2016年7月アーカイブ

頑張るしかありません

カテゴリー:
京都に帰っても、東京においでになれないお客様が次々おいでになりお買い上げいただいているのですが、色々なお話を伺うと、本当に地方呉服屋の疲弊と、既存呉服店、デパートなどへの不信など、何処を信用していいのかというような話しを嫌というほど聞かされています。 かつて呉服業界は京都でも基幹産業としてそれなりの地位を占めていたはずですが、今や超構造不況業種として影も薄く、この業界にいわゆる

ピンチはチャンスだと思うこと

カテゴリー:
セール期間も終わりましたが、今月も色々なところから初めてのお客様も何人もお見えになりました。 結局私が作るような、上品な色目の上質なものを扱う呉服屋が地方に皆無なのかも知れません。 勉強もしない、ろくでもない教養とは無縁の京都の恥のような問屋とつきあっていると、自分を見失って、ろくでもない商品と問屋の仕掛ける消費者目線ゼロの店外催事やツアー販売でとんでもない値で売ることに、良心

綺麗なキモノ

カテゴリー:
私の書くブログやフェースブックの投稿を見て、最近毎月色々なところから新しいお客様が来られます。 私の店は東銀座の駅に近いので、羽田から京浜急行で直通で来られますから、飛行機が飛んでいるところだと京都よりも銀座のほうが早いとおっしゃいますし、歌舞伎座からも近いので、観劇がてらおいでになる方も少なくありません。 その方たちが総じてみなさんこんなきれいなキモノを見たことがないとか言わ

空を飛ぶ情報

カテゴリー:
今感謝の会を開催中ですが、毎日のように、都内だけでなく遠いところからおいでいただいております。 まさに北は北海道から南は九州、沖縄から、飛行機で東京まで来られます。 皆さんそれなりに東京になんらかのご用事があってついでということもあるのでしょうが、殆どの方はこのブログを読まれたり、FBのお友達だったりいたします。 なかにはまだ3歳のお嬢様のお振袖をお買いになった方がおられました

選挙と文化と

カテゴリー:
キモノを買わない総理大臣夫人、女大臣という今の国では、海外からの賓客をお出迎えするときキモノを着ようという発想が、ひと昔前なら当然だったのに、今は何とも思わず洋服で行くのです。 海外から来られた方はキモノ姿で出迎えられれば喜ぶでしょうが、そういうおもてなしの心を持たない、茶道一つ知らない、歌舞伎も語れない、勿論能狂言などからきし分からない、文楽など何のことかもわからない女が大き

16周年感謝の会開催

カテゴリー:
9日から19日まで開店16周年記念の感謝の会を開催いたします。 本当に月日の経つのは早いものだと思いますが、開店してからキモノ業界の縮小は著しく、多くの専門店やデパートなども閉店したり倒産したり、キモノ売り場が次々なくなっていきましたが。 特に所謂地域一番店の存在がなくなったことは、生産者側にも大変大きな影響を与え、そういうところで販売されていた高級フォーマルのキモノの生産は現

死ぬまで勉強

カテゴリー:
7月となり、京都では祇園祭に入りましたが、キモノは夏物ということですが、最近は暑い日が多いので、臨機応変に6月からお召しになってもいいですし、9月も暑い日には夏物で十分です。 服飾文化は自然環境に寄って変化して行くのは当然のことでもありますから、特に普段着はそれほど制約を受けませんので、自由に楽しめばいいと思います。 まあ常識の範囲で崩し、着こなすことに楽しみもありますが、それ

楽しく物づくり

カテゴリー:
7月となり、京都では祇園祭に入りましたが、キモノは夏物ということですが、最近は暑い日が多いので、臨機応変に6月からお召しになってもいいですし、9月も暑い日には夏物で十分です。 服飾文化は自然環境に寄って変化して行くのは当然のことでもありますから、特に普段着はそれほど制約を受けませんので、自由に楽しめばいいと思います。 まあ常識の範囲で崩し、着こなすことに楽しみもありますが、それ
1

月別 アーカイブ