2017年6月アーカイブ

金払いを良くしたところで

カテゴリー:
経産省が、和装振興協議会なる集まりを開催しています。前身は和装振興研究会だったようですが、11月3日のキモノの日に経産省の担当役人だけがレンタルキモノを着るという、振興とは名ばかりのまさに無残この上ない結果で終わっています。 全省庁だとか、国会議員だとかが着るというのならまだしもマスコミを入れて自分たちがレンタルキモノを着て仕事をしているところだけを写真に撮らせてプレスリリース

冒険をさせること

カテゴリー:
先日まで付下げの会をしておりましたが、来店された方が全員、こういう本物の上品な綺麗なキモノが欲しかったのに、どこに行ってもないだとかおっしゃいます。 確かに最近のデパートの染のキモノを見ると、色もそうですが、値段もやたら高いし、消費者目線ゼロだと思ってしまいます。 バイヤーだとかMDだとかと言う、かつても仕入れ方の社員も、いまでは女性もいるのですが、物が分かっているとは思えませ

残念ながら

カテゴリー:,
私は以前から、文化レベルと政治の話を書いておりますが、現在そういう意味で、日本国 の歴史の中で、政治力が過去最低の世界の恥さらしレベルであることは間違いの無いとこ ろで、総理以下、日本の文化も知らないような屑レベルの男が平気で大きな顔をしていて 税金をふんだくっています。当然ですが文化レベルなど最低に近く、田舎くささがぷんぷんしています。 こんな連中にいくら日本伝統文化の価値や

寂しい思い

カテゴリー:
東京の業界の同世代の知人と久しぶりに会食をして、昔話などをしましたが、全国呉服青年 連合会という組織があって、私は京都のある青年会から、その組織に出向していたので、東 京だけでなく全国の小売や問屋の青年会の人たちとも交流がありました。 当時はキモノ業界もまだまだ隆盛で、その連合会は毎月京都で月始めに種々の情報交換や懇親を深めており、年に一度は各産地持ち回りで全国大会があり、それ

需要喚起

カテゴリー:
中国から帰ってきて、中1日で再び東京に出て参りました。 今月は付け下げのお誂え会をいたします。 自分のお好きなお色目で、好きな柄で、予算内でお染しようという試みです。 過日色無地をお染いたしましたが、大変喜ばれております。 最近私もデパートなどでも上品な色目のものがほとんど無いというのが現実で、売り手、作り手の勉強不足も甚だしいというのが現実です。 この間も高級手描き友禅を主と

中国との交易

カテゴリー:
1年ぶりに上海に来ております。 京都本社の(株)染の聚楽は先代以来安土桃山時代後期から江戸時代初期の絢爛豪華な衣装をベースにして、華麗な作品作りを手がけており、特に縫箔での表現では他の追随を許さないものと自負しております。 総刺繍のキモノも過去からずっと手がけておりました。 そんなおり、たまたま昭和49年に、機会があってあり中国の刺繍の技の視察に訪れて、その精緻な秀逸な技に出会
1

月別 アーカイブ