琳派展

カテゴリー:

今年は本阿弥光悦が、京都の鷹峯に1615年家康から土地を賜って、工芸村を営んでからちょうど400年ということで、年初から琳派、琳派の大合唱でした。

まあ観光客誘致という狙いがあったのは確かなのですが、たまたま光琳生誕300年ということもあって、波及効果も大きく、多くの美術館などが琳派をテーマにして特別展が開催されました。

琳派という言葉自体は大正時代に美術史関係の人たちが創り出した言葉ですので、或る意味新しいとも言えます。

しかし宗達、光悦から100年経って、光琳、乾山が、その作風に感化され新たな境地を開き、それをまた100年経って、抱一、鈴木其一が、宗達を知ることなく、光琳に私淑し、結果的に、宗達、光悦の芸術性が後世に受け継がれることとなり、その後のものづくりに大きな影響を与えてきたということで、この琳派という一つの美術史上大きな柱が確立することとなりました。

一言で言うと、琳派の作風は渋く、洒落っ気があるといえるでしょうか。

晴れと褻で言えば、どちらかというと褻の色彩の濃い作風でしょう。

安土桃山代から江戸時代初期にかけての、華麗な慶長模様とは一線を画すのですが、今の時代を象徴しているのかも知れませんね。

高度経済成長下の昭和40年代は余り琳派模様は持て囃されることはありませんでしたが、今のように価値観が多様化する時代には、逆にいわゆる洒落もの感覚で、琳派模様が世相にマッチするのかも知れません。

琳派400年という企画年が終わっても、これからも琳派と言う作風は日本の美術史の中で燦然たる輝きをもって継承されていくことだろうと思っています。

光琳、乾山の名品は、ほとんど東京にございます。特に東京国立博物館や出光美術館に所蔵されているものが多いようです。機会があればご覧になってください。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1560

コメントする

月別 アーカイブ