2017年3月アーカイブ

健康一番

カテゴリー:
京都はキモノ業界で言えば一大生産地ですが、ご案内の通り、年々歳々生産は減退の一途で、まさに激減状態となっています。 もちろんそれは消費の減退、販売数量の減少によるものであって、不可抗力とも言えますが、なぜ売れないかということに関しては単なる景気のせいばかりではない業界の事情があります。 それは別にして、生産者側のストレスは半端ではなく、それがためか、最近健康を害している人を散見

諦めない

カテゴリー:
京都に帰ると色々と雑事のほかに物作りの仕事も待っているのでそれなりに忙しく日々が去って行きます。 私にとって、和の仕事は和の環境の中だと、その気になれますので、やはり京都でないと制作意欲はわきません。 職人さんの高齢化などを考えると、本当に過去と同じようにはもうできないところまで来ていますので、私ができるのもそう長くないかもしれません。 ただキモノを着るということに関しては、以

梅垣の帯展

カテゴリー:
西陣は織物業者の集まる地域の総称ですが、一部袋物や金襴などの業者を除いて、特に最大 の品目である帯の生産が減る一方となってします。その生産状況は危機的とも言えます。 そんな中でも必死に、上質な上品な作品を作り続けておられる梅垣さんは小さな織屋さんとは言え、西陣を代表する存在です。 特に高級な引き箔のフォーマル用の帯は、その品質だけでなく、重厚で、品格が高く他社の追随を許しません

振袖の見極め

カテゴリー:
最近振袖をお探しの方がおいでになるのですが、泰三の振袖の良さはよくご理解いただいても、少し値が張りますので、予算に合わなくて断念される方が多いのも確かです。 実際大体100万円まででお探しの方が多いのですが、泰三の振袖は世界に1枚キリの手作りですし、時間もかかりますので、どうしても高価なものとなってしまいます。 手描き友禅でも、本友禅、つまり糸目糊置きをしたものだと、柄の重

正統とは

カテゴリー:
忙しさに取り紛れ。少し投稿がお留守になっておりました。 キモノ業界はまあこれといって良い話もなく、大手着付けチェーン店が倒産するとか、銀座の比較的大きな店が閉店するなど、ろくでもない話ばかりが飛び交っています。 産地の苦境を理解しない流通業、リスクを張らない小売店などは衰退の一途ですし、 これからも本物志向で物づくりをして行きたいものに取っては茨の道です。 いまや歌手の名で作ら
1

月別 アーカイブ