2014年5月アーカイブ

矢張り落ち込みが、、、

カテゴリー:
キモノ業界でも3月に消費税値上げの駆け込み需要が一部にはあったようですが、矢張り当然その反動はあるように言われていましたが、現実にその兆候が現れているようです。 仕立てに必要な裏ものを扱う業者に聞いてみると、4月、5月と昨年に比べても暇だという事でした。 高級フォーマルはここの所需要が低迷しているので、余り関係がなく、矢張り洒落ものの販売が落ちているとのことでした。 泰三のキモ

地方からのお客様

カテゴリー:
先日、山陰地方から東京の用事があっておいでになった方が、時間が取れれば是非来てみたかったとおっしゃってご来店いただきました。 その用事が終わって時間があればどんなことがあっても当店だけは見てみたいと思っていたと言っておられて大変嬉しく思いましたが、泰三のキモノを色々羽織られて、大変お気に召したようすでした。 高度な技を駆使した作品はそれなりに高価ですが、泰三の作品は安いといわれ

益々進む職人さんの高齢化

カテゴリー:
私は過日満65歳となりましたので決して若くないのですが、キモノ業界ではまだ若い若いなどと言われています。 実際業者でもそうですが、私より年を取った職人さんのほうが多いくらいですし、現実にその人たちのおかげで何とか仕事ができているというのも現実です。 たださすがにここのところ、高齢化が進む一方で、仕事を辞めていくものも多く、当社と古くからおつきあいしてきた方々も、1人去りまた一人

京都の話

カテゴリー:
京都観光おもてなし大使になって、何を行政が求めているのかと言うと、東京の店などを通じて、京都の真の文化、その価値などを発信してほしいという事でした。 確かに京都の文化は今の日本伝統文化の礎であることは紛れもなく、京都の文化について話すということは日本文化を啓蒙することと同義ですので、大変意義あることと思います。 今までも東京では色々京都の話をしていますし、昨日も虎屋さんは京都の

キモノでのおもてなし

カテゴリー:
先日京都観光おもてなし大使の任命式があり、任命書とバッジを頂いてまいりました。 市田ひろみさん服部和子さんなどもおられましたが、きもの関係の業者という意味では私一人が選ばれています。 私が市の幹部の人と、京都の伝統産業の守り方について直接色々私的に懇談を重ねていたので、 是非就任してほしいということでお引き受けした次第です。 まあ古き良き時代の生き残りの様な私でして、伝統文化を

業界も世代交代

カテゴリー:
4月もあっという間に過ぎましたが、3月にキモノ業界も駆け込み需要が一部であったようで、やはり4月はその反動で、全体に静かだったそうです。 私がいつも産地のことを心配しているのですが、白生地の生産地の数字を見ると、1月から4月の統計でまたも前年割れしています。 ただこれは組合発表の数字ですが、組合員が廃業したりすると、当然ですがその分生産が落ちるので、それぞれの織屋の数字を正確に
1

月別 アーカイブ