冒険をさせること

カテゴリー:

先日まで付下げの会をしておりましたが、来店された方が全員、こういう本物の上品な綺麗なキモノが欲しかったのに、どこに行ってもないだとかおっしゃいます。

確かに最近のデパートの染のキモノを見ると、色もそうですが、値段もやたら高いし、消費者目線ゼロだと思ってしまいます。

バイヤーだとかMDだとかと言う、かつても仕入れ方の社員も、いまでは女性もいるのですが、物が分かっているとは思えません。

かつてキモノ業界が華やかりし頃はデパートも買い取りが中心でしたから、仕入れ方もそれなりに目利きがいたのですが、いまはほとんどすべてが委託となり、一番肝心な品揃えに真剣みがありません。

従来からの問屋との取引だけに甘え、問屋を利用し、問屋の持ち込むものを並べているのですが、店内においておくと色焼けなどするので、本当に良い物を持ち込みません。

店外の料亭などに外商の富裕層のお客を対象に売る販売会で数字を作っているのが現実で、そのときに良い物を持ち込むということが多いので、普通の人はそういう逸品を見ることもありません。
とは言っても最近は製造段階でも特に高級な染めのキモノは激減状態となっているので、作家物とかに頼ろうとし、商品の質の低下は半端ではありません。

こんな時だからこそ、リスクを張って品揃えに腐心しなければなりませんが、普段から勉強していないので何を仕入れて良いのかも分からないような気がします。

どの店もこれからは、差別化を図るようにしていくのが生き残る道です。
デパートにしても差別化はすなわち、商品力とそれを知識のある販売員で売っていける人材の確保、教育が大切です。

良い物とは何かというのも結局若いうちから感性を磨いておかなければなりません。

いわゆる安物ばかりしか見たこともないものは、私の作品を見て何の感想も出ません。
つまり高級品の何かが分からないのです。

人を育てるには時間もかかりますが、お金もかかります。
物の良し悪しが分かるようになるには、良い物に出会い、お金を使うことです。

キモノも仕入れて見ないと分かりません。物作りなら自分でやってみないと自分の身になりません。

若いうちからそうしたチャレンジをさせることが一番の教育です。

頭の中だけでいくら分かっていてもそれは分かったふりをしているのと同じです。

若いうちに冒険をすることが後の人づくりとなるのです。

デパートもそうした人材教育をしてほしいものだと思うのですが、目先の利益優先経営では、人の大切さをないがしろにするのではないかと危惧します。

デパートは良心的な作品の最後の砦となると思いますし、そうした見識をもって明菜手もらえない物でしょうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1701

コメントする

月別 アーカイブ