唯一無二之会(結城と大島産地の若手に依る作品展)

カテゴリー:,

キモノ業界は各産地ともに大変な苦境で、後継者が育たず現在従事している職人さんたちの高齢化は進むばかりです。

最近は紬の売れ行きが鈍ってきて、織の産地の低迷も顕著となっています。

今あるデパートで開催中のバーゲンでも、全体が低調な中で、織のキモノはほとんど売れていないそうで、付下げ、訪問着の購買が多いそうです。

これにはいくつか理由があるように思います。

近年洒落もの中心の販売が続き、キモノ販売の知識のないものは、紬の生地の端の証紙頼りに

売ってきたということ多く、とくにチェーン店などでも初心者に、本来なら小紋や色無地をお勧めす

るほうが良いのに、いきなり普段着からということで紬を薦めていた傾向があります。

ところが最近はキモノを着たいという女性は徐々に都市部を中心に増えていますし、その年齢層

が若返っていくと、知らないからといっても、結構ネットなどで色々調べていますし、口から出まか

せの販売にはだんだん乗せられなくなります。

また最初に紬を買わされた人も、紬では色々なところに逆に着ていけないということに気が付い

て、いわゆる後染めのきもの、つまり染のキモノを購買しようと探されます。

紬を売りつけたような店の販売員は手描き友禅の工程さえ知らないようなレベルですし、正しくコ

ーディネートできるわけもなく、またそういう店においてあるものの品質劣化が著しく、流石に買う

に値せず、色々と勉強されながら探されているのです。

そういう方たちが時々私の店においでになり、付下げなどをお求めになります。

曰く欲しいと思ったものがどこにもなかった、こんな上品で綺麗な色のものはどこにも無かったと

か、実は本当のことですが、消費者が何を求めているのかが売り手にも作り手にも分からなくな

っているのです。

私は有難いことに直接販売する道を開いたことで、そうした動向をキャッチできますが、今のデパ

ートなどバイヤーが店頭にも立ちませんし、販売は問屋派遣のマネキンさんに任せているような

状況では、これからもっともっと消費者の志向とのミスマッチが大きくなって行くでしょう。

形の上で一番そういうことに敏感であるべきバイヤーがそれがわからないというのは嘆かわしい

の一言で、殆どのデパートが、相変わらず問屋の持ち込むものをただ店頭に並べるばかりの

無能、無策です。

これではとてもファッションリーダーにもなれず、大きな利幅だけ要求するがために、小売価格は

上がる一方です。

紬も調子に乗ってとんでもない値で売っているところがありますが、基本的に織物は同じものが

他にもあるということですし、価格もばらばらという情けない流通状況に改善が全く見られません。

作家モノと称する粗悪なものも増えており、少し着るとお尻のところが割れてくるような織物のをと

んでもない値で売っていたりします。

結局こうした消費者のことを考えないこの業界は作り手を殺しにかかっています。

ただまあ救いは、まだまだ私も含め真面目に良いものを作り提供したいという人たちが頑張って

いることです。

非常に前置きが長くなりましたが、そういう産地の歴史、伝統を育み次に伝えようと努力されてい

る方たちの最近の動きとして、消費者に直接そのこだわりを見ていただきたいということで、

定期的に作品展をされているのですが、その一つに、

「唯一無二之会」があります。

これは結城紬と大島紬の産地の若手が一緒になって切磋琢磨して始められた作品展です。

実は私も結城のこの人たちの作品展は何度か個別に私の店でも開催させていただいたのです

が、残念ながら販売力がなく、彼らは努力して今の形で続けておられます。

東京では銀座でいつも開催されます。

今回は2月13日(月)~18日(土)までで、銀座第7ビルギャラリーというところです。

詳しくはHPをごらんください。http://muninokai.jp/top

実は基本的にはこの会は業者向けということで、消費者の来店は専門店などのご紹介ということ

になっています。また購買も出来ますが、直接小売りはされませんので、それもお付き合いのあ

るお店を通じてということになっております。

ご興味ある方は当店にご連絡ください。店からごく近いところですので、都合つけばご一緒します。

なかなか興味あるものづくりをされていますし、私が断言しますが一見の価値はございます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1675

コメントする

月別 アーカイブ