レンタルきもの

カテゴリー:

京都だけでは無いのですが、近年観光地を中心にレンタルきもの店が増えています。

京都ではその内容がひどいということで、観光公害のように言われているという事実は別にして、各地にそうしたレンタル店が増えているということはキモノを着るということに若い人は抵抗がないということと、インバウンド関連としても伸びているのは確かです。

この動きはまだまだ続きその市場も拡大していくことだろうと思います。

若い女性が観光地でキモノを着るだけでなく、キモノは着たいけれど買うのは高価だし、借りてすまそうという動きは大人の世界にも広がっています。

しかし乍らレンタル用のにキモノというものに、いわゆる高級品などまず存在しませんので、矢張り買おうと言ってお買いになる方がおられるのは確かです。

ただ趨勢的にはそうした借りるという動きは今後も主流になるのではないかと作り手としては危惧しています、

本来きものを売る呉服店自身がレンタル事業を拡大していて、写真館も併設しているということですから、そういうところは販売はますます落ちていくのではないでしょう。

ただそんなところで扱うキモノはまさにペラペラのインクジェットの安物が殆どですから、本物のキモノの生産減とはあまり関係がないような気がします。

そうは言っても、費用対効果でキモノの着用を考える、家の宝として。歴史としてキモノを買うという思想が今以上に薄れていけば、仮に借りるとしても本物に出会う確率は益々小さくなります。

私はもちろんキモノを作り、売るという立場ではありますが、泰三の最高級のキモノへのあこがれを多くの人が持って頂いているということは感じます。

一度はあんなキモノを着て見たいとおっしゃる気持ちもよく理解できます。

かといっても私共がレンタル事業に進出する気はありませんし、そういうノウハウもありません。

ただ当社、当家には泰三の代表的な作品の仕立て上がりのものがございまして、そうしたキモノに限ってはお客様にはお使い頂いてもよろしいかと思っているところでございます。

かつてのように黒留袖を何枚もお買いになるということがない今の時代であっても、それなりのものを違う機会に、違うものを着用したいという思われる方もおられるかと思います。

そうしたときに当家のキモノがお役に立てるのならと、いま検討しているところでございます。

具体的に決まればまたお知らせします。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1653

コメントする

月別 アーカイブ