2017年11月アーカイブ

いつも言う売り手の人材育成

カテゴリー:
過日東京日本橋のある老舗デパートであったことを知人から聞いて嘆かわしく、かつ悲しい思いを致しました。 仄聞ですから不確かですが、ざっとこんな話です。 そのデパートの上客が呉服売り場のベテランに、仲人のキモノの事で相談に見えたそうです。 その方の言われるには、両家の母親が、黒留袖はつまらないから色物にしようと話し合ったらしく、それでは仲人も黒留ではなくて何を着れば良いのかと言うこ

古着でお稽古

カテゴリー:
私はキモノを作り売ると言うことを生業としてきましたし、そのためにも色々と自分でも勉強してきたつもりですが、まだまだ足りないこともあろうかと思います。 ただ齡70才という節目をもうすぐ迎えるわけで、この仕事に就いて45年の知識や経験から感じることなどをずっと書き連ねてきました。 過去のブログを読まれれば分かりますが、私はキモノが好きですし、男としては相当多いキモノの数も持っていま

プロであることの意味

カテゴリー:
私が東京にいる間に最近毎日にように新しいお客様が色々なところが来られます。 ほとんどの人の申されることは、どこに行ってもセンスの良い物がない、正しく知識を持った人がいないということです。 大体日本橋のM、Tデパートは行かれているようですが(後のデパートは論外です)、 曰く、センスが悪く、値段ばかり高く、知識不足で本当に信用が出来ないと、まあいつも同じようなことを言われ、泰三の作

出来ることはあるのにしていない

カテゴリー:
14日から東京に出ております。 12月3日に新内節の会に出演するので、今月はこれからずっと東京です。 京都に戻っても、いつも同じように良いニュースもなく、ろくでもない話ばかりで気が滅入ります。 レンタルキモノの程度の低さも輪を掛けてきましたし、最近は中国人がペラペラの振袖を普通のキモノのように着ており、半幅帯に下駄というのには驚きました。 業者も節操がなく、何でも貸せば良いと言

糸価の上昇

カテゴリー:
今年も早11月、あと2ヶ月足らずで年が明け、私も古希となります。 若い頃70才の人など本当に老人のように思っていましたが、私もその年となると思うと、今更ながらに過ぎた年月の早さを思わざるを得ません。 何も分からずこの仕事に従事して45年あまり、良い物を作れば次々と売れていた時代もありましたが、この20年はどんどん需要が下がり、潤沢に作ることが出来なくなり、自ら流通改革をすること
1

月別 アーカイブ