2013年7月アーカイブ

エスカレーターの乗り方で見る京都

カテゴリー:
京都に帰ってきましたが、相も変わらずキモノや帯の生産は低調かつ低級化しているようで、特に高級フォーマルの生産はゼロにも等しい現実です。 それを主として生産してきた泰三のキモノはそういう意味では貴重かもしれませんし、最近あちこち探しまくった末にお見えになってご満足いただく方がおられて。私もたいへんうれしく思います。 当方でもかつてよりは確かに生産も落ちてはいますが、付け下げも含め

男の覚悟

カテゴリー:
選挙が終わるといつの時もそうですが、いわば総括をします。 もちろん議席が増えたところは万々歳でしょうが、大きく議席を減らしたところなどは必ず責任問題が浮上します。 今回は特に野党がほぼ全滅に近い状況でしたから、いつになくそのことが大きく取りざたされ現実に女性党首が二人辞任しました。 ところが一番辞めるべき男が辞めません。 私は本当に情けない思いをします。責任を感じても辞めないの

健康であること

カテゴリー:
昨日大学時代の友人の一人の訃報が届きました。 数年前に前立腺がんの手術をしたのでその後どうしているのかなと思っていたら、この知らせで驚きました。 1昨年もクラスメートがすい臓がんで亡くなっており、そろそろそういう嫌な知らせが舞い込むような年となってきました。 私は昭和24年の丑年で、64歳ですが、平均余命は20年ほどです(平均寿命とは違います)。 その残された20年をいかに生き

虚しい思い

カテゴリー:,
選挙の結果はある程度予想は付きましたが、決して肯定的に自民党に入れたというより、批判票の行き先がなく、白票が嫌だからと言って自民党に入れたという人も少なくないようです。 だから野党がだらしない、特に民主党はもうだめだという思いがつくづくします。 学歴があって頭はいいけれど何もできないというレッテルを貼られた者がその信を取り戻すのは、上から目線でできるわけもありません。 自分には

日本の雅楽

カテゴリー:
暑い日が続きますが、縁があって先日雅楽の演奏家、正式な言いかたをすると雅楽の楽人(がくじん)の一人東儀秀樹さんのミニコンサートに行ってきました。 彼は舞人ではなく、楽器の演奏家で、特に篳篥(ひちりき)を得意としています。 ジャズなどを吹いたりと、活動の幅が広く、メディアへの露出度が高いから、彼を通して雅楽のことも多少は知る人が増えているのは結構なことです。 彼は正式には宮内庁式
前回、私の文化についての四方山話をさせていただいたところ次回はいつですかと、早速お尋ねいただき、続けて第2回のお話会を開催いたします。 8月24日(土)1時から  場所は前回と同じ    Space 潦 ( http://space-niwatazumi.blogspot.jp/ )です 会社の仕事も私個人も東京、しかも銀座と永く縁があり、個人的には昭和43年に慶應に進学

本当になんとかなりますかね

カテゴリー:
過日京都である私学の女子大の付属中学校で古典を教えておられる女性と話していたら、生徒が古典を勉強して何になるかと聞くのだそうです。 大人になっても古典なんか何の役にも立たないだとか平気で言うのだそうです。 海外行って恥をかくと言っても、海外に行かないからいいだとか、ああ言えばこう言って、知識の習得、勉学の価値を否定しようとする今の子供たちに唖然とすると言っておられました。 受験
毎日暑い日が続きます。祇園祭の山鉾巡行も、もうすぐですし、正に夏本番とはいえちょっと暑すぎますね。 これでは単や夏物をもっと着る時間を増やした方が良いかもしれませんね。 さてそんな時ですが、今日から21日まで、秋に向けての新作を展示致しています。 泰三ならではの上品な世界をご鑑賞いただければと思います。 モノづくりがまさに困窮している中で、コツコツと毎月のように新作を作り続けて

そろそろ

カテゴリー:
西陣で業歴80年ほどの老舗の織屋が倒産しました。 立派な西陣の町屋も保有しており、同業車は悠々自適な経営をしているとみんな思っていたらしく、一様に驚いているようです。 主力の販売先がNCで、その売り上げは近年激減し、最盛期の10分の1ということでしたし、実は借入金が相当に多かったということでした。今のままでは一生借金は返せないだろうし、 子息は家業を継いでいなかったし、経営者の

早梅雨入り

カテゴリー:
京都は今日梅雨入りをしました。 何と平年より10日も早いとのことです。まさに酷暑の日が続くと思うとぞっとしますが、健康のことを考えるとあまり外に出ない方が良いかもしれません。 このことはあまり消費にプラスのになるとも思えず、特定の商品は売れるでしょうが長引くとまた秋物商戦に響きそうです。 この先はわかりませんが、日本の慣習などは多分にその風土によるものが大きいので、近年のような
1  2

月別 アーカイブ