先立つものは

カテゴリー:

元々夏場は呉服業界は暇なのですが、盆明けには秋からの商品の納品で急に忙しく商っていたものです。

メーカーは春先に秋物の発表会をして追加も含めた受注を取り、夏が過ぎて一斉に納めていくのです。

ところが近年はまったくそういうこともなく、年がら年中委託商いに終始し、小売店やデパート、チェーン店も商品リスクを回避しているところがほとんどで、作り手は貸すために物作りをするという、非常に消化不良の商いを続けています。

特にいわゆる上物は生産に時間と金が掛かりますから、頑張って作れば作るほどお金が先行して出て行きますから、キャッシュフローが大変厳しい状況となり、結局そのためにまた借り入れをおこすなどして行かざるを得ません。

それでもかつては出来上がってきて売れるという見込みや自信もあったので、気になりませんでしたが、近年は買い取りをしてもらえないと言うことだと、作って出来上がってきていきなり委託などと言うことになりかねません。

リスクを張って長い時間を掛けて作ったものを貸さないと売れないと言うことでは、特に店外の催事などでとんでもない値で販売されていると、製作意欲は減退するばかりです。

物心共に厳しい状況では、高級な絵羽ものの生産は益々減っていくばかりでしょうから、そういうものを見る機会もなく、良いキモノというのは何かと言うことが分からない消費者は、婚礼でつまらない黒留袖でもそんなものかと思って借りてしまいます。

見る目がない業者が激増している中で、本当にセンスの良い物を店頭で見る機会は益々喪失し、そのために又売れないという悪循環です。

こうした状況下でリスクを張って高級なものの生産を続けることは極めて難しく、結局売れ残りがあっちへ行ったりこっちに来たりしていて、目新しいものはどんどん減っていきます。

かつてのように売れていたら、いくらでも作れるのですが、伝統文化も知らない人は、お茶もお花も稽古をせず、それが今時は何の恥にもならず。結局一生キモノを着ない女性が現れ、お金があってもキモノは必要なときに借りれば済むと思っている女性も激増しています。

日本人の日本知らずは今に始まったことではなく極めて世界的に見ても恥ずべき事ですが、教養を持ち合わせないものにはそれがおかしな事とも思えません。

海外行って初めて恥をかきますが、平気の平左の無神経です。テレビでコメンテーターをしている女性でも、ほとんど日本文化を知りませんね。

アイデンティティを喪失していながらそのことの異常さに気がつかない異状を続ける限り、この国に明るい未来はないでしょう。

私も高級な物作りをしてきた1人として極めて悲しく悔しい思いはあっても、今の需要では潤沢な物作りは不可能です。

お誂えならリスクが回避できますのでお受けは致しますが、最高品質を保証できるのは後数年だという実態もありますし、近い将来一つの日本の文化が消滅していくのだろうと思いますし、間違いが無いでしょう。

まあそれは社会の環境によって廃れる文化など古今東西数え切れなくあるわけで、仕方が無いことだと思います。

日本人が守ってきたはずの文化を理解できる人が世代交代と共に激減し始めれば、当然次の世代に合わせた考えで商うしかありませんし、それがレンタル、リサイクル一辺倒でもいた仕方ありません。

キモノそのものへの知識もないものがこのキモノ業界に参入し、そういう商いをするから余計にまさに文化崩壊を生みます。

まあ私も生きている間できる限り、正しいと我々が信じてきた文化の啓蒙と、チンドン屋まがいの着姿への警鐘は鳴らし続けていきたいといつもながらに思って居ます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1711

コメントする

月別 アーカイブ