2016年2月アーカイブ

お誂えを中心に

カテゴリー:
3月は12日から27日まで(16日と23日はの定休日)東京におります。 3月は黒留などを中心に、お誂えの会をしてみようかと思っております。 最近高級な黒留袖をお求めになる方が地方からお見えになりますが、所謂地域一番店の高級呉服専門店がなくなってしまい、色々ネットで検索して当店を見つけられおいでになります。 高級フォーマルではダントツの歴史をもち、感性の高いものづくりをしてきたこ

忙しい日々でございました

カテゴリー:
今月は京都での所用(といっても孫絡み)があって、遅く出てきて、早い目に今日帰りますが、来店の方はご予約くださいと告知させていただいたら、見事に、定休日を除いて毎日新規の来店客がありました。 泰三のキモノを見てみたいという方だけでなく、色無地などのお誂え、色々な御相談事、私の話が聞きたいなどの方々が毎日数組おいでになったのですが、すべて私のブログやフェースブックでの投稿を読んでお

協業

カテゴリー:
高級なものづくりをしているところは、下品な安物屋とちがって、安易なコピーなど致しませんし、そ れなりの矜持をもって、特徴ある、個性あるモノづくりをしています。 しかし京都のものづくり、特にキモノや帯は、高度な分業制でなり立っていて、すべての工程を内製 化することは不可能で、みんなで使いあってなり立っている仕事があります。 ただ上物屋と安物屋が流していく道筋は本来相当に違います。

西陣証紙ナンバー1桁の織屋の倒産

カテゴリー:
京都の西陣織の業者には、西陣織工業組合に加盟していると、その機屋に背番号が与えられます。 帯の裏か、端に金地の眼鏡のような証紙がついているのですが、その真ん中に番号が打ってあり それが、その織屋が作ったという証です。 その証紙偽造の事件も過去にありましたが、一応製造保証番号のようなものです。 西陣には帯だけでなく、織のキモノ、ネクタイ、金襴などの業者も混在していますが、全体の通

お名前いただけませんかね

カテゴリー:
私は育ちが悪いせいか、ちょっとものごとをストレートに言います。 所謂直言居士なのですが、時々筆が滑って、書き過ぎのようなこともあるのは確かです。 私は日本文化を継承してきたという自負もあるので、政治と文化が密接に関係しているという歴史に鑑みて、近年の政治ではまさしく日本が守り伝えるべき文化が崩壊してしまうという危機感と怒りで、政権批判をしたりもします。 明治以降の歴史の中での文

私が買う気になってのものづくり

カテゴリー:
モノづくり現場の悲鳴が益々大きくなりつつあります。 株も暴落でアホノミクスの化けの皮がはがれ、強引な金融緩和の副作用のほうがはるかに大きくなるでしょう。木っ端役人の浅知恵ですが、元は知能指数の低い政権の命令ですな。 株高効果の高額品の購入というトレンドは影を潜め、デパートでの価値ないものが高く売れていた購買は止まっています。 調子に乗って値上げした問屋は臍を噛んでいますが、今さ

東洋経済オンライン取材記事

カテゴリー:
1月から続いてきた私への取材記事が今日4回目がアップされました。   http://toyokeizai.net/articles/-/103793   東洋経済オンラインの教育のカテゴリーです。   このことで誰かが何かを思って頂ければ幸いです。   キモノを文化として高所、大所から具体的に発信する人がこの業界では極端に少なく、    私利私欲ばかりの人が目立ちます。   そ

岡山広島方面への出張

カテゴリー:
上質で、良いキモノや帯を販売するのは専門店の仕事です。 そういうものを扱う専門店が頑張らないと、ただでさえ生産が激減状況ですので、かなり近い将来に色々なものが作れなくなるのは必至です。 泰三が作って来たものの中にも、すでに作れないものがあります。 非常に残念ですが職人さんがすでにいませんので、どうし様もありません。 こうしたことが次々と起こっていくことはまず間違いないわけで大変

キモノの着用ルール

カテゴリー:
今あるところの市長選挙があってその市長はキモノをよく着るので、ポスターもキモノ姿なのですが、紬の上下に、襦袢は柄衿です。 市長選挙はいわばフォーマルな席ですので、産地のことを考えても、紬に柄衿は無いでしょう。 市長のキモノ姿のアドバイザーのような存在がいるようですがどうしようもなく最悪です。 今は柄衿は以前と違ってどこにでもしていけるということを言うようですし、TPOも無茶苦茶
1

月別 アーカイブ