まずは色無地から

カテゴリー:

キモノを揃えていこうと思って、まずはどんなものからと思って、知らない呉服屋に入ると、ややもすると紬ばかり薦めてきます。

まずは普段着からという言葉に乗せたられて、ろくでもない紬をとんでもない値で買わされます。

買えないといえばローンを組もうとします。

勿論そんなところばかりではありませんが、柔らかものつまり後染めのキモノの知識がほとんどないので、証紙などがついている堅ものつまり先染め(糸を先に染めて織り込む)のキモノ、その中でも紬を薦めようとします。

織のキモノなら私はまずはお召しを薦めるのですが、モノは良いのにそんなに高価では無いので、普段着と言いながら値の張る紬を薦めるのは購買力のいかんに関わらずいかがなものかと思います。

キモノに慣れてみて初めて紬では色々な場所に着て行きにくいということがわかって、柔らかものを求めようとされるのですが、私共はお持ちでないなら色無地をお勧めしています。

当店では染め上がった色無地は販売しておりません。すべて御誂えでお作りします。

無地なら長浜、柄ものなら丹後の一流の生地を使って、胴裏は最高のものを使い、仕立ては京都のベテランの職人さんに勿論手縫いでお願して、紋入れや場合によっては撥水加工もさせていただいて税金も込みで 22万円で受け賜っております。

最近でパートでも色無地でとても高いものがありますが、純国産糸を使っているからだそうですが、品質面では決していいとも言えませんので、意味がありません。

お客さまに一番お似合いになるような、泰三好みの中間色の上品なお色目をお選び頂き、染上った時に一度必ず目を通していただいて、納得していただいてからお仕立てさせていただいております。

色無地はセミフォーマルなキモノとしてお召しいただけますし、帯を変えることで、色々な席でお召いただけますから重宝いたします。

是非一枚は自分のお好きな色でお作りされることをお薦めいたしております。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1604

コメント(4) | コメントする

はじめまして。
娘の振袖を丹後ちりめんで作ろうと思っています。
着物のことを勉強しようと、こちらのブログにきました。
少しずつ、読んでいます。

いつかは、自分のためにも色無地の着物を作ってみたいのですが、
なぜ、無地なら長浜、、なのでしょうか。

コメントありがとうございます。

白生地の2大産地が丹後と、長浜ですが、長浜は基本的にほとんど無地物を織っています。

柄のあるものはほとんどが丹後です。

ですから長浜のものはほとんどがフォーマル用のキモノに使われています。
勿論丹後でも無地物は生産されていますが、私共はほとんど長浜のものを使ってします。

何が違うかというと、まあ会社にもよるかもしれませんが、私共が使いますのは長浜のいくつかの織屋さんのものです。

ここは経糸に平糸を使うことを基本としています。つまり撚りを掛けない糸です。

方や丹後は駒糸といって、撚りの掛かった糸を使います。

平糸だと高速に織ると糸が絡みますので、駒糸を使って織るよりはスピードを落とします。
するとその分だけ打ち込みがしっかりしますので、腰のある生地が織れるということになりますので、
総じて高級品は長浜のものを使うのが常識なのです。

ただ色無地でも柄のあるものは丹後の生地を使います。


泰三様。
お返事、ありがとうございます。
諦めかけていて、今、気づきました。


わたしは、関西に住んでいますが、
銀座のお店にお伺いしたいと思います。

どうぞ遠慮なくおいでください。おいでになるときはご連絡賜れば幸いです

コメントする

月別 アーカイブ