2014年8月アーカイブ

企業と家業

カテゴリー:
最近本当にモノづくりのレベルが落ちて来て、デパート行ってもある老舗のキモノと帯という組み合わせが多いにしても、その質やセンスの凋落は余りにも酷く、まあそのお蔭か、良いものをお探しの方が当店に来られるわけです。 かつてはデパートに行ってその売り場にあるモノを見ると私もさすがにすごいし、良いセンスだと思うもののたくさんありましたが、本当に今は目が腐るものが多く、見る気もしません。

最低賃金改定問題

カテゴリー:
先日、丹後の、特に帯を織っている人達の加工賃があまりにも低いので改定の動きがあると投稿しましたが、実際10月1日より施行されるそうです 。 ただこの問題はなかなか一律にはできない話で、対応はバラバラです。一番影響を受けるのは、チェーン店やレンタル向けの、ペラペラのとんでもない低品質なインクジェットなどで生産する振り袖にくっつける、糸数が少なく福良雀で締められない、くしゃくしゃ帯

お稽古テレコ

カテゴリー:
私は清元という江戸浄瑠璃をもう25年お稽古していますが、今のこうした邦楽のお稽古に欠かせないのは、ポータブルなカセットデッキです。 再生押しながら少しだけ微妙に巻き戻したりするのはデジタルでは難しく、アナログでそうしたことの出来るものが重宝です。この分野ではS社が一番だったのです。 通称お稽古テレコというのですが、構造は簡単ですが、消耗度が大きいのでよく故障します。そんなに高い

最低賃金

カテゴリー:
最近アベノミクスの影が薄くなってきたので(当然ですが)、下々まで所得が増えるようにということで、最低賃金の施行に発破がかかっているそうです。 京都府でも伝統産業の職人さんの工賃の実態調査がうるさいようです。キモノ業界で言えば西陣の帯は殆ど丹後で織られているものが多いのですが、安物の振り袖にセットで付く帯などは、近年高齢の職人さんにとんでもない安い時給で作ってもらっていたのです。

お盆休み

カテゴリー:
今世間はお盆休みで、キモノ業界も同様に、ほとんどがお休みで静かなものです。 ただ一部休めない人もいますが、そういうなかに、箪笥の中のキモノの整理を頼まれてお家に行く方がおられます。 私の知人でそういうことを近年始めたら、とんでもない数の依頼が来るそうです。 頼む側も色々で、少しでも金に代わらないかという人が多いようですが、中には残す価値のあるもの、つまり着る価値があるものはどれ

残暑お見舞

カテゴリー:
残暑お見舞い申し上げます。 台風の影響でここのところ不順な天候が続いていますが、健康にはくれぐれもお気を付けください。 さて、京都のキモノ業界、と言ってもメーカーや問屋ですが、大体毎年お盆の1週間を休みます。 今年は9日の土曜日から17日の日曜日までがどうやら夏季休暇のようで、京都の本社もそのようにさせていただきます。 銀座のギャラリーはすでに水曜日からお休みを頂戴していますが

何度も何度も紋の話

カテゴリー:
たまたまかも知れませんが、ここのところ有難いことに黒留袖のお客様が連続してこられます。 息子や娘の婚礼の時にはやっぱり良い黒留袖が着たいと思っておられる方は少なくありません。 ですから色々と店を覗かれたりされたようですが、どこに行っても満足できるものがなかったとおっしゃいます。 実際現在高級な黒留袖というのは一番生産が少なく、ほとんど作られていない状況です。 そんな中でも私は細
1

月別 アーカイブ