キモノ振興とは何だろう

カテゴリー:

きもの振興という言葉はずいぶん古くから使われています。
振興とは盛んになること、することという意味ですので、キモノ産業における振興というのは何のことかもう一度考えてみたいと思います。

キモノ業界には全日本きもの振興会という団体があります。昭和41年にはすでに発足していて44年には公益法人となっています。

この頃はキモノ業界はとても良い時代で、作れば売れる、仕入れれば売れるという状態でしたので、キモノを啓蒙しようとか、もっと着て欲しいという動機で作られた団体ではなく、どちらかというと室町の問屋の親睦団体のような存在でした。
ただ業界環境が良かったときにはそれなりにミスきもののコンテストなどの活動もしていましたが、今ではきもの検定を雑誌社に丸投げしている程度の、ほとんど存在価値ゼロの団体に成り下がってしまい、真の振興とは何か真剣に考えるほど余裕もなくなってしまいました。

近年経済産業省がきもの振興研究会、続いて協議会などと言う名でほとんど不毛の意味のない時間つぶしをしてますが、そもそも振興とは何を希求しているのか全く見えません。

全国にきもの産地の苦境が半端ではないので、それを再びなんとかしたいのだと言う思いだとしたら、最初の時になぜ産地の人間を入れなかったのか、インクジェットでものを作るような発想しかないような連中がそんな会でキモノ文化を語れるのか意味不明でした。

協議会という名に変わって産地代表も参加してはいますが、やはり何ら道は見えていません。

彼らはいったい何を護りたいのか、何を主眼として振興事業をするのか、本当は何も分かっていないのではないかといぶかしく思っています。

キモノ文化をもっとより多くの人に広める、もっと着て貰いたいだけのことでしたら、実はかつてより遙かにキモノを着る人は、レンタル、リサイクルという道も広がり。どんどん増えているような気がします。若い女性でもキモノを着てみたいという願望する人はかつてよりとても多いのです。

ちょっと昔話を致しますが、キモノ着用は昭和50年代に入って、洋装化が一段と進行し、結果冠婚葬祭以外での普段着の需要が急激に細り、小紋メーカーや、西陣でも名古屋帯の専業メーカーなどが次々廃業していったものでした。

ただ日本伝統文化におけるキモノの存在は大きく、結局キモノの大半の需要は冠婚葬祭と、茶道、華道などの稽古事、歌舞伎の観劇などが占めていました。

現に私がキモノに目覚めたのは、謡曲と茶道のお稽古を始めた頃からです。

ですから結構良い物が売れていた時代でもあり、高級呉服専門店も栄えていました。

しかし全体的には需要の絶対数が落ち始めていて、全体消費額も減り、昭和50年代半ば以降はかなり経営内容の悪い問屋も現れ始め、結局無能のそうした問屋が、自分のところのものを売って欲しいがために、狭くなりつつあるパイの奪い合いで、小売屋を甘やかし、委託で商うことを認めたり、支払い遅延を提案したり、まさに商道徳が乱れ始め、私も呆れかえったものです。
ビジネスの基本が分かっていないし、何と無能な集団だろうと思ったものですが、それを大手の問屋がやるものですから、、業界全体が引きずられ、他業界からみて本当に情けないほど程度の低い流通環境に成り下がっていきました。

父の後を継ぐことが親孝行だと思ってキモノ業界に身を投じましたが、あまりの人材レベルの低さに、この頃本当に道を誤ったと思ったものでした。

ただ当社は物作りをする会社ですし、その面白さにも填まっていましたので、気にせず良い物を作ることに専念していたものです。

傾き駆けていた問屋がバブルで無能な銀行の過剰な融資に助けられたのですが、しょせんは商いの基本を知らない連中ですし、バブルがはじけてからは、坂道を転がり落ちるように、急速に劣化し、まさに日替わりのように次々次々と信じられないような名門や、老舗が破産していきました。創業者の理念を守っていれば絶対そんなことにはなっていなかったわけで、無能の経営者のなせる業でした。


問屋だけでなく小売屋も同様で、どんぶり勘定で金払いの悪い専門店がこれまた次々と破産したり、あるいは嫌気がさしてさっさと廃業するところも多く、結局こうした流通環境の急速な悪化で、生産は激減し始めたのです。

委託商売が主流になってしまったがために、流通業者の持つ在庫もふくれあがり、それがためにまた生産減に拍車を掛けました。

日本経済全体もデフレとなって、高級フォーマルの販売も急速に細り始め、今度は普段着の安いものが主流だなどと言い出して、粗悪な紬などが出回り始めました。

まさに節操のない流通業者の無能は果てしなく、市場は、混乱を増すばかりで、暗中模索となり、もう何でもありで、かつてよりももっと遙かに程度の低い連中が、とんでもないものをとんでもない値で売りつける詐欺同然の商いも横行し、その上キモノを知らないものがキモノを売るなど、もう開いた口がふさがらないわけです。

従来からの物作りをする産地を救いたいからそうしたものを中心にキモノの販売を促進していこうというのだったら筋が通っていて、その生産が連続できるようにするために、職人養成に知恵と金を出すというのが国の立場でしょう。

ところが話し合いはそういう方向に進まず、金払いが悪いのが諸悪の根源でだからそれが改善できたら産地も元気になるだろうという、本当に呆れかえるような議論に話が及ぶに至っては、キモノ文化というものをどれほど愛しているのかと、怒りさえ覚えます。

インクジェットでの生産はどこでも出来ますし、それがあれば取り合えずキモノは作れます。そういうもので安いキモノを、より多くの人に買ってもらえれば、底辺が広がって、そのうち手描きの良い物を買う人がもっと増えるようになるだろうというのが今回に出席している輩の大方の考えのようですが、まさに臍が茶をわかします。

洋服と同じ感覚ですが、キモノを本当に買いたいと思っている人達の思いが全く分かっていないのでしょう。それは自分でまともな値でキモノを買ったことも無ければ、そのキモノを着ていく場所が思いつかない、つまり日本文化への造詣が全くないからそういう発想になるのでしょうか。

上代で50万くらいまでで上品な手描きの綺麗なきものを欲しいと思っている女性が、とても潜在的に多いのです。

ところが実際に探しても、そうしたものにお目にかかれないと言われます。

つまり今の消費者ニーズに今の流通は応えられないのです。

それどころか、この会で先頭を切ってああだこうだとうところが店外催事で粗悪なキモノを5倍も6倍もつけて売っていると言う事実をなんと心得るのでしょうか。

本当に消費者が求めている真面目な従来からの物作りのものをリーズナブルな値で販売することが出来れば、手描き友禅のキモノの生産も右上がりとなると私は信じています。

今本当にそうしたものの生産の振興が大事だと思うのなら、一番するべき事は、メーカー出し値の10倍や20倍にもなるような劣悪な流通環境を勇気を持って急速に改善することなのです。

現在の流通では全般に地値打ちと価格があまりにも乖離しすぎています。デパートはそういう意味ではまだ良心的だと、思っていたのですが、最近は決してそうでもありません。

我々から見てその品質、センス等から見ても明らかに高すぎるものがとても増えているのです。
これはリスクを仕入れ先に過度に被せているという現実があるからでしょう。
買い取りゼロで、オール委託ですから問屋の言うままの価格になっています。

メーカーからの出荷額が全国で値段がばらばらで売られているという現実も、それがために消費者に不信を生み、買い控えをされるという事もあります。

真面目な販売をされているところも、もちろん多いのですが、発進力が弱く、本当に残念ながら不適正と思われる価格で販売されているところで購買されている方が少なくありません。
きもの振興というのが買う人を増やそうと言うことなら、価格だけではなく、人材に育成も急務です。

そのことに関しては何度も申し上げていますが、キモノが好きで商うのなら勉強をしてその良さを訴えて行くのも当たり前でしょう。

キモノを着る楽しさを訴えるためには当然ながら自らが色々なシーンで着用して経験しなければなりません。

どんなものをどんなときに着ていくのかというアドバイスを差し上げるのが当然なのに、それに応えられないで口から出任せを言っているものも少なくありません。

きもの振興と国が本当に言うのなら、政治家はじめ、おもてなしの心として、日本人としてそれなりの場所には夫人だけで無く、自らもキモノを着るという気概を持っていただければ、きっと潮目が変わります。

後継者の育っていない現在の産地状況で言えば、高齢の職人さんに頼らざるを得ず、限界は見えています。

洋装とのタイアップなど違う道を模索もしていて、何とか技を残していこうという動きもあるのですが、手描き友禅はなかなか護るのに難しい条件が多く有り、今のままでは厳しい状況が待ち受けています。

要はこれからもキモノを買って着る人を増やし生産を維持したいと言うことなら、もっともっと消費者サイドに立った考えで、良質なものが如何にして届けられるのかと言うことに関して流通側の改革が待ったなしなのです。

私がやったような製造小売り型経営だけではなく、やるべき事は山ほどあるのですが、希望小売価格の設定が出来ないことも、改革が進まない大きな原因の一つでもあり、こうしたことも含め、生産者、卸業者、小売り業者でもっと真剣に実現可能なプランを練って実実践していかねばなりません。

行政が本当に手を貸したいなら、もっとこの業界のことを後ろ指さされなく語れる人からアドバイスを求めるべきだろうとつくづく思うものです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.taizou.jp/mt/mt-tb.cgi/1725

コメントする

月別 アーカイブ