キモノの右前、左前

カテゴリー:

キモノは右前に着ます。左前に着るのは死んだあとお棺に入れるときだけと言われます。この「前」という表現は、人から見て右側が前にあるという意味では実はありません。
前と言うのは自分から見て手前という意味ですから、右前というのはキモノの右側を先に手前の方にもって来てその上に左側を重ねるという意味です。


ところでこの右前、左前と言うのはいつからそうなったのでしょうか。

現在の着方になったのは実は奈良時代からです。

養老3年(719年)に発布されたに衣服(えぶく)令ですべて右前に着るということが決められたのです。

それまでは実は右前と左前と両方の着方がありました。

日本の服飾は中国の影響を受けています。

中国では北方の騎馬民族や遊牧民が左前、漢民族が右前に衣服を着ていました。

これには諸説ありますが、騎馬民族は馬上から矢を射ますので、右前に着ると左の衿に矢が当たったりして困るのです。勿論右利きであるという前提ですが。

漢民族は地上にいて剣を持ちますから、これも右利きである前提ですが、剣を左につるし右手で抜いたときに、左前だと胸元がはだけたり、右の衿が邪魔になったりします。

つまり右前だったり左前だったりするのは、どんな武具を持ちいるかと言う差で決まったとも言えます。

唐の時代になって、騎馬民族の影響を廃するために、衣服もすべて右前に着るように決められました。その唐の時代の服飾の習慣が日本に伝わり、日本も右前にすべてするという風に変わったわけです。

欧州では洋服は男性は右前ですが女性は左前です。

男性はやはり剣を左に下げているので、右前の方が良いのですが、女性はまさか矢を射るために左前になったということでは無いと思います。

私は欧州の騎士道で、女には戦わせない、剣は持たせないということから女性は左前にしたのではないかと思っているのです。

日本ではかつて女性も懐剣を持ったりして戦いますし、その懐剣を右利きなら抜きやすいように左に挿したので、男も女も同じように右前なのです。

男が扇子を腰に挿したり、女性が扇子を帯に挿すときにはすべて左側というのはその名残です。

ファッションの大元、着方の基本は男が決めたという事実は紛れもないことですし、今でも有名ファッションデザイナーは男であるという事実もあります。

そう思うと男はもっとファッションに敏感であるべきだろうと思う次第なのですがね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1525

コメントする

月別 アーカイブ