NEEDSとWANTS

カテゴリー:

物作りに欠かせない消費者ニーズと言う言葉は今や常識ですね。
マーケットインだとか、マーケティングではよく使われるわけですが、キモノ業界での消費者ニーズというのはどんなものでしょうか。

現代ではキモノのことを知らない消費者だけでなく、売り手も素人同然というような人が嫌というほどいるような時代です。

そんな人たちがどんなニーズを持っているのか。作り手としては何も分からない、ただ売れれば何でもありというようなことでは、作り手は本当に迷いますし、方向性が見えません。

第一価格ありきのようなことを言われては、良い物が出来るわけなどありません。
NCなどはとんでもない利益率を要求するので、逆算してくると作り手はその上代価格の10分の1以下でモノを作れなどと言うことになってしまいます。

こんな消費者ニーズなどは本来の意味とはかけ離れていますし、こんな物作りは自らの技の劣化を招き、結局自らの首を絞め、継続できなくなります。

流通環境が尋常でない、作り手を食わさないシステムでは、知識も無いような流通業者の注文など消費者ニーズでも何でも無く、そんな物知らずの連中の言うことなどに耳を傾ける必要はありません、

私があまりにもそうした業者の勉強不足を嫌と言うほど見てきて、オール委託になって物を言うだけでしかも売れないような連中の言うことなど全く無視しています。

そもそもこのニーズという言葉は業種にも依りますが、本来意味がないのではないかと思っています。

私は常にWANTSと言う言葉を意識したモノつくりを意識しています。

どんなキモノを作れば欲しい、買いたいと思うだろうか。それを作り手から提案すると言うことです。

そのためにはその買う人の立場で物を考えることが必要です。その方の背景なども勘案して提案するのも当然です。

その方がどんな場所でのキモノを必要としているかということに対応すること、それこそがニーズですので、キモノは本来それぞれの固有のニーズに対応することが基本であって、十把一絡げでは考えるべき物では無いのです。

それなのに、同じ物をたくさん売りたいという業者側が勝手な理屈を述べて買わせようというのは、NEEDSもWANTSも無視しているので、こうした販売は長続きもしませんね。

本当に良い仕事をする人は、手は抜きたくないし、最高の満足できる仕事をいつも目指す物です。

私も作れば売れると言う時代でも決して手を抜くことなく物作りをしてきたつもりですが、特に、バブル経済がはじけた後、これからは高級フォーマルは売れないなどと勝手なことを言い出した、流通業者の声が多かったのです。
それは真にキモノを愛している者の声ではなくて、売れるか売れないかというろくでもない連中でしたので、そんな輩の声に惑わされることなく、今まで通り最高のモノ、後世に残して恥ずかしくないモノ、自分として後悔のない物作りをしたかった、それが泰三の生き様だと思ったのです。

ただ確かにバブル期のようには売れないし、その品種も変わってくるだろうというのは想像できましたが、従来の得意先の専門店などは策がなく、放漫経営で、リスクもすべて作りてに転嫁させようとしていたので、物作りの方向を変えたくなければ、従来からの流通を変える必要があるという思いから、製造小売りへの道を選択したのです。

私の想像は的を得て、従来の得意先からは高級なキモノの注文はほぼ皆無に近く、当然買い取りもゼロですから、もし製造小売りをしていなければ私の思いは果たせなかったと思います。

高級なキモノが以前よりも売れなくなっているのは確かですし、その原因もさんざん私も指摘するところですが、WANTSのあるモノには、必ず潜在的需要はあると信じていて、過日もある意味衝動的にも高級な泰三のキモノをお買い上げいただいております。

可処分所得としては実はバブル期よりも多いということですし、いわゆる富裕層の人数自体も増えているのです。

そうした人たちがどんなキモノなら買いたいと思うのだろうかと言うことに私は腐心して参りましたので、その思いが通じお認めいただくことは作り手としても本当に無上の喜びで、そのキモノをお召しになって、周りの賞賛と感嘆と羨望の的となって、最高のお喜びの声を聞くたびに、つくづく思いきって勇気を持って前に出て良かったとその都度思うのです。

買いたいという女性の目線で物を考えるためには、そういう人たちがどんなところでどんなキモノを着ているかという生の現場の情報を自ら得ることが大切ですし、作り手としての感性を磨くための勉強も怠りなく続けなければなりません。

最近デパートの画廊や美術展でキモノ業界の人にほとんど会わない(まあ以前からでも東京の呉服屋でも数軒除いて何の勉強もしていませんでしたがね)のはどうしたものかと思います。

ネットでコンテンツをダウンロードしてコンピューターで編集してインクジェットで染めるというような物作りが本物であるわけもなく、その作り手の魂を感じません。

しかしそれが今や主流となっては、作り手の命を掛けた真剣な物作りをしようと言う人もいなくなっていくでしょう。
本来売り手が作り手のそうした思いを斟酌してやるべきですが、今ではほとんどそういう人もいません。
何でもかんでも作家ものと称するようなものしか売らないとか、とんでもなく下品な売り方をしているものが、大声出して売れ売れと言うものが、名店などと紹介されているような状況ですし、作り手の正しい情報は自ら発信することが重要ですし、WANTSを掻き立てるような物作りに徹することです。

私は正義を貫けば必ずやその思いは通じるという信念を強く持っていますし、現実に実現できてきました。

ちょっと不器用でもお客がその店で、そのものを買いたいと思わせるように、それなりの戦略を持って前進するしかありません。

この仕事はある意味楽に儲かっていた時代があり、2代目としてそういうことを享受した世代はまさに無策で無様に次々倒産していったものです。

商売は命がけです。自らの思いを果たすために、自宅に担保を入れ、その上保証人にならされていた時代でしたし、失敗すれば路頭に迷うのだという危機感を持って、経営者自らが率先して我慢するところは我慢して頑張るのは当然です。

先代死去以来満30年となりますが、急激なリセッションのなかでも、社員、仕入れ先、諸口、すべて支払う義務のある物を滞らせたことは一度もありません。

それが大きな信用と信頼関係を構築する最低条件です。

私は後継者づくりに失敗したので、社長としては失格ですが、物作りのノウハウはすでにあるところに伝えていますし、売り手としてはたとえ店があろうがなかろうが、我々を頼りにされる方には一生務めることになると思っています。

残念ながら私が命がけで頑張ってきた物作りが、物理的な理由から果たせなくなりつつあるという事態が予想よりも早く訪れているのは残念です。

少なくとも今までのことに後悔はなく、亡き父の遺志は十二分に伝えることは出来たと言う思いです。

命ある限り何かの形ではキモノ文化に関わるとは思いますので、お聞きになりたいことがあれば遠慮無くどうぞ。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1704

コメントする

月別 アーカイブ