キモノの色気

カテゴリー:

最近京都の祇園あたりをレンタルのキモノで歩き回る若い女性が増えています。
なかにはカップルで来ている若い人もいます。

まあそのキモノの質はとんでもなく低いですし、帯も袋帯でなく浴衣に締めるようなペラペラのものです。レンタルの料金も安いので仕方がありませんが、祇園のお茶屋の女将さんもまさに景観を乱すと嘆いています。

着る側もほとんどが初心者が多いので、その立ち居振る舞いがあまりにもひどい者も多く、特に若い男のひどさには呆れ返り時々注意してやります。

ただ稀にですが、同じキモノなのにとても美しく見える女性もいます。
それは明らかに着姿の違いです。

日本人のキモノの着姿は、他のすべての国の服飾文化を凌駕する存在であることは疑う余地がなく、それなりの人がキモノを着ないのは、自分が日本人ではないと言っているようなもので恥ずかしい思いをします。

キモノの着姿が素晴らしいと思うのは、他の国の服飾と全く違う発想であることです。

多くの服飾はその体の線の線に沿うものが多いようですから、いわゆるプロポーションの良し悪しが問われます。

しかしキモノはその逆に体の線を隠すところにその特徴があります。

いわゆる直線美がキモノの神髄で、身体の線がわかるように着ることほど野暮なことはありません。浴衣でも胸の大きい人は晒などで体の線を隠すように着ると綺麗に見えるのです。

直線裁ちのキモノを着ると、当然ながらその動きに制約があって、外股で大股に歩くなどできないわけです。そのように歩くとすぐに着くずれしてしまいますので、自然に内股となり、また歩幅も小さくなります。

そして大事なことは姿勢をよくして前を向いて歩くことです。

そうすることで楚々とした中に凛とした雰囲気が醸し出されて美しい姿に映ります。

体の線を隠すのがキモノですが、ただ1か所だけ洋服よりも肌を見せるところがあります。

それは項(うなじ)です。

男物にはないのですが女性のキモノは襟のところを抜いて仕立てます。
体型によって多少その寸法が変わります。

舞妓や芸妓の引き摺りなどでは、相当に大きく抜いてきますので、首のところの下のほうまで白粉を塗っていますね。

まあ普通の人はそういう着方をすると下品になりますから、ほどほどですが、その衣紋を抜くということがキモノ姿を美しく見せるポイントとであることは言うまでもありません。

また襦袢の衿がキモノの衿より大きくはみ出しているような着方も綺麗に見えません。

胸元も含めてこの首周りを綺麗にしていると。キモノ姿には洋服にない色気を感じるものです。

最近独学で着付けを会得されている方も多いようですが、このことがうまくできていない人もまま見かけます。

キモノをより美しく着るためにも、このことだけは忘れないでください。

男性のキモノ姿で大事なことは、何よりも姿勢です。猫背で着るととても貧相に見えます。

胸を張って下腹に重心を置いて、それなりの歩幅でしっかりと歩くことです。

ちょこちょこ歩くのは貫録もなく見っともありません。キモノを着ての男の色気もその立ち居振る舞いにあることは忘れないでほしいものです。

もうじき涼しくなると思います。秋はキモノを着るに一番いいシーズンです。

格好良く、美しく着たいものです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1324

コメント(4) | コメントする

確かに観光客用レンタル着物の中には唖然とするようなものも見られますが、着て歩いている方々の楽しそうな様子にはこちらも嬉しくなってしまいます。考えてみれば私共が若かった頃は親が誂えてくれたまともな着物が箪笥にあっても、それを着るのはお稽古事やら結婚式やらの「着なくてはならない時」だけでした。観光ならばジーンズでも構わないはずなのに、コスプレ感覚なのかも知れませんが、それでも「着なくてもいい」着物をわざわざ自分のお金を払って着ている若者達は私共の若かった頃よりずっと着物に対して積極性があると言えるのではないでしょうか?
一日数千円のレンタル着物からその何十倍はするお誂えへの距離は果てしなく遠いかも知れませんが、微かな希望を感じてしまいます。

今の若い女性にはキモノは比較的身近で、いくら言われても着ようともしない中年女性より、はるかにきもの文化の未来に関して望みのある話には違いありません。

京都ではキモノで観光というのをお洒落と思っているわけで、キモノが別段好きかどうかは分かりませんが、どんな機会であれ着るということは結構なことでしょう。

これからも何かの時にはやはりキモノにしようとか、自分のキモノを買いたいと思って頂くと、有難いのですが、全てレンタルというのでは、産業は消滅していくのです。

質の良い着物をみて触る機会がほとんど無い場合、安っぽい浴衣やポリの着物も、職人の手になるすばらしい織物も、同じように見えるのです。それは20年前の私がそうだったので、確信を持って言えます。

京都に着物を持ってきたものの、急に自分の着物のみすぼらしさに羞恥を覚えて一度も出せなかったことがあります。東京では恥ずかしげも無く着ていたものが、京都に来るとここまで恥ずかしいのかと思いました。それはやはり、お店の方や路地を歩いている方の着姿が美しかったこと、そして良いものをお召しだったからだと思います。今のレンタルばやりの京都であのような羞恥心が持てたか疑問です。

蔓延しているコスプレ着物から、いつかは着物にきちんとお金を支払う層が出ると良いなと思うのですが、その途中に悪徳商法業者がわなを仕掛けて待っているような状況ですので、どうにかならないものかと思います。

おっしゃる通り、かつては茶道、華道など当然のごとくお稽古されており、当然キモノにも慣れておられ、綺麗な着姿が京都で見られたものです。

ところが今や男女とも無芸大食が当たり前で、物知らずの人が激増して、恥をというものを知りませんから、あれほどひどいレンタルキモノでもコスプレ感覚で嬉々として着ています。

政官財の大物の夫人でも茶道を知らない人が殆どで、キモノを着るということがなく、そのため本当に良いキモノの需要が大きく落ちているのです。立場上日本の伝統文化を知っていて当然と思われる人が無知で、しかもそれで恥をかかないとんでもなく教養レベルが落ちていることに愕然とする思いです。これはなかなか難しい問題ですが、上に立つ者の義務としての伝統文化の素養を見に付けることを推進しなければなりません。

コメントする

月別 アーカイブ