2015年4月アーカイブ

伝統の重み

カテゴリー:
古い神社には遷宮という儀式を執り行うところがありますが、今年は京都の上賀茂神社、下鴨神社の21年ごとの式年遷宮が執り行われます。 過日その費用が集まらないということで、下鴨神社が現在駐車場で使っている場所にマンションを建てるということを決め、全国的に話題になりました。 糺の森を伐採してということではありませんが、世界遺産だけに神社経営のこれからの難しさを象徴しているような気がし

振袖販売

カテゴリー:
先日、振袖販売で伸ばしてきた、KKYの三越のそばの大きな店が閉まりました。 決算内容を見ても、急激に売り上げが落ち始めていますし、相当に苦戦しているようです。 売っているものはインクジェットとかが主流ですが、なぜ売り上げが落ち始めたかと言うのは、1つは少子化で成人人口が減っていることと、もう一つの側面はレンタル比率が上がっていることと関係があるのではないでしょうか。 振袖販売は

日々勉強

カテゴリー:
過日定休日に、伊藤若冲と与謝野蕪村の絵を見てきましたが、若冲の構図の素晴らしさ、蕪村の品の良さなど見るべきものが沢山ありました。 東京や京都にはいつもこうした美術工芸品の展示がなされていますので、勉強する機会に恵まれているのは事実です。 私は物づくりをするためにも若いころからこうした美術館や、デパートの画廊巡りなども今でも欠かしません。 今は物を売るという仕事が重要ですので、お

バランス

カテゴリー:
私は改革には若さが必要で、これからの人たちに後を任せて、実は65才でこの業界から引退しようと以前から思っていたので、その予定に基づいて徐々に会社を縮小し、現実に辞めようと思えばいつでも辞められるような状況にしてきました。 でも諸般の情勢に鑑み、又お客様のためにもとても辞められそうもなく計画は変更しなければなりませんがね。 このキモノ業界は、バブル経済がはじけてから、10年経つか

伝統産業の機械化

カテゴリー:
日本全国には数多くのいわゆる伝統産業、伝統工芸が存在しています。 これはまさしく日本の歴史を物語る貴重な文化でもありますが、ライフスタイルの欧米化で、多くのものが需要されず廃れつつあります。 中には急に海外で注目されて需要が急増しているような南部鉄器のような例もないではないですが、ほとんどは生産も落ちる一方となり、後継者も減っており、多くの技、道具、材料なども枯渇しはじめていま

隠居しません

カテゴリー:
先日2年以上もかかる、重い加工の総刺繍のご注文を頂きましたが、そのために私の隠居計画が最低2年延びました(笑) まあそう言うご期待を頂いているのは有難いことですし、健康に留意しながらも御客さま私が必要だとおっしゃる間は続けて行こうと先日決心しました。 65歳で、友人達と同じように引退しようという計画は撤回せざるを得ません。 私は中国に仕事で古くから行っていたので、その改革、変化

基本を大事に

カテゴリー:
商いというのは、飽きないと言いますし、好きでないとやっていけません。 そんなこと基本中の基本ですが、キモノ業界では決してそうで無い者も多く、結果、何でも売れればいいというような無節操なことになってしまいます。 キモノの仕事は超構造不況業種だけに、自分の仕事に命を懸けるくらいの気概を持たないと続けていけないと思います。だから自らがまずキモノを着ること、そしてキモノを着ていけば相応

B反市

カテゴリー:
東京出て来て店に入ってパソコン開けたらいきなりキモノ業界の倒産の話が飛び込んできました。 まあむべなるかなと言う業者ですし、こんなところがつぶれても大勢に影響はありません。 この会社はB反市という催事販売で、新聞やテレビ広告などでそれなりに知名度はありましたが、このB反というのが曲者です。 かつて京友禅の生産が今の40倍もあった時代には、製作段階での傷や染ムラなどの不良がそれな

来客予約

カテゴリー:
私は15年前から、東京と銀座をほぼ半分ずつの日程で往復しています。 大体月末月初の2週間は京都、それ以外の2週間が東京という生活です。 東京での休みは定休日の水曜だけです。 そのため、3連休などは大体2週目とか3週目に多いので、まったく休めません。 開店当初は、来客も少なかったですし、当店のことを知る人もそれほどおられるわけもありませんでしたから、適当に休みを取っていたのですが

サバイバル

カテゴリー:
4月になって、キモノの裏地や白生地、織物など相次いで次々と値上げ通知が来ております。 生糸が円安のためにとても高くなっているのです。 皆相当に我慢していたのですが、ここに来て止むに止まれず上げてきました。 色々なところにしわ寄せが来ると思いますが、大手NCなどがとんでもない赤字を続けているような状況では、なかなかか価格転嫁も難しいでしょう。 しかし断れば徐々に品物が入って
1  2

月別 アーカイブ