付下げ着尺

カテゴリー:

昨日のNHKで高齢のキモノ評論家の女性が付け下げ(付下げ着尺)の解説をしていましたが、ちょっと言葉足らずでしたので、捕捉します。

この付下げ着尺という言葉の意味ですが、そもそも着尺というのは、訪問着などのように作るときに、白生地の段階でキモノの形にして(下絵羽)から製作しますが、着尺は白生地の反物の状態のままで加工したもので、その形のままで販売されます。

一般的には着尺というと小紋のことを言いますが、付下げもその亜流です。

戦後のぜいたく品禁止の流れの中で、訪問着を作ってはいけないということから付下げが考案されたと言われています。

付下げの意味は、小紋で方向のある柄がそのままでは前と後ろで逆になってしまうので、肩山から付け別けた(付け下げた)ということのようです。

かつては付下げは、訪問着よりも柄が軽く、どちらかというと上前重視で。背の柄は軽いというものが多かったのです。

現在の付下げは非常にバラエティに富み、仕立て上がると全く訪問着と同じような重い物から、いわゆる洒落着の軽いものまで、本当に色々とあります。

元来は付下げの裾回し(八掛)は別の色のものを付けますが、訪問着代わりとなるようなものは、最初から共色共生地で作っておくべきです。

またそういうものは紋を付けることで晴れの席にお召いただけます。

洒落ものの場合は、紋は付けず、八掛も違うものを付けます。

泰三の作品は、付下げも基本的に共八掛で作ってあり、紋を入れることでセミフォーマルのおキモノになるものを基本としております。

昭和50年代、フォーマルのキモノ全盛の時代は、付下げよりも値の張る訪問着を売りたがり、生産が非常に減っていたのですが、近年、高額のものが動かなくなって、逆に付下げの生産が増えています。

訪問着で作るよりも安く作れるというという背景もありますが、やはりその中でも重い加工のものはとても減っています。

キモノの評論家という女性が色々なことを書いたり話したりしていますが、なかには相当いい加減な記述もあり、我々としては大変苦々しく思うことが多いのです。

ただそういう雑誌の編集者自身がキモノのことをよく知らないので校正されることなく発信されてしまうのです。

今後ますますベテランが去っていくので、まさにいい加減な知識が横行することを憂いております。

なにかお分かりにならないことがあれば遠慮なくお尋ねください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1321

コメントする

月別 アーカイブ