何度も何度も紋の話

カテゴリー:

たまたまかも知れませんが、ここのところ有難いことに黒留袖のお客様が連続してこられます。

息子や娘の婚礼の時にはやっぱり良い黒留袖が着たいと思っておられる方は少なくありません。

ですから色々と店を覗かれたりされたようですが、どこに行っても満足できるものがなかったとおっしゃいます。

実際現在高級な黒留袖というのは一番生産が少なく、ほとんど作られていない状況です。

そんな中でも私は細々ではあっても泰三らしい、上品で華麗なものづくりを続けていましたので、それを愛でていただいたのは大変嬉しく思います。

確かに高額ではあっても本当に良いものを探しておられる方は日本中におられるのですが、そういう情報は作り手になかなか伝わりません。

高額なものは売れないなどというのが一般的な情報で、私が作っているキモノを見て、こんなものがいまどき売れるのですかと驚く人も多いのです。

どういうレベルの情報が産地に行くかによって、作り手はモノづくりの方向を変えます、

しかし現在決して正しく消費者動向を捉えた情報が伝わっているとは言い難く、これでは何を作っていいのかわからないということで、最近は産地から東京で作品展などを開催して、消費者の声を聞こうという行動も増えています。

私も自分で店を出していなかったら、いわゆる高級品の生産は難しかったでしょうね。

さて黒留袖は五つ紋を入れます。

それで紋名をお聞きしますと、良くご存じない方が多いのです。

今まであまりキモノをお作りになっていない方がキモノを着たいと思い、知らないままに行った店で、紬ばかり買わされたということが多いので、紋のことなどほとんどご存じないということは止むを得ません。

そういう店では紋のことなどほとんど知らない者が多く、口か出まかせのようなことを平気で言っているので本当に腹が立ちます。

それで紋についてのお話しを色々させて頂くわけです。

紋の由来、家紋と女紋の違いなどご説明をさせて頂くのです。

関東ではほとんど家紋を付けておられます。それがとても固く、女性として重い紋でも、そういうものだと思って付けらているのです。

東京の呉服屋も女紋のことをほとんど知りませんから、違い鷹の羽の様な紋でもそのままつけられているのです。

これは風習だといえばそうなのですが、呉服屋が女紋のことを知らないのはちょっと問題です。

最近は関西からお嫁に行ったり、その逆もあります。

その時に紋の話になって、関西からは女紋をもって嫁に行きますが、関東の人が自分のところの紋にしろなどと強硬に言うことで、かつては大変もめたそうです。

ところが最近は関東の人でも、家紋のことさえ知らないので、揉めはしないでしょうが、呉服屋が実に不勉強でありえないことを言っているようです。

関東の、特に東京の呉服屋やデパートは女紋のことはこれからの時代勉強しておかねばなりません。

関東ではこうだというのは通りません。家紋の歴史は京都からから出たもので、関西の風習のほうがはるかに古く、女紋を知らないことは恥ずかしいのです。

私共はあまりに重い紋は、色々お話しをして、変更されることをお薦めしますが、それでも家紋をお付けになるという方には、丸がついていれば細輪か雪輪に変えるとか、できるだけ柔らかくなるようなアドバイスをさせて頂いています。

関西では女性は家紋を付けませんし、母の紋をもって嫁に行くことは悪いことではありません。

新しい女紋を娘さんと相談されてお作りになる方もおられ、お嬢さんはその紋をもってお嫁に行かれればいいのです。

母系でつながる家の歴史という意味でも女紋という存在は日本の伝統的な文化です。

ご紋のことでお困りのことがあれば何なりとご相談ください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1430

コメント(2) | コメントする

はじめてメールを差し上げます。
にっこうと申します。
札幌市在住の二十代後半です。
着物はごく初心者で、お箏を始めたことをきっかけに興味を持ちました。
着付けは教えていただく機会があり、二重太鼓までなら自分で着られる程度です。
ネットで調べるうちにこちらの泰三さんのサイトやブログを見つけて拝読しています。

この度、友人の結婚式に招待され、折角ならと手持ちの反物を附け下げに仕立てて着ていこうと思い立ちました。
しかし結婚式や披露宴といったフォーマルな場そのものが初めてなこともあり、紋入りの着物を仕立てたことがありませんでした。
少し調べただけでも、一つ三つ五つ、日向に葉隠、染めか縫いかなど、TPOによって本当に色々な違いがあることを知り、結婚式のお呼ばれなら一つ紋を日向かつ染めで入れればいいのか、と素人ながら考えています。
そこで困ったのが、紋自体をどうするかでした。
私は未婚なので、女紋を入れるのが無難かと思うのですが、なにしろ蝦夷地の名も無き田舎者ですので、父方にせよ母方にせよ、家紋以外を持っていません(あるいはいつからか失ったのかもしれませんが)。こちらのブログでは、新しくつくってもいいとありましたが、選んだり作ったりするときには何か基準のようなものはあるのでしょうか? 家紋が丸であれば細輪にする、表を裏にする、鬼○○を姫○○にするなどといった方法を紹介しているサイトもあったのですが、信憑性がわからず、こちらに質問させていただいた次第です。
ちなみに我が家(父方)の家紋は角切り角に丸木瓜です。
ご助言をお願いいたします。


にっこう

個人的なことですので、直接メール差し上げます。

コメントする

月別 アーカイブ