本物への回帰

カテゴリー:

近年、一頃に比べてキモノを着ると言う女性は大都会を中心に増えているのは事実だろうと思います。
業界的にもそういう人たちに普段着から薦めたので、勢い紬や、いわゆる洒落ものと称するわけのわからないキモノなどを販売してきました。

通称堅物(かたもの)、つまり織物は生地の端に色々な事が書いてあるので、知識のない売り手には扱いやすいということも背景にあります。

そうしてキモノに嵌り好きになってくると、キモノをもっと着たいと思うようになり、それで茶道はじめ伝統文化に触れる、お稽古を始めるという人も少なくありません。

そうなると今度は紬はまったく役に立たないということがわかり、やはり小紋や付下げなどの、染のキモノ、いわゆる柔らかものが必要となってきて、色々探されます。

上品な色の飽きの来ないものを探されている方が多いのですが、いざ探されるとなかなかないとおっしゃって、当店の地色がどれも皆上品だということでお買い求めいただいております。

実際こうした方が今徐々に増えていると私は感じていますし、現実に紬が余り最近売れなくなってきているそうです。

キモノに対する需要も、色々変化し多様化していることも事実ですので、売り手としては大変対応は難しいと思います。

一時期高級フォーマルはもういらないなどと思って生産を止めてしまっている人も多いのですが、そんなことは無いのです。

黒留は一頃に比べ確かに販売数は激減していますが、そんななかでも子供の婚礼で母親としての存在感を示すためにも良い黒留を着たいと思う人も少なく無いのです。

昨年は連続してそういうお客様にお出会いしてお世話いたしましたが、私はそうした所謂本物志向の流れが来ているのだろうと感じます。

私自身はずっと変わらぬ姿勢でそういうものづくりをつづけてきましたが、一時期t他では何か奇を衒ったものが増え、質も落ちて悲しい思いをしていたものです。

でも大分物を見る目が育ってきた人も多いなと感じますし、従来からの古典の上品なものづくりをしていければ必ず需要があると思います。

作り手も迷わないで、従来からの自らの得意なものを作っていくことです。

人真似でないオリジナリティが確立した物づくりや、商いが一段と求められていくことでしょうし、そのためにも研鑽を重ねることは言うまでもありませんね。

将来へのものづくりの不安は確かなのですが、まずは眼前のことにベストを尽くすことです。

ただ申し上げたようにどんなものを作っていくのか、どんな売り方をしていくのかという意思が明確に確立していくことが大切です。

専門店でも、すべてのお客様を相手にはできませんから、ターゲットを絞り、その部分では他店にまけないと言う事を強調できるような品揃えや販売スキルがなければなりません。

泣き落としだとかとんでもないつまらない売り方をしている輩がまだいるそうですが、どうせそういう詐欺的なことは続きません。当たり前のことを当たり前にして、お客さまからも、仕入先さんからも信頼を得ることこそ商いの常道です。三方良しを実践することに尽きるのです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1486

コメントする

月別 アーカイブ