隠居はできそうにない

カテゴリー:

京都観光おもてなし大使になってほぼ1年ですが、キモノ業界では唯一私だけが指名されました。

元来観光関連業者やボランティアの人が殆どなのですが、私は特別の理由で選ばれています。

まあ色々と京都のことだけでなく伝統文化を多岐に渡って知っていることなどから、東京の店を拠点に京都の真の文化を発信して欲しいとのことでしたが、本当はそう簡単には隠居させませんということらしいです。

この間の朝日新聞の記者も、本物志向のものづくりをする人を応援したいという思いから、私だけ写真や記事を取り上げてくれています。

しかし現実は大変厳しく、今年になっても各産地に光明がさすような需要は生まれていませんし、それどころかますます生産に陰りが見られます。

株が上がったり、大企業の給料が上るとはいえ、その恩恵は一部高額品が動いているとはいえ、かつてのような高級呉服の販売状況とは程遠く、販売する側にも、作り手にも一番有難いそこそこの値のものが数がそこそこ動くという、デパートなどでいうボリュームゾーンの動きが極めて悪いというのが現実です。

売り上げに焦り、値を下げる動きも目立ちますが、それは残り物を安くするだけで、収益には程遠く、そのことで正規のものがそれなりの値で売れなくなります。

低価格品のものも、目立った動きは無く、インクジェットでの生産も、昨年に比べて低調です。

レンタル市場が拡大しそこへそうした商品が流れていたのでしょうが、ある程度在庫をそろえてしまうと、そこからは新規需要が大きく落ち込みます。

また価格の低い洒落ものなどを買う人は、ネットでの購買や、リサイクル品をこれまたネットで買うような動きが拡大しているので、低級品市場も低調です。

当店でも昨年から同様の動きが目立ち、他の店が持っていないということもありますが、高級なフォーマル向けの需要が、堅調でしたが、正にボリュームゾーンを求める方の需要は来店数も含めて消費税アップと共に低調となっています。

私の店はそれでもオリジナルなものばかりで、真面目なモノづくりに徹した上品な、上質なものを展開してきたわけですから、おいでいただくお客様にはそれなりの提案がありますが、問屋から何でも借りて商うというところは、これからますます適品の品ぞろえに苦労するでしょう。

そういうところの店を見ると、インパクトがありません。当然ですが個性がありません。

これからは本来あるべきモノで勝負するときです。

そのお店にある商品が何も言わなくても何かを物語っているという風であって欲しいし、また売り手もより知識が求められます。

どの店が一番信頼がおけるのか、これからのキモノライフを正しく面倒見てくれるのか、本当に迷える子羊のごとく、捜し歩かれておられる方は少なくありません。

色々質問しても満足のいく回答が得られないとおっしゃっておられる方は本当に多いのです。

そう言う方々が私のこのブログなどを読まれておいでいただくのですが、産地をこれから支えて行くのはいつも言いますように真面目な売り手であることは間違いなく、それぞれの立場のものがしかるべき尽力をして、行かねばなりません。

より勉強をして、キモノを楽しく着ていただけるお手つだいをさせていただくことを喜びとして欲しいものです。

そのためにもお客様と同じ目線で色々なキモノを着て行くところに行き知識と経験を積み重ね、同時に目を肥やしていくことが求められます。

キモノの周辺にある伝統文化の勉強は必修、不可欠なことだと私は考えますし、そうでなければいいものはお買いいただけませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1495

コメントする

月別 アーカイブ