ターニングポイント

カテゴリー:

色無地のお誂えの会を開催中でしたので、すこし投稿がお留守になっておりました。

今月も初めてのお客様がお見えになってご注文頂いておりますし、小さな店としてもこうし

た情報発信の大切さ、その効果を享受いたしております。

先日もある老舗呉服店の周年の大きな記念展示会があって、色々モノも揃うだろうから

そのことを私もSNS等で投稿させてもらおうと思ったら、そのお店のHPには案内が掲載されていなかったので辞めましたが、今までもお客への案内だけのようですので、新規のお客獲得に良い機会なのにもったいない話です。

どんなお客が来られるかわか分からないですが、それを恐れていては新規客は取れません。

お客の世代交代に合わせて適宜対応するためにも、やはり情報発信は怠りなくしなければなりませんね。

ところで先日来も産地の色々な情報を聞いたのですが、生産は落ちる一方かつ高齢化という流れに歯止めがかからず、

職人さんの平均年齢が70歳に近いという状況ですから、ハッキリ言って、もう後継者育成が可能な時期を過ぎてしまっているような気がします。

教えるのは体力が要りますし、高齢になるとそれがしんどくなります。

弟子を取るには年を取りすぎたということと、食わせる自信がないということでしょう。

若い人の参入が無いと、確実に高齢化がますます進み、健康上の問題が一番大きいのですが、あるところから堰を切ったように現場を去って行くでしょう。

大変残念ながら手遅れ状態のような気がします。

できるだけ延命を図って奇跡を待つとはいっても、需要自体がまだ細っていくのであれば、奇跡もおきません。

過日もある大手の着付けチェーン店の経営不安がささやかれていますが、着付けチェーン店というのは実は小売り業者であって、そこに納めているものは心配しております。

レンタル店は、特に観光地好調で、インバウンド需要で伸びています。

写真館などは競争が激化していて、収益は下がっていますが、それでもキモノを売っている店よりは好調のようです

今後もそういう動きが拡大すれば、モノづくりの未来は、インクジェット全盛となり、我々のような業者は食べていけなくて辞めていくことでしょう。

何とかしなければという思いと、もうここまで来たら仕方が無いという開き直りが相半ばしている状態のような気がします。

何とか質の良いものの需要を拡大することに尽きるのですし、頑張らねばとは思いますが、私自身の消費期限もそろそろかなという思いもするこの頃です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1678

コメントする

月別 アーカイブ