染の北川倒産

カテゴリー:

京染呉服製造卸業として、当社の同業でもあった北川が破産申請をしました。

私の若い頃は業界でもダントツの存在で、実際良い物を作っていましたが、今の経営者に交代してから、坂道を転がり落ちるように業績が悪化していきました。

まあ無能の極地のような男でしたので、いずれはこうしたことが起きるだろうとは予想していましたが、何よりだめだったのは、以前はオリジナルのものを悉皆屋に作らせていたのに、いつの頃からか、名のある悉皆屋のセンスを利用し始め、いったい何がオリジナルなのか分からないようなモノ作りをしていたことだろうと思います。

高級品というのはやたら柄の重いものだというセンスの悪さで、実に田舎臭い作品を作っていたので呆れておりました。

商いも無節操にどこにでも売りますし、それも価格もむちゃくちゃで、結局何の戦略もなく、理念、信念も皆無でしたね。

近年の市況悪に、悉皆屋への支払いを悪くするという一番してはいけない無能経営で、
その癖いつも大言壮語するありさまで、まあ当然の帰結ではあります。

仕入れ先に金をろくに払わない、払えない会社で生き残ったところは皆無です。

中には払えるのに払わないというずるいものもいますがキモノ業界にはこうした商いの常道さえ守れない、商いをする資格がない輩がまだ山ほどいるのは本当に情けなく嘆かわし限りです。
そういうところにものを納めるということ自体もナンセンスですが、売り先がどんどん細くなっていったので、致し方なく付き合っていたということが結局は痛い目に遭うことになるのです。

今回真面目な悉皆屋さんが数多く被害に遭います。大半は金融債務ですが、一般債務でも1億円はあるようです。
この会社は一応高級友禅を主体としていたので、今後一段とそういうモノづくりは細くなり、市場から良い物が次々と無くなっていくと予想されます。

悉皆屋の中には廃業を考えるものもいるでしょうし、そうなるとまた職人さんに仕事が行かなくなりますし、職人さんも辞めてしまいます。

手描き友禅業界の落ち込みは甚だしく、この先のものづくりに益々暗雲が立ち込め、ものづくりは暗中模索状態です。

もう一つは流通への悪影響が考えられます。

ここのキモノは雑誌やネット販売でも結構名が出ていますので、この在庫を安く買い取って市場に流す輩がいると予想され、それが市場を乱します。

またここを利用していた問屋は益々もの集めに苦労し、特に高級品はほぼ皆無となっていくでしょう。

問屋がかつてのようにリスクを張ってものづくりをすればいいですが、今やブローカー化している問屋にそんな能力さえありません。

泰三のキモノなど益々お宝化して行くような気配で、業者の若い連中でもいいものなど見たことないので、私の店に来て、色々見せてあげると驚嘆しています。

本物、上物を見たこともない連中が作り、商い、見たこともない消費者に売っていくので、我々から見ると本当に陳腐なものが大きな顔をしているのは暗澹たる思いです。

小売り屋、問屋があまりにもリスクを張らず、メーカーにすべてリスクをかぶせてきたことが、ものづくりの減退の大きな背景ですが、今さら元には戻りませんし、次々と市場からモノづくりをする人が去っていくと考えられます。

高級フォーマルはこの国にとっても大切なキモノですが、このままではほとんど作れなくなっていくことでしょう。そしてみんな貸衣裳になっていくのかもしれません。

私の時代が終わったのかなと思うことが次々周りで起こり、残念な思いとは言え、低級化への流れは変わらないでしょうし、仕方がありません。

需要無くしては供給はありませんのでね。真面目な商いをしていれば潰れることは無かったと思いますが、何とももったいない会社がなくなってしまいました。

昔から知っていた会社や人が次々といなくなっていきます。寂しい思いをするこの頃です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1695

コメント(1) | コメントする

本当にそうですね

コメントする

月別 アーカイブ