隠居しません

カテゴリー:

先日2年以上もかかる、重い加工の総刺繍のご注文を頂きましたが、そのために私の隠居計画が最低2年延びました(笑)

まあそう言うご期待を頂いているのは有難いことですし、健康に留意しながらも御客さま私が必要だとおっしゃる間は続けて行こうと先日決心しました。

65歳で、友人達と同じように引退しようという計画は撤回せざるを得ません。

私は中国に仕事で古くから行っていたので、その改革、変化を目の当たりにして、若さが変革にもっとも必要なファクターだと思っていましたし、
私も後進に後を譲って去って行ったほうが良いと思っていましたが、後継者を作ることができませんしたし、しかもこの業界には若い者が少ないし、
売り手もいなくなって来ているので、これからキモノを着たいと思っておられるお客様のためにも
まだ辞めるわけに行かないと思っています。

もちろんお買い求めになる方が極端に少なくなったりすれば、即廃業しますが、お求めになる方がそれなりにおられる間は、できる限り続けていければとは思っております。

明日でもう66歳ということで、65歳までは仕事を続けるという当初の計画は達成致しましたので、これからの世のためと思い、頑張って参りたいと思います。

講演のほうもご依頼あれば、キモノの話だけでなく、京都の歴史や文化についてのうんちく話などもさせて頂きます。

そのためにもこれからも日々本を読んだり勉強しなければならないなと思っているこの頃です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1508

コメント(5) | コメントする

お誕生日おめでとうございます。
引退など考えたりなさらずに、着物の事を教えてくださいませ。
いろいろな雑誌や呉服屋さん着物関係の方のお話を伺うと、自分の知識が私の家だけの物だったのかしら?と不安になります。
プロの方の意見の方を皆さん参考になさるので、間違ったことを言ってる人のように扱われ悲しくなることが多いこの頃です。
泰三さんのブログを見つけ毎日嬉しく読ませていただいています。(更新のない日は淋しく思います)
日本の着物は世界のいろいろな方にほめていただきます。そして、なぜもっと大切にしないのかとも言われます。
大切に守ってゆくためにも 現役でいらして いろいろ教えてください。お願いします。

泰三様が頑張っておられる間に若手育成の方も力を入れてはいかがでしょうか?

有難うございます。おっしゃるように雑誌などにも、間違ったこと、非常識なことなども平気で書かれていますが、大きな原因は自分でキモノを買ってきたことがない、着たことがないような輩がキモノについて語ることにあります。
自らの仕事に愛着も持てないものが、売り手にいたり情報発信をするなど考えられないことで、私はそう言うことに大変な憤りを感じております。
これからもキモノを着たいという人たちにキモノを着るための着付けなどの業者がキモノを高く売りつけるなどあってはならないような屑業界となり下がってしまいましたが、すべてそうした心なき業者のためであって、キモノを着ようという人はこれからも増えて行くでしょうし、その人たちのキモノライフを正しく導いていける売り手の存在がこれからの重要ポイントです。私の微力ながらそうしたことに努めてきたつもりですが、これからもキモノの魅力、どんなときにどんなキモノを着て行くのが素敵なのかなどを銀座の店を通じて発信していきたいとは思っております。お客様の応援がある限りは辞められないだろうと思うこのごろですが、健康には自ら留意したいと思っております

それなりにはしてきたつもりですし、私のブログやSNSで何か気が付かれている方もおられれば、それを実践してくれれば、そのことが最も重要な育成だろうと思います。
育成といっても各段階で違うわけで、分業制の職人さんの育成を私がすることはできませんが、いま最も大事なことは、正しくキモノ文化を伝えていける売り手の存在であって、そちらのほうへの育成のお手伝いができればそれにこしたことは無いですね。

ご丁寧に返信ありがとうございました。
泰三さんのような方が売り手分野での若手の育成にも是非力を注いで頂ければ着物業界の未来は明るいと思います。

コメントする

月別 アーカイブ