2016年10月アーカイブ

廃業続く

カテゴリー:
10月もあと1日。早いものです。 今月も当社と同じほどの業歴を持つ、私と同じくらいの経営者の日本橋の問屋が呉服部門から完全撤退するとのことでした。不動産があるので、その運用で食べていけるのだそうです。 実はこういう会社が次々とキモノの仕事から離れて行っているのです。 早い目にそうした収益物件を取得しておいたというのは慧眼のようですが、結局キモノの仕事を生業として貫く覚悟がないの

詐称?

カテゴリー:
当店に時々自分の買ったものが泰三のものか見て欲しいという方が来られます。 すっかりそうだと思っておられる方には申し訳ないので本当のことは申し上げない時もありますが、全て違います。 買われたときのことがよくわからないので何も申し上げませんが、これが私の作品だといって売られたのなら明らかに虚偽ですが、私が作品に泰三というロゴを下前に入れ始めたのは20年くらい前ですので、それ以前は当

業界の若手

カテゴリー:
先日西陣の織屋さんの長男さんの婚礼に行ってまいりました。 長男のお披露目という意味もあり、近年では大きな婚礼で、新郎側はまるで業者の宴会でした。 私は染の関係では唯一招かれたのですがかつてから西陣の人たちとも懇意なので、色々お話ししましたが、染の関係だけでは無く、帯の生産現場も半端では無く厳しいようです。 西陣は帯だけでなく、お召や法衣、金襴、袋物、ネクタイなど織物生産業者の集

選択と集中

カテゴリー:
このところ、色々な企業が事業は店舗を売却したり、買収したりしているのが目立ちます。 従来のその会社の屋台骨であったような事業までも韓国や台湾、中国などに売却してしまうというのは信じられない思いがしますが、中にはよく考えると当然だという、情けない結果のものもあります。 今の日本は大量消費大量生産で、十羽ひとからげで同じものをたくさん作って儲けるというビジネスモデルはなり立たなくな

またまた衣替え

カテゴリー:
この間単衣、夏物に替えたと思ったら、あっという間にまた袷に衣更えですね。 しかし近年異常気象がつづき、今年もとても秋とは言えないような天候が続き、雨も続き蒸し暑い日々が続いていますね。 こういうときは普段着なら、その日の天気に合わせて、単衣などでも構わないですが、さすがに浴衣というわけには参りませんね。 京都の祇園などではレンタルきもの姿が日常茶飯事となって久しいですが、最近は
1

月別 アーカイブ