2015年5月アーカイブ

価値感の変化

カテゴリー:
最近つくづく思うのですが、バブルはじけて25年も経つと、いわば一世代が過ぎ去ったということです。 いわば今は世代交代期とも言えます。 1世代が過ぎると、多くの習慣、風習も変化していきますが、特にこの25年の変化はそれ以前のものとは相当に違う様に思います。 習慣や風習などは人の営みであり、つまり文化なのですが、文化というのは当然ですがその周りの環境で大きく影響を受けます。 和を以
来る6月13日(土)から23日(火)まで(17日は定休日です)、延び延びになっておりました15周年会社の会を開催させていただきます。 元来2月開催なのですが、私事乍ら初孫に恵まれ、それがために家内が世話のためにしばらく東京に出てこれませんでした。 ようやく落ち着きましたので、来月に開催の運びとなりました。 >基本的には案内状をお持ちの方だけを対象にいたしておりますので、ご来店ご

変えること

カテゴリー:
大阪都構想は、単に現在の大阪と言う場所だけのことではない本質的な問題を提起していますね。 府と市の二重行政というのは各県でも同じことはあると思いますから、特に大阪だけの問題ではありません。 ただ大阪の行政コストが飛びぬけて高かったということは本当で、ラスパイレス指数が大阪府が非常に高いという事実があり、大阪市の公務員数も人口比で飛び抜けて多いと言う事実もあります。 こういう構造

地方をどうするか

カテゴリー:
消費税が上がって1年経って、実は先日からキモノ業界では倒産が増えています。 地方の小売業者、そしてそういうところに卸していた問屋などですが、地方経済がいかに悪いのかと言う事を思い知らされます。 それにしても全般キモノ業界の低迷は著しく、好成績のところは本当に数えるしかないだろうと思われます。 勿論倒産にはそれなりの理由がありますし、理に適った経営をしていればそうはならなかったか

キモノ文化を護るために

カテゴリー:
京都観光おもてなし大使になってからしばしば講演させていただくのですが、皆さん京都の話を、つまりは歴史や文化の話を聞きたいという方が多いですね。 京都は長い歴史の中で、本当に数えきれないほどの文化を紡いできましたし、それが今でも生きている街でもあります。 この文化を守ることがすなわち京都の存在する価値でもあると思って、本当に多岐にわたる文化の話をさせていただいていますが、最近はい

現場力

カテゴリー:
私は以前からも指摘していますが、今回のアメリカでの演説を聞いても分かるように余りにも下手糞の英語で聞いていて目をそむけたくなるほど学識のかけらもない男が今日本のトップであることはまさしく日本の恥です。 このあほ総理がいる間は、日本文化の未来はかつてない程の危機だと思っています。 あれほどのもの知らず教養のかけらもないトップと言うのは明治の伊藤博文以来だろうと思います。まあ尊敬し
1

月別 アーカイブ