新規客の獲得

カテゴリー:

最近の呉服市場はいい話がありませんが、実はアパレル業界も大変だそうで、京都にもプリントをする会社が古くからありますが、相当に苦戦だそうです。

洋服の世界では2極分化が著しく、高級品はどちらかというと海外ブランドで、そうでなければユニクロを代表するようなファストファッションが当たり前となって来て、主にデパートの中に販売拠点を持つ国内アパレルメーカーは、その狭間で相当苦戦しているとのことです。
各メーカーも細かなブランド戦略をしているのですが、なかなか功を奏しませんし、特に男物が悪いようです。

確かに新規に立ち上げたブランド名が認知されてないとか、中途半端に高かったりして、ユニクロなどとの差別化が明確ではない(本当は素材などが違いますから、少し高めでも当然だと思いますが)ことと、衣料品を消耗品感覚で買う傾向が以前より顕著ですから、安いモノでも十分だと言うことでしょう。

男は退職したら、スーツも着ないし、お洒落なジャケット着ていく場所を持っている人は本当にわずかで、一日中トレーナー着ているような輩が多くて、衣料品への支出が急激に落ちるのはやむを得ません。

ボランティアでも何でもいいですが、人との交わりをなくすとぼけのモノですから、私も心しております。

新しい店作り、新しいブランド構築にはまずはファンを作っていくことですが、スーパーブランドのような広告宣伝費を掛けるわけにも行きませんし、なかなか立ち上げの時の苦労は大変です。

私の店のことは以前にもお話ししましたように、こうしたブログなども含めた情報発信を主にすることで新規客がお見えいただく結果となりました。

新しい店が新規客を作るのに苦労するのは当然ですが、このことは既存店でも同じことなのです。

店舗経営で重要なことはリピーターをいかに増やすかと言うことで、食品業界ではリピーターの数が多ければ経営は安定します。

ところが衣料品、とりわけキモノに関しては大変現実は厳しいモノがあります。

かつてキモノがある程度必需品であったときには、当然いわゆる常連客も多く、色々な需要もあって、呉服屋の経営も安定していましたが、まさにバブル経済がはじけた頃から、
いわゆる絵羽モノ、フォーマル需要のキモノの販売が急速に落ち始めました。

色々な原因もありますが、基本的には経済状況がかわり、生活習慣にも変化が訪れ、ジミ婚などと言って、仲人も立てないと言うようなことになって、黒留袖の販売が急速に落ち始めると共に、近年では叙勲でさえ貸し衣装で参内することに恥を知らない状況で色留袖を買わなくなり、日本文化も何も知らない政官財の輩が大きな顔をすることで、高級呉服全般の需要が急速に落ちているのは事実です。

ですから従来からのお客さまの購買もドンドン落ち始めました。
立派なキモノを着ていきたいのに、そういう場所がドンドン減ってしまったから、買いたいけれど着る場所がないというように、日本人が日本文化を本当に知らないし、あるいは軽視し、国会議員ともあろう者が日本文化が分からないという世界の恥さらしレベルに急速に落ち始め、良い大学出ても床の間知らな井というレベルです。

まあそんなこんなで、高級呉服、つまり絵羽もの主体で販売していた店は売り上げが急激に落ち始め、業態転換や、しかるべき手を打てなかった店が、次々倒産、あるいは廃業ゅに追い込まれました。
このことで従来のお客はどこに行けば良いのか困ってしまい、それでまたきものを買わなくなってしまったと言うことです。

そういう人たちも含め、近年きものを着てみたいと言う人が増えたのに、これをまただましてとんでもない値でくだらないキモノや帯を売りつける輩が横行し、このことで益々消費者がどこに買いに行けば良いのか分からなくなってきています。

こういう人たちをキモノ難民と言うそうですが、リサイクル、レンタルがその間隙を縫って需要を増やしており、キモノ業界は今大変な危機だと私は思っています。

いつも言うように京都のえり善さん初め、まじめな店も少なくないので、今でも頑張って商っているところはある意味新規客獲得のチャンスなのです。

しかしながらはっきり言って老舗ほど何もしていないと言うような状況です。

なぜ新規客をもっと受け入れないのか私には理解に苦しみますが、曰くどんなお客か分からない、買わないで見るだけで帰られては労力の無駄、と言うようなことを言っているようではとても無理です。

地方都市で、その地にいる人を主に商っていれば確かにその家のことはよく分かるかも知れません。しかしそれでは需要は細る一方なのです。

地方の専門店でもHPやSNSなどを活用して、しかも果敢に東京で展示会をしたりするところもありますが、そうじて老舗ではないところが多く、やり過ぎて資金が続かずあっという間にパンクするような無能も山程いるのも事実です。

新規客を獲得するために一番大事なことは、もちろんその店の存在を今までの客ではない人に分かって貰うために発信することです。

そういうことに長けた店が近年大きな顔をしていますが、それだけでは駄目ですね。

一番大事なことはやはり商品力ですし、販売する人材の質が問われます。

積極的に発信をして宣伝広告をすれば確かに新しい人が来ても、どこにでもあるような商品、紬や作家モノなど、オリジナルの後染めなどとは無縁で、売る側も寄せ集めの無知では、消費者が無知ですからなんとかなっても、いずれその店のレベルに低さに気づかれます。

いまはキモノ難民が嫌という程いるのですから、最大のチャンスなのです。
私は口酸っぱくそういうのですが、いまだに動かない店も多く、切歯扼腕の思いでおります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1705

コメントする

月別 アーカイブ