お洒落なお召し「木屋太」の作品展のご紹介

カテゴリー:

梅垣さんの帯の会は終了し、改めてその上品で上質な誠意あるモノづくりをご紹介させていただいて私自身嬉しく思っております。

引き続き同様に西陣で本物にこだわる「今河織物」さんの作品展を開催いたします。

 開催日は5月11日(木)~21日(日)で、17日は定休日です。

http://kiyata.jp

   
今河織物さんは本物のお召しの製品を作り続ける数少ないメーカーです。
その製品を「木屋太」というブランド名で発信されています。

今のご当主がお若いので、感性もやはり同様に、現代にマッチするお洒落なモノづくりをされています。

お召しというのは、強撚糸の緯糸を使用する縮緬組織の着尺のことを言います。

特徴的なのは、右撚り、左撚りの糸を二本ずつ交互に緯糸として織り込んでいきます。

織るときに糊付けしてあるのを、織り上がった後に湯の中で戻すと、撚糸がそれぞれ食い込んで、ざらっとした生地風が生まれます。

この生地風を徳川家斉が愛でたので、偉い人が着るキモノという意味でお召しと呼ばれるようになったとのことです。

それは定かではありませんが、本来はそのお召し緯(ぬき)と呼ばれる緯糸を使わないと本来お召しとは呼べないのですが、近年専門業者が2軒しかなくなり、いくら生産が以前に比べ激減してはいても、西陣全体の緯糸をすべてその2軒で作ることは不可能で、壁糸という特殊な糸を使ったり、単に平織の紋織物でもお召しと呼ばれています。

つまり西陣で織られている着尺(キモノ)を総称してお召しと呼んでいるのです。

この技は日本中いくつかの産地に伝搬されましたが、京都のお召しのような丈夫な組織ではありません。

Yの産地のものなどはスリップといってお尻のところが少し開いてしまうことも多いようです。

西陣の方が糸も、品質もはるかに上質で、かつ京都には豊かな意匠力があります。

昭和の一時期、関東の桐生地方で織られる桐生お召しが数量的には上でしたが、作りすぎがたたり、あっという間に消え去ってしまいました。

西陣のようにコツコツといいものを織るというのではなく、程度の低い見識でバカほど織った報いでした。

とはいうものの西陣でも近年お召しの生産も急速に減っており、お召し本来のお召し緯が作っていけるのかという問題が付きまといます。

そんな中でも今河さんは、本来の製法を正しく守り続けておられる織屋さんです。

お若い感性ですでに情報発信は以前からされておられますし、ご存知の方もおられると思いますが、当店でも是非一度皆さんにご紹介をさせていただきたいと今河さんにお願した次第です。

是非一度ご来店され新作も含めたそのお洒落な着尺や帯などをご鑑賞ください。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1688

コメントする

月別 アーカイブ