派遣が3年で終わる

カテゴリー:

今日改正派遣法が委員会で採決されてしまいました。

ああだこうだとこじつけた説明をしても、これはあきらかに労働力の使い捨てです。

3年で派遣先を自動的に首になります。派遣会社は次の人間を送りこめば良いわけですか派遣会社にとっては仕事が増えるので、明らかにプラスです。

無能三流経済学者が会長のPなどはほくそ笑んでいることでしょう。

今の日本は呆れ返るほど人を大切にしない、思いやりのない男が特に東京に激増しています。

キモノのものづくりに必要な職人さんが技を習得するまで10年はかかりますし、もしこれが厳密に施行されたら、派遣会社からきた人でものづくりをさせたりすることもできませんし、売るほうも同様です。

現場がわからない世間知らずの政治家と官僚には働く側の苦労はわからないのでしょう。

官僚は3年ほどで部署が次々変わりますので、長期にわたって人を育てていくということとは無縁ですし、彼らにとってはその痛みなど分かるわけもないでしょう。

最近の無教養、無能をみるにつけいっそ官僚も派遣にして、もっと安くこき使えばいいと思ったりしますな。

弱者に思いが至らないなど政治ではありません。屑のあつまりです。

本当にホン物のキモノや帯を作るのには、とても長い間の修練を重ねてきた人たちの手が必要であることはいうまでもなく、その人たちが高齢化すれば当然代替わりして行く人たちが必要ですが、京都では何時も申し上げている通りほとんどそういう存在がないわけですし、仮に派遣の人に何かをやってもらうために教えても3年で辞めるのでは、教えることさえ無駄になってしまいます。

結局文化と言う側面を全く考えない、教養のかけらもない連中の机上の空論で、今回のことがそのまま通ってしまうと、必ず禍根を残します。

人口が減っていく国なのにどうしてもっと人を大事にしないのか不思議でなりませんね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1526

コメントする

月別 アーカイブ