振袖の見極め

カテゴリー:

最近振袖をお探しの方がおいでになるのですが、泰三の振袖の良さはよくご理解いただいても、少し値が張りますので、予算に合わなくて断念される方が多いのも確かです。
実際大体100万円まででお探しの方が多いのですが、泰三の振袖は世界に1枚キリの手作りですし、時間もかかりますので、どうしても高価なものとなってしまいます。
手描き友禅でも、本友禅、つまり糸目糊置きをしたものだと、柄の重さなどにもよりますが、現在の業界の正常な流通をもってしても、100万円以内での販売は、新規生産のものでは難しいのです。
それでは100万円以内でどんなものがあるかと探すとなかなか気に入ったものがないと言われます。
染のキモノは大きく言うと二種類あります。
1つは手描き友禅、もう1つが型染です。
手描き友禅の中には、すべて手作業だけのものと、糸め糊置きを型で代用するものがあります。糊を型で置いて、挿し友禅は手でするものです。
見た目は本友禅と変わりませんが、型を作る分同じものを何枚も染めますので、価格が下がります。とはいってもそれにも色々差がありますし、その良し悪しはよほど友禅のことをご存じでなければわからないでしょうし、今どきの経験の浅い売り手では理解できないと思います。
型染はもっと色々な製法がありますので、その価格差を正しく説明できる人は少ないでしょう。当然消費者はもっと混乱すると思います。
まあ簡単に言えば、チェーン店などで売っているフルセット20万円とか30万円で販売されているものは、生地ペラペラのすべてほとんどインクジェットプリンターを使ったものです。これも広義にいえば型染と言えます。
近年は染料を直接吹き付けるものがあるので、製法を言わなければわからないものもあります。
だからと言って高い値で売りつけるというのはどうかと思いますね。
型染は本来手で型を送りながら染めていくのですが、できあがりが機械染のものとあまり変わらないため、どんどん業者も減り、職人さんもいなくなってきました。
型染は捺染というのですが、捺染に関してはインクジェットやロール捺染という機械染めが主流となり、手捺染の業者自身がインクジェット染めをしています。
型染は基本的に数をつくりますので、同じものが日本中に出回りますし、その間の流通業者の軒数や程度によって、価格も相当に幅があることは確かなのです。
ですから、消費者もどこがリーズナブルな価格でまじめに商っているかも分からず、迷いに迷って当店に相談におみえになる方もおられます。
デパートは比較的真面目な価格だとかつては言っていましたが、最近のデパートdンやの値付けも必要以上に高く思えますし、必ずしもリーズナブルだとは最近は思えません。
娘の振袖を予算百万円で買うという人は今どき貴重な存在ですが、その人たちが納得できるセンス、質、価格のものがないというのは残念なことです。
皆さん泰三の振袖は買いたいけれどと言われますので、何とか100万円以内で売れるようなものを作ろうと思ったりもしますが、今のつくり方であ、少し無理がありますので、どうしても手を落としたものを作らざるを得ません。
ただそれでは多分中途半端でお気に召さないと思います。
泰三のものでなくてもどうしても私どものアドバイスしてもらいたいという方もおられるので、その時は私がこれならと思うものをお世話していただくこともござおます。
仮に同じものがどこかにあるかもしれませんが、私のアドバイスなら安心だと申されるのです。
そのように思っていただけるのは有り難いとはいえ、真面目な呉服屋さんにたどりつかないということが一番の問題なのだろうと思います。
今申し上げたように型友禅の値段などというのは本来メーカーが希望小売価格を設定していないことが市場が混乱する原因であることは間違いないのですが、設定されると旨味がないなどと思う業者の声に引きずられいまだに実現できません。
とりあえずお分かりにならなければ何でもご相談ください

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1680

コメントする

月別 アーカイブ