみんな初心者ですから、雨コートも持っておられない人が殆どでしょうし、草履に雨用カバーを付けることも御存じありません。

お母様がキモノのことをよくご存じならこういう時にはどうするかという対処もできるのでしょうが、今はほとんどお母様もキモノ初心者という家が多いのではないでしょうか。

振袖が浴衣ではない初めてのキモノ着用という女性も多いでしょうから、それがインクジェットであろうが、そういうことは別にして、日本女性としてキモノを着ることの誇り、素晴らしさを感じられることだろうと思います。

その気持ちを次につなげて、何かの時にはキモノを着たいと思っていただけるようにしなければならないというのが、我々キモノを生業としている者の変らぬ共通の願いです。

我々はずっと以前から全員がそう思いながらも、なかなかそうはならないということには切歯扼腕の思いもあります。

社会環境が変わり、かつてのように嫁入り修業だと言って、茶道や華道を習うのが当たり前の時代と違って、和室もなく、家の中に和文化が次々と消えている状況では、キモノはまさに異文化のように思われてているかもしれません。

そういう非日常のものを啓蒙していくことは本当に至難の業かもしれません。

成人式で思われたキモノへの憧れのような様なものを如何に持続させ、次世代のお客様として育てていくかということが問われているのです。

浴衣を着るようになってから、キモノへの拒否感もなく、憧れや愛着持つ若い女性は今確実に増えているのは確かです。

にもかかわらず、若い女性が知らないなりに興味を覚えて、入りやすそうなスーパーの中にあるような店にフッと入られて、店外催事に誘われて囲まれてローンで売りつけられたとか、まさに考えられないようなことが多発し、せっかくの芽を摘み取ってきたという事実があります。
それに結託していた室町の問屋の不見識など、恥ずかしい限りですが、その連中はいまだに同じような商いをあちことで形を変えて続けています。

消費者のキモノ離れを再び、抵抗感ない日常のモノとして呼び戻すには、販売する側の一段の努力が問われているのは明らかです。

それを逆にお客を食い物にするような商いをし続けているようでは、リサイクルやネット販売への流れが加速してしまい、新規生産は細る一方で、あと何年かで多くのモノが作れないというところまで着てしまっています。

買う側の立場に立って、これから長くキモノを着ていくファンになっていただくためにどのようなことを提案するかということですが、問題はまず着られなければ話にならないということで、着付け教室が息を吹き返したと思ったら、そこで初心者にキモノを販売しまうのです。これもバックに大手問屋が付いているのですが、消費者の無知に付け込んでデパートよりも高く買わせるような業者が居たりして、これもまた購買意欲をそいでいます。

どうして本当にキモノを買うならこんな店でという理想を追いかけてそれなりに改善していかないのでしょうか。

実はまことに不見識な話ですが、販売業者の中にはキモノを嫌いだとか全く興味が無いという呆れ返る者もいます。

自分の生業なら、そのものに惚れるのが当たり前です。チェーン店などでは社員にキモノを着せていますが、それは制服感覚で、キモノは着ていても茶道の一つも知らないような店主はは山のようにいます。

それでは本当にキモノ文化を継承できません。

着付け教室にそう通わなくても簡単に着られる工夫もあるのですが、それが普及すると教室が困ると思うのか、せっかくの知恵もなかなか行き渡りません。

私は切らないでできるつけ帯の仕立て方を推奨しており随分喜ばれていますが、老舗などではほとんどその存在さえ知らない人もいます。

頭が古過ぎるのかもしれませんが、これからは真剣にキモノを着るという立場でものを考えて行かねばなりません。

いわばこれからキモノを着たい。買いたいという人の道しるべ、ナビゲーターとなるように努力しなければなりません。

最近は売る人も素人のような人が多くて問題ですし、教えられるような勉強を重ね実践した行かねばなりません。

デパートでもベテランが次々と現場を去りますが、今のデパートは不動産に毛の生えたようなもので、販売のプロなどを育てませんから、ベテランが去った後には問屋の派遣の女性ばかりなどというようなことになりかねません。現にそうであるところも多いのです。

となると今度は問屋がその派遣の女性を教育する必要があります。

キモノや帯の、真面目な生産が続けて行けるかどうかは、真面目な売り手、つまりこれからキモノを着たい、買いたいという人たちにいかに真摯に真面目に取り組めるかということにかかっています。

つまりキモノナビゲーターの存在が必要です。

私は作り手であると共に、銀座では売り手ですし、モノづくりの現場を支えるためにも、キモノナビゲーターとしての自覚をもって、正しい知識でキモノファンを地道に増やしていかねばならないと、年頭に当たり強く意識するものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1211

コメントする

月別 アーカイブ