2013年3月アーカイブ

立方(たちかた)と地方(じかた)

カテゴリー:
建物は、その施主がどんな考えを持っているかで大きく設計が変わるのは当然です。 あるいはその設計家の考えもあって細部には相当な差が出てきます。 本当に良い建物は、見えないところでも行き届いています。 これはその施主あるいは設計家の教養にもかかわる問題です。 茶道に精通していると、亭主と客との関係、おもてなしについてことさら意識するようになり、建物にもそうした配慮がよく見えます。

なかなか明るい話が書けません

カテゴリー:
京都に帰って生産状況などの数字を見ると、まだまだ下がり続けているの言うのが本当のところで、産地としての苦境はいまだに回復の見込みはありません。 ただ統計上の数字というのは、組合などに属している業者のみの数字で、現実に頑張っている人たちは、組合活動をしていないことも多く、かくいう私もその一人です。 ですから一概にはその統計もあてにはなりませんし、廃業が増えると当然生産数も下がるの

伝統文化四方山話の会を始めるつもりです

カテゴリー:
私はブログや、SNSを通じて、日本人が日本文化を知らないとか、忘れ去られているという事実に関して、非常な危機感を訴えてきたつもりです。 実際外務官僚が日本文化を知らないで海外に出ていくなど恥ずべきことですが、周りも同じような無芸大食男ばかりですから、誰も咎めだてすることもなく、日本文化を知らない大人が激増しているというのが今の日本です。 文化をよく知り理解できる能力を、私は文化

保護行政は危ない

カテゴリー:
日本の大切な伝統文化の担ってきた端くれとして、TPPの問題は、日本の遠い将来に相当深刻な影響を与えるだろうと私は心配しております。 既に日本にとって不利なことも飲むようなつもりでいるようで、目先の金のことしか頭にない単純極まりない頭脳の持ち主がこれほど多い今の日本の官僚に多いことに危機を覚えますね。 直近のお手柄しか考えない輩の予想など今まですべて外れていますし、経団連の唯のサ
姫路の「みき正」さんのコレクションの展示販売の会は終了しましたが、おいでいただいた方には何某か参考になられたことと思います。 まだまだいわゆるお宝をたくさんお持ちですし、この秋にでも今度は純泰三好みのもので展示販売をさせていただきたいと思っています。 キモノ業界が活況を呈していた時代の本当に良い仕事の物を価値ある価格でお世話せていただければと思っております。 さて次は、大阪の萬

また銀座の老舗が閉まります

カテゴリー:
この3月で銀座の老舗の呉服専門店がまた一軒閉まります。 廃業ということではなくてどこかのビルの上の部屋を借りて細々と続けるということでしたが、これといったオリジナリティもないので、将来的な継続はなかなか厳しいのではないでしょうか。 私が銀座に店を出してから、銀座の良き時代の高級呉服専門店が次々と姿を消していきますし、新興のところも出してはすぐにまた消え去るという極めて尋常ならざ

寸法の話

カテゴリー:
この間ある女性国会議員が、お母様のキモノをそのまま着て、おはしょりもなく、裄も極端に短く、襦袢の袖が見えていてまさしく格好が悪いのに、それをそのまま自らのツイッターで晒してしまっていました。 この女性はキモノのことをほぼ全くご存知ないのだろうと思いましたが、キモノはある意味、オートクチュールの世界で、普通はその方の寸法に合わせてお仕立てします。 戦前までは、絹ものの上物はほぼす
14日(火)から姫路の高級呉服専門店「みき正」さんがお持ちの人間国宝染織作家の作品だけでなく、今ではもう作れない物逸品の織物、その他お手持ちの洒落た辻が花などの絞りの着尺や訪問着など50点を展示させていただきます。 普通の人間国宝の作品などは表立ってお値引きはできないのですが、今回特別にお許しを頂き、割引をさせていただくことになりました。 森口華弘さんなどの作品は高額ですが、非

今日で3回忌

カテゴリー:
大震災からあっという間の2年です。仏教風に言えば今日は3回忌に当たり、今更ながらに亡くなった方々へ哀悼の意を表したいと思います。 2年経ってもいまだ30万人以上の人が仮設などに住まわれていて、特に原発事故の影響で福島県の人は、生きている間に故郷に戻れない方々もたくさんおられるようで、本当にお気の毒です。 1日も早い復興をと口で言うだけでもどかしい思いをしておりますが、政治が正し

改革のチャンス

カテゴリー:
糸価の値上がりで、当社へも表地だけでなく、裏地も値上げ通知がきておりました。 私はその分お客さまに転嫁するようなことは致しませんが、低価格品を扱うところは死活問題ですから、価格転嫁ができなければ大変でしょう。 織物業者は糸が無いと作れませんから、いきなり負担増となります。かといって他の物を急に上げるなどできませんし、じょじょに上げていくということでしょうか。 しかしある意味こう
1  2

月別 アーカイブ