キモノを着られるようになること

カテゴリー:

キモノを着る人がかつてよりは増えていはいますが、まだまだ日本女性の多くがかつてのように普通にキモノを着るということがありません。

キモノを着ない買わない理由は何かをアンケートすると、私の若いころからその理由はあまり変わりません。

曰く、着られない、高い、着る場所が無いなど、実はその3つはほとんど今も同じです。

高いというクレームは分からないでもありませんが、全て絹で、全て職人さんの手作業で作られているものを求めるのならそれなりに高価なのは当然です。

問題はその価値に見合わないほどのぼったくりの価格を付ける業者の存在で、これは確かに高いと思うものがあります。

高いというと半額にしますなどというような商売人の風上にも置けないような情けない下品な商いをしている者の多いことにキモノ業界の人材の劣化をつくづく思います。

安いキモノはたくさんあります。化繊のキモノも数多くありますから、高いからというのは、それが高いと思うかどうかということなので、そのことが必ずしも売れない理由では無いと思います。

安く無いとキモノは売れないと宣う人が業界でもいますが、高級なキモノの世界を知らない人で、そういうキモノを見たことも無いものに取っては、そんなキモノなど売れるわけがないと思っているのです。
こういう人は伝統文化への造詣など皆無ですし、その背景にあるキモノへの需要を理解しません。

その結果消費者が求めるものとは全く違うセンスのない、低レベルな低品質なキモノが巷に溢れかえりこの業界の全体の質を一段と貶めています。

着る機会がないということもわからないでもありませんが、その機会を求めて逆に伝統文化に親しむ人も最近では増えています。

私が一番問題にしているのは政官財のトップクラスの夫人が着物を着なくなったということで、現総理夫人のようにキモノは着ない買わない、茶道も知らず伝統文化無縁の女性では、まわりも同様に気を遣って着なくなり、着たくても着る機会がないという現実があり、それが高級なキモノの販売や生産に悪い影響を与えています。

おらゆる文化というものには、それを支えるパトロンの存在が肝要ですが、キモノという文化も同様で、その存在が希薄となっているのは現実です。

あこがれの存在となるものづくりが、その高いレベルのものづくりをする人の養成につながりますし、そのものへの憧れが裾野のほうに良い影響を与えていきます。

オートクチュールとプレタポルテという関係です。

上部の文化を求める人がいなければ当然そのものづくりをする人も去って行き、まさに悪貨が良貨を駆逐します。それがたとえ世界味認められる高いレベルの文化であっても、一端消えてしまえば再構築は至難の業です。

今そう言うことになりかねないピンチですし、本物の上物を求められる方は今のうちにお選びくださいと言うのは本当です。

さてキモノを着る人が減ったという一番の原因は、矢張り着られないということにあるのだろうと思います。

洋装化が進んだ昭和50年代というのは、我々団塊の世代を中心に核家族化が進んだ時代でもあります。

地方から東京など大都市に出て、東京で就職してそのまま結婚してマンションを買って住み続けるということが一般的となり、実家に伝わる風習や文化の継承が立たれていくこととなってしまいました。
そのなかにキモノの着付けということもありました。

我々の親の世代は茶道、華道などのお稽古も盛んでキモノも当然自分で着ておりましたが、娘は必ずしもそうでもありませんでした。

当時は嫁入りの時に必要とさfれるキモノ一式を最低箪笥一棹分持たせたものです。

ところが子育てが始まるとお稽古どころでもないですし、キモノも着る余裕もなく、そのうちまわりもキモノを着なくなり、着付けを習っていても忘れてしまったりで、まさにお稽古でもしない限り、
キモノを着る機会もないままに、キモノを着ないで年を重ねてしまいました。

当然ですが、次の世代もキモノを着ることが出来ません。

でも中には茶道などのお稽古をたしなむ人も出て来てキモノが要るとなって呉服店に買いに行ったとき、着られないというと、着付け教室に行けば良いと薦められることも多かったようです。

いわば民族服でありながら着られないということも尋常ではありませんが、お金を出して着付け教室にいかなければならないということもこれまたおかしなことではないかと思います。

キモノの着付けを周りに教えてくれる人がいなければ自分で独学で覚える人もいますが、どこかのポイントを押さえておかねばならないのに、それがないのでおかしな着付けをしている人も少なくありません。

私は着姿に価値があるのなら、どうして簡単に着られる工夫を推奨しないのかとずっと思っています。

キモノは着たいけれど一々着付けを頼まなければならないのでは億劫になりますし、かといって忙しいから着付けを独習するほど必要性を感じないとしたら、簡単に着装できるようにすることが、キモノ愛好家の一番の近道では無いかと思います。

実はそういう工夫は随分昔から試行錯誤されていて、帯でも切らないで作り付けでベルトのように締められる仕立ての方法もあり、私の家内の帯もほとんどそのようにすることで三分ほどで着付けできるようになりました。

本当の初心者には2部式、あるいは3部式、おはしょりを縫い込んで、対丈(ついたけ)で着られるなどの工夫など、以前から存在しているにもかかわらず普及しないというのは、今にも消費者目線がないとしか言いようがありません。

業界の人にそういう話をすると、着付け教室が困るというのです。
もう一つは着付け教室の中には小売りをしているところがあるので、問屋も困るのですな。
それもデパートよりも高く売るというのはいかがなものでしょうか。

美しく着られるように誠意を持って教えてもらえるところもありますが、最初から売りつけるのを目的にしているようなとんでもない着付けチェーン店などが、キモノファンを減らしてしまいます。

安くすればキモノを買うだろう。着るだろうというのは間違っていると思います。

まずは着られるようにする工夫から、もう一度初心に戻って業界あげて取り組むべきではないでしょうか。

消費者目線を持てない流通業者がキモノを逆に売れなくしています。つまり生産が減るバカリに原因は業界自身にあるのです。

私個人的には来年もあたりまえのことをあたりまえにして、本物のキモノの啓蒙に相務めたいと危機感を持って頑張るしかないと思っております。

よろしくご高配のほどお願いを申し上げます。

+

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1667

コメントする

月別 アーカイブ