啓蒙活動

カテゴリー:

今年もキモノサローネと言うわけのわからないイベントが開催されるようです。

今年の開催要領を見るとまともな呉服などただの1軒も参加していませんし、キモノ初心者がキモノについての知識を得ようと言ったところで何も得ることの無い、無意味な会に益々成り果てて来たという感が強いですな。

心ある人は呆れかえって参加しなくなり、いったい何のために金使っていやっているのかわかりません。

この会のコンセプトが何となくお祭的になって来ていて、本来の啓蒙活動の側面が影が薄くなっているような気がします。

有料のショーもあるようですが私は金出してみようとはとても思いません。

日本最高のキモノづくりをしてきたという自負のある私にしてみると、自らの感性を貶めるような会など行きたくもありません。

本当なら、キモノのTPOやイロハが学べるような展示が相応しく、老舗のものづくり、現代の新しい感性のキモノなどが対比できればと思っているのですが、まさしく何のコンセプトもないようです。

意味のないイベントとなってしまった原因はわかっていますが、私とは相容れない、意味のない会ですので敢えてなにも申し上げません。

ただ梅垣さんなど西陣の人たちの展示は見ていただきたいですね。17、18、19日の3日間、日本橋ユイットです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1649

コメントする

月別 アーカイブ