友禅生産統計 平成27年度

カテゴリー:

昨年の友禅生産統計が先ごろ発表されていますが、まあ単純組合統計だけに、必ずしも実態を完全把握しているとは言えませんが、傾向を知ることは出来ます。

これによると昨年の生産は、一昨年より9%強落ちており、総数でついに40万反を割り込みました。昭和46年が確かピークでその時の生産数は、1650万反くらいあったはずですので、ざっと2.2%強くらいまで落ち込んでしまいました。

とんでもない落ち込みですが、そんな中で唯一生産を伸ばしているのがインクジェットによる振袖と、機械捺染の化繊、合繊の着尺です。
これは明らかにレンタル用のキモノであろうと思われます。

インクジェットによる振袖の生産は年間生産数の50%以上ですし、そのほか型染めのものを足すと、97%ほどになり、本格的な手描き友禅の振袖の生産は3%くらいしかありません。

京都の重要な伝統産業に品目でもあった京手描き友禅の生産は、一時期下げ止まった感があったのですが、再び大幅減産となり、全体の生産数の中でも20%もありません。
ほとんどすべての品目で生産が落ちていますが、もっともその減産率が大きいのが黒留袖です。
かつて最も生産の多いのが黒留だったことを思うと隔世の思いが致します。

本当に良い黒留を探すのはますます困難となってくるのは目に見えており、このような生産実態は、職人さんの高齢化などもあって、廃業の加速度的増加を見ることになるでしょうし、良いなと思ったら迷わず今お買いになるべきだというのは本当です。

西陣も同様ですが、真の高級品の生産は10年先はほとんどなく、直近5年だろうという憶測は間違いがないのかもしれません。

手のある職人さんの平均年齢は統計がありませんが、多分70歳を超えていると思われ、後継者はほぼないという状況ですし、加齢からくる品質の低下は避けられないでしょうし、第一材料がなくなりつつあります。

昨年も同じような寂しい話を書いたと思いますが、益々危機的な状況が目の前まで来ていることをひしひしと感じております。

ここまでくると厭世観が漂い、業者としても後継者のないところが多いので(私もそうなのですが)、健康上の理由などもあって、堰を切ったように廃業が増えるでしょう。

キモノを着る人は増えても販売はまだ減り続けていて、レンタルや古着だけが増えていくという現状では、業界としても打つ手がなく、公的な力で技の継承を考えてもらいたいと切望していますが、これといった具体策は見えません。

一生のうちに一度あるかないかという叙勲の席でも、購買力のある人でももったいないからと言って貸衣裳で済ませる人がどんどん増えているという非見識になんの衒いもなく、恥とも思わないという今の日本の状況下では、絵が描けないのも仕方ありませんし、真の上物の生産がそう遠くないうちに不可能となることは現実のものとなるでしょう。
それでなくても作り手の世代交代で、不勉強この上なく、ろくでもないものしか作れなくなっているということも確かです。

業界のピーク時にこの業界に身を投じ、最高から最低までをつぶさに見て来た私としては、そういう不幸なことを生きている間には見たくはないのですが、可能性はあります。

私自身の周りも次々と業界を去っていき、克己心や闘争心も薄れつつあるのも本当ですが、お客様の応援で何とかぎりぎり頑張っているというのが本当のところです。

いつもくらい報告ばかりで残念です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1687

コメント(6) | コメントする

高橋さま
こんにちは。
深刻な後継者問題、伝統産業ではどこも頭の痛い悩みでしょうが、着物産業は殊の外深刻なのだと感じ、切なくなりました。このままでは、技術を継承したいと職人を志す若者がいても、教えてくれる人も場所もなくなってしまうのでは……。
いっそ、高等専門学校のように、技術を教え、職人として育てる学校をつくってしまったらいいのに、と思ったり、それも産業として景気がよくならないと難しいのかしらと思ったり……。とりあえず消費者としてできることは、何より本物を選び購入することだと思うのですが、これも、庶民にはない袖は振れぬのでままならず……。とにかく! 我が子の晴れ着は本物を用意してあげたい! 私も本物の黒留欲しい! と感じました(笑)

着物が好きで好きで自分で着物が着れたらいいな~と、いつも憧れながら思ってました。 
娘の結婚式での留袖に合うバックと草履きを近くの呉服屋に見に行ったら、その呉服屋の奥さんが「着付けを教えてます」って言ってたので、早速申し込みました。

着付けを習っている間に、見事にこの呉服屋の次々商法にかかってしまい、今ローンで苦しんでいます。
今の私には、呉服屋=詐欺師と思ってしまうほど精神的ダメージが強いです。

せっかくの日本の伝統文化である着物を呉服屋自らが消してしまっているのではないかと思います。とても残念でなりません。

全く嘆かわしいほど程度の低いくず業界に成り下がりました。
総体では真面目な人の方が多いはずですが、人と平気でだましてなんでも売りつけるNCや、そこと結託する大手問屋の姿勢は詐欺とも思えるひどいものです。
そのとがめを受けて、今そうしたことをしてきたNCはどんどん売り上げが落ちています。当然ながら大手問屋の窮状も半端ではなく、倒産や呉服からの撤退が相次ぎます。
あまりにも疲弊した今の状況では優秀な人材など来ることもなく、作り手は次々と現場を去っていきます、あと5年で上質なモノづくりは出来なくなるだろうというのはモノづくりをする者の共通認識です。流通側にまともな人材が増えない限り、そうなってしまうでしょう

黒留袖の最高級品など近年ほとんど生産されていません。
泰三の作品も貴重なものとなってきました。
私もそうは作りませんので、まさに早い者勝ちという状況でしょう。

呉服屋で購入した着物は、自らこれが欲しい!お品ではなく強引に半ば強制されたお品です。
私が夢に描いていた、着物が着れるようになったら自分の着物を見る目を養い、納得できるお品を選ぶ夢を、ことごとく「うちの店ほど安い!安い!」と豪語して買わせる呉服屋。もちろん買った私にも落ち度があります。
だけど、今もって一流の着物と帯を見たい。
もう一生分の着物があるので、買う楽しみは奪われましたが、一流の着物を見たい願望は今も消えずに残っております。
東京へ出かけた折りお店へお伺いし、一流の着物を見るだけでもよろしいでしょうか。

夢子さん

同じようなことをおっしゃる方は多いです。どうぞお気軽においでください。本当にr区でもない呉服屋が多いので私は卸の道をほとんどやめました。
勉強もせず見識もなく、とてもプロとしての自覚に欠けます。
これからも低級な思想を持った者だけが起業していくようならこの業界も消滅です。
おいでになるときはご連絡ください

コメントする

月別 アーカイブ